令和4年分に更新後、前年(令和3年分)の源泉徴収票およびその他資料を印刷したい 弥生給与 サポート情報

ID:ida19756

年末調整の処理年度を令和4年分に更新後、前年(令和3年分)の年末調整資料を印刷したい場合は、年末調整を行った時点のバックアップファイルを復元します。
資料の印刷が終わったら、現在使用中の事業所データに切り替えます。

  • バックアップファイルの復元を始める前に、現在使用中の事業所データの名称を確認しておきます。
    • クイックナビゲータの[導入]カテゴリから[事業所]をクリックします。
    • [一般]タブをクリックします。
    • [事業所データ情報]に表示されている[保存場所]と[ファイル名]を確認し、メモなどに控えます。
      00019756_002E
  • 弥生給与(やよいの給与計算)を起動し、年末調整を行った時点のバックアップファイルを復元します。
    • 弥生給与(やよいの給与計算)の[ファイル]メニューから[バックアップファイルの復元]をクリックします。
      バックアップファイルの復元
      <復元したいバックアップファイル>

      年末調整年度更新時に保存したバックアップファイルを指定します。

      <復元後のデータファイル>

      令和3年分年末調整のデータだとわかるような名称を入力します。
      00019756_003C

    • 年末調整年度更新時のバックアップファイルの保存先がわからない場合

      年調年度更新時のバックアップファイルの保存先がわからないなど、ファイルが見つからない場合は、Windowsの検索機能を使用して検索してください。

      検索手順は、 年末調整年度更新時のバックアップファイルを検索したい を参照してください。

    • バックアップファイルの復元が完了したら、ステータスバーから年末調整の処理年度を確認してください。
      00019756_006

    [復元場所には既にデータが存在します]のメッセージが表示された場合

    復元場所に同名のデータが存在するため、このまま復元すると既存のデータが消去されてしまいます。
    一度[いいえ]をクリックして、[バックアップファイルの復元]で、[復元後のデータファイル]の[場所]か[名称]を変更してください。

  • 年末調整ナビの[6.法定調書を作成しよう]をクリックして、年末調整資料(源泉徴収票など)を印刷します。 源泉徴収票/給与支払報告書を印刷する方法 源泉徴収簿を白紙(普通用紙)に罫線付きで印刷したい
  • 現在使用中の事業所データに切り替えます。
    • クイックナビゲータの[データ管理]カテゴリから[データの選択]をクリックします。
    • [ファイルを開く]から、手順1で確認した現在使用中の事業所データを選択して、[開く]をクリックします。
      00019756_004E

令和2年以前の年末調整資料を印刷したい場合

年末調整を行った時点のバックアップファイルを、該当年度の年末調整の計算に対応したプログラムで復元してください。
プログラム(バージョン)が異なると、その年の法令改正などの影響により金額が変わったり、データを開くことができなかったりする場合があります。
年度ごとに必要なプログラム(バージョン)は以下を参照してください。

前年度以前の源泉徴収票を印刷したい

メールでのお問い合わせ

操作や製品購入、バージョンアップ、各種サポート・サービス等のご質問について、
メールでお問い合わせください。

お問い合わせ

お客さまの疑問は解決しましたか?

<サポートページの改善に利用するため、ご意見・ご要望をお聞かせください>




ご意見・ご要望は、サポートページの改善に利用させていただきます。
個人情報(氏名、住所、電話番号、メールアドレスなど)は入力しないでください。
入力いただいた内容について個別の返信はできかねますのでご了承ください。

弥生会計

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー ネットワーク AE

弥生販売

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー プロフェッショナル5ユーザー ネットワーク

弥生会計

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー ネットワーク AE

弥生販売

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー プロフェッショナル5ユーザー ネットワーク