売掛金が貸倒れたときの処理方法 弥生販売 サポート情報

ID:ida20258

得意先の倒産などによって売掛金を回収できなくなった場合、弥生販売では[入金伝票]で処理します。なお、[入金伝票]で使用する入金区分は、新規に追加する必要があります。
ここでは、例として[貸倒損失]という名称を入金区分に追加する方法を説明します。会計処理上、全額「貸倒損失」として認められるかどうかは、税理士、または最寄りの税務署へご相談ください。


入金区分の作成

入金区分に「貸倒損失」の区分を作成する方法を例に説明します。
他の名称にしたい場合は、読み替えて操作を行ってください。

  • クイックナビゲータの[導入]カテゴリから[入金区分]をクリックします。
  • [入金分類]の[▼]をクリックして[その他]を選択します。
  • 未入力の行に「貸倒損失」と入力します。
  • 別の入金区分の行にカーソルが移動すると登録されます。
  • [閉じる]をクリックします。

入金伝票の登録

作成した入金区分を使用して、入金伝票を登録します。

  • クイックナビゲータの[売上]カテゴリから[請求先からの入金]をクリックします。
  • [入金日]を入力します。
  • [請求先]欄にカーソルがある状態で[参照]をクリックします。 回収不能になった請求先を選択して、[OK]をクリックします。
  • [入金区分]欄にカーソルがある状態で[参照]をクリックします。 手順3で追加した「貸倒損失」を選択して、[金額]欄に回収不能となった金額を入力します。

    入力例:A社が倒産し、売掛金10,800円が回収不能になった場合
    ※[摘要]欄へ貸倒れ処理を行った理由を入力しておくと、後に確認したときにわかりやすくなります。
  • [登録]をクリックして入金伝票を登録します。

仕訳作成の科目の設定(弥生会計(やよいの青色申告)へ仕訳転送を行っている場合)

弥生会計(やよいの青色申告)へ仕訳作成を行っている場合、仕訳を作成する科目の設定を行います。
弥生会計(やよいの青色申告)で使用する勘定科目と税区分を確認して、操作を行ってください。

作成する仕訳の科目設定

メールでのお問い合わせ

操作や製品購入、バージョンアップ、各種サポート・サービス等のご質問について、
メールでお問い合わせください。

お問い合わせ

お客さまの疑問は解決しましたか?

<サポートページの改善に利用するため、ご意見・ご要望をお聞かせください>




ご意見・ご要望は、サポートページの改善に利用させていただきます。
個人情報(氏名、住所、電話番号、メールアドレスなど)は入力しないでください。
入力いただいた内容について個別の返信はできかねますのでご了承ください。

弥生会計

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー ネットワーク AE

弥生販売

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー プロフェッショナル5ユーザー ネットワーク

弥生会計

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー ネットワーク AE

弥生販売

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー プロフェッショナル5ユーザー ネットワーク