賞与の保険料(健康保険、介護保険、厚生年金(基金))の計算方法 弥生給与 サポート情報

ID:ida19358

賞与の保険料は、標準賞与額に保険料率を乗じて計算します。

  • クイックナビゲータの[賞与支払]カテゴリから[明細入力]をクリックして、「支給合計」を確認します。 標準賞与額は、「支給合計」(賞与額)から1,000円未満を切り捨てた額です。
    ※標準賞与額には上限があります。詳細は、標準賞与額の上限について を確認してください。
  • クイックナビゲータの[導入]カテゴリから[給与規定]をクリックします。
  • [社会保険]タブをクリックして、設定している[保険料(掛金)負担率]を確認します。
  • [従業員保険料(掛金)端数処理]を確認します。 ※[法令に従う]の場合、50銭以下は切り捨て、51銭以上は切り上げで端数処理されます。
    ※保険料負担率は平成31年3月分の料率で表示しています。

    都道府県の保険料率

    全国健康保険協会管掌健康保険(協会けんぽ)の健康保険の料率は、都道府県単位で決定されています。

    各都道府県の保険料率は以下を参照してください。
    平成31年度 都道府県単位保険料率

  • 上記の手順で確認した標準賞与額と[保険料(掛金)負担率]から保険料が求められます。

    <計算例:1>賞与額827,650円の場合

    賞与の健康保険料、介護保険料、厚生年金保険料については、支給される賞与額から1,000円未満を切り捨てた額から計算します。
    そのため、<計算例:1>では827,000円から計算します。

    健康保険料 827,000円×都道府県の保険料率 /1000=**
    介護保険料 827,000円×8.650/1000=7,154円
    厚生年金保険料 827,000円×91.500/1000=75,670円
    ※1円未満の端数は手順4で確認した[端数処理]で処理されます。

    標準賞与額の上限について

    標準賞与額には上限があります。詳細は、以下の表を確認してください。
    健康保険料・介護保険料 厚生年金保険料 厚生年金基金掛金
    573万円
    (当年4月1日~翌年3月31日の期間合計)
    150万円
    (1か月当たり※1)
    [標準賞与額の上限]で
    設定している金額※2
    (1か月当たり※1)

    ※1:
    同じ月に2回以上の賞与を支払った場合は、合算した金額です。
    しかし、『弥生給与(やよいの給与計算)』では賞与1回につき上限額が適用されるため、修正が必要です。
    詳細は、 賞与支払が同月に2回以上ある場合の厚生年金保険料の算出方法 を参照してください。

    ※2:
    厚生年金基金の標準賞与額の上限については、ご加入の基金へご確認ください。

    <計算例:2>厚生年金の標準賞与額を超えたとき

    賞与額750,000円、業績賞与1,563,000円 合計2,313,000円の場合

    健康保険料 2,313,000円×都道府県の保険料率 /1000=**
    介護保険料 2,313,000円×8.650/1000=20,007円
    厚生年金保険料 1,500,000円(上限額)×91.500/1000=137,250円
    ※1円未満の端数は手順4で確認した[端数処理]で処理されます。

    <計算例:3>4月~3月の賞与の合計額が573万円を超えたとき

    1回目の賞与額2,999,000円、2回目の賞与額2,999,000円 年間合計5,998,000円の場合

    ■1回目の賞与2,999,000円の場合

    健康保険料 2,999,000円×都道府県の保険料率 /1000=**
    介護保険料 2,999,000円× 8.650/1000=25,941円
    厚生年金保険料 1,500,000円(上限額)×91.500/1000=137,250円
    ※1円未満の端数は手順4で確認した[端数処理]で処理されます。

    ■2回目の賞与2,999,000円の場合

    1回目の賞与の標準賞与額2,999,000円+2回目の賞与2,999,000円=5,998,000円
    標準賞与額の年間上限5,730,000円に対する差額(5,998,000円-5,730,000円=268,000円)
    2回目の賞与の2,999,000円-差額268,000円=2,731,000円
    よって2回目の賞与の社会保険料は2,731,000円から計算します。

    健康保険料 2,731,000×都道府県の保険料率 /1000=**
    介護保険料 2,731,000円× 8.650/1000=23,623円
    厚生年金保険料 1,500,000円(上限額)×91.500/1000=137,250円
    ※1円未満の端数は手順4で確認した[端数処理]で処理されます。

メールでのお問い合わせ

お問い合わせ

操作や製品購入、バージョンアップ、各種サポート・サービス等のご質問について、
メールでお問い合わせください。

弥生会計

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー ネットワーク AE

弥生販売

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー プロフェッショナル5ユーザー ネットワーク

弥生会計

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー ネットワーク AE

弥生販売

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー プロフェッショナル5ユーザー ネットワーク