算定基礎届で基礎日数がすべて17日未満なのに年平均対象者と判定される 弥生給与 サポート情報

ID:ida19548

[算定基礎届]で集計を行うと、対象者がいないのに、「算定基礎届の標準報酬月額と年平均の標準報酬月額との間に、2等級以上の差がある従業員がいる」旨のメッセージが表示する場合があります。

算定基礎月の3か月とも基礎日数が17日未満の場合など、年平均の報酬月額で算定しない場合は、
[報酬月額編集]画面で[年平均報酬月額を修正平均に転記する]をクリックしないようご注意ください。
誤って[年平均報酬月額を修正平均に転記する]をクリックし、修正平均額などが転記された場合は、[再集計]をクリックして元の状態に戻してください。

一般の被保険者で、算定基礎月の3か月とも支払基礎日数が17日未満の場合には、従前の報酬月額で決定することとされています。

このような特別な算定方法は、「保険者算定」と呼ばれています。

「保険者算定」の詳細については、所轄の年金事務所や健康保険組合に確認してください。
「保険者算定」で修正が必要な場合は、上記[報酬月額編集]画面から修正を行います。

メールでのお問い合わせ

お問い合わせ

操作や製品購入、バージョンアップ、各種サポート・サービス等のご質問について、
メールでお問い合わせください。

弥生会計

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー ネットワーク AE

弥生販売

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー プロフェッショナル5ユーザー ネットワーク

弥生会計

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー ネットワーク AE

弥生販売

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー プロフェッショナル5ユーザー ネットワーク