請求明細書の消費税額を調整したい 弥生販売 サポート情報

ID:ida20346
請求書の消費税額が、取引先や手計算した額と一致しない場合の対処方法を記載します。

消費税額が取引先や手計算と誤差がある場合は、まずは得意先台帳の[税端数処理]の[切り上げ][切り捨て][四捨五入]の設定が正しいかどうかを確認してください。

[税端数処理]の設定に誤りがあった場合は、正しく修正してください。修正した[税端数処理]は次回作成する伝票から反映しますので、今回の請求書の消費税額は以下の手順で調整してください。
また、台帳の設定が正しいうえで差額の調整を行いたい場合も、以下の手順を参照してください。

請求先の[税転嫁]の確認

請求先の[税転嫁]によって消費税調整の方法が異なりますので、[得意先台帳]で[税転嫁]を確認します。


A.税転嫁に[外税/請求時]を使用している場合

状況に合わせて以下のどちらかの方法で、請求明細書の消費税額の修正を行います。

1.[税端数処理]の設定を間違えていた場合の修正手順

得意先台帳で正しい[税端数処理]の設定に変更した後、請求の締切をし直すことで、新しい[税端数処理]の設定で消費税計算を行えます。
  • 得意先台帳で[税端数処理]を正しい設定に変更します。
  • 該当の請求先を選択して、請求締切の取消を行います。 請求締切の取消手順
  • クイックナビゲータの[売上]カテゴリから[請求の締切]をクリックして、[締日]を入力して[集計]をクリックします。
  • 消費税の調整を行った得意先を指定して[ズーム]をクリックして、[請求明細書]で消費税額を確認します。
  • 内容が正しければ[請求明細書]の画面を閉じ、[請求締切]画面で締切を行います。
  • 必要に応じて請求書を発行(印刷)します。

2.[税端数処理]の設定は正しいが、端数が合っていない場合の修正手順(消費税額を手修正する手順)

[税転嫁]に[外税/請求時]を使用していて、請求書の消費税額を調整する場合は、売上伝票で売上額に対する消費税額を手入力します。
消費税額は消費税率(課税区分)ごとに手入力する必要があります。
ここでは税転嫁が[外税/請求時]の請求書で、「課税 10.0%」の消費税額「2,929円」を、「2,930円」に調整する場合を例に説明します。

  • [請求締切]の処理が既に終了している請求書の調整を行う場合は、手順2の前に[請求締切の取消]を行います。 詳細な手順は、 請求締切の取消手順 を参照してください。
  • クイックナビゲータの[売上]カテゴリから[得意先への売上]をクリックします。
  • [売上日]に今回の請求締切日を入力します。
  • [得意先]は、消費税調整を行う得意先を選択します。
  • 明細部の[内訳]をクリックして、「消費税」を選択します。
  • この伝票の税転嫁が「外税/手入力」に変更される旨のメッセージが表示されるので、[はい]をクリックします。 商品名欄に自動的に[消費税]と表示されます。
  • 売上日に応じた課税区分が[商品コード]欄に自動で表示されます。表示された課税区分は[商品コード]欄をクリックすると変更できます。 [数量]、[単価]は空欄にし、[金額]欄に消費税の金額「2,930」を入力して、[登録]をクリックします。

    複数の課税区分(消費税率)の消費税額を修正したい場合は、2行目の明細でも同じ操作を行います。

  • クイックナビゲータの[売上]カテゴリから[請求の締切]をクリックして、[締日]を入力して[集計]をクリックします。
  • 消費税の調整を行った得意先を指定して[ズーム]をクリックして、[請求明細書]で消費税額を確認します。
  • 内容が正しければ[請求明細書]の画面を閉じ、[請求締切]画面で締切を行います。
  • 必要に応じて請求書を発行(印刷)します。


B.税転嫁に[外税/請求時]以外を使用している場合

以下のどちらかの方法で、請求明細書の消費税額の修正を行います。

1.[税端数処理]の設定を間違えていた場合の修正手順

[外税/請求時]以外の税転嫁では、売上伝票ごとに消費税を計算しています。
正しい[税端数処理]の設定で売上伝票の消費税計算を行うには、伝票を1枚ずつ修正する必要があります。

請求明細書だけでなく、売上伝票の[税端数処理]も正しく計算したい場合や、売上レポートの売上額の消費税額を正しく計算したい場合は、伝票ごとに[税端数処理]を正しくするための操作を行ってください。

修正手順概要

正しい[税端数処理]の設定を読み込むために、以下の操作を行います。

  • 端数処理を修正したい売上伝票を開き、一度別の得意先に変更します。
  • 本来の得意先を選択し直して、売上伝票を登録します。

この操作によって、[税端数処理]の設定が新たに読み込まれ、正しい[税計算処理]で消費税の端数を再計算します。

ここでは、例として「厚木産業 株式会社」の税端数処理を変更する場合を例に説明します。
  • 得意先台帳で[税端数処理]を正しい設定に変更します。
  • 該当の請求先を選択して、請求締切の取消を行います。 請求締切の取消手順
  • クイックナビゲータの[売上]カテゴリから[得意先への売上]をクリックします。
  • ツールバーの[検索]をクリックして、[検索条件]タブ内で以下の条件の検索を行います。 売上日:請求明細書を作成する期間
    請求先:請求明細書を作成する請求先
  • [検索]をクリックします。
  • [検索結果]タブに結果が表示されます。
  • 表示された売上伝票をダブルクリック、または選択して[ズーム]をクリックすると、売上伝票画面に選択した伝票が表示されます。
  • [得意先]欄で[参照]をクリックして、「厚木産業 株式会社」以外の得意先を選択して、[OK]をクリックします。 ここでは例として、「有限会社 文京食器店」を選択します。
  • 売上伝票の[得意先]が「有限会社 文京食器店」であることを確認します。
  • 再度[得意先]欄で[参照]をクリックして、「厚木産業 株式会社」を選択して、[OK]をクリックします。
  • 手順6の検索結果に表示されたすべての伝票で、手順8~10の操作を行います。
  • クイックナビゲータの[売上]カテゴリから[請求の締切]をクリックして、[締日]を入力して[集計]をクリックします。
  • 消費税の調整を行った得意先を指定して[ズーム]をクリックして、[請求明細書]で消費税額を確認します。
  • 内容が正しければ[請求明細書]の画面を閉じ、[請求締切]画面で締切を行います。
  • 必要に応じて請求書を発行(印刷)します。

2.[税端数処理]の設定は正しいが、端数が合っていない場合の修正手順(消費税額を手修正する手順)

[税転嫁]に[外税/請求時]以外の税転嫁を使用していて請求書の消費税額を調整する場合は、売上伝票で差額分の消費税額を入力して調整します。
消費税額は消費税率(課税区分)ごとに手入力する必要があります。
ここでは請求書で、「課税10.0%」の[消費税額]を、1円調整する場合を例に説明します。
  • [請求締切]の処理が既に終了している場合は、手順2の前に[請求締切の取消]を行います。 詳細な手順は、 請求締切の取消手順 を参照してください。
  • クイックナビゲータの[売上]カテゴリから[得意先への売上]をクリックします。
  • [売上日]に今回の請求締切日を入力します。
  • [得意先]は消費税調整を行う得意先を選択します。
  • 明細部の[内訳]をクリックして、「消費税」を選択します。
  • この伝票の税転嫁が「外税/手入力」に変更される旨のメッセージが表示されるので、[はい]をクリックします。 商品名欄に自動的に[消費税]と表示されます。
  • 売上日に応じた課税区分が[商品コード]欄に自動で表示されます。表示された課税区分は[商品コード]欄をクリックすると変更できます。 [数量]、[単価]は空欄にし、[金額]欄に差額の金額「1」を入力して、[登録]をクリックします。
    ※消費税を1円少なくしたい場合は「-1」と入力します。

    複数の課税区分(消費税率)の消費税額を修正したい場合は、2行目の明細でも同じ操作を行います。

  • クイックナビゲータの[売上]カテゴリから[請求の締切]をクリックして、[締日]を入力して[集計]をクリックします。
  • 消費税の調整を行った得意先を指定して[ズーム]をクリックして、[請求明細書]で消費税額を確認します。
  • 内容が正しければ[請求明細書]の画面を閉じ、[請求締切]画面で締切を行います。
  • 必要に応じて請求書を発行(印刷)します。

メールでのお問い合わせ

お問い合わせ

操作や製品購入、バージョンアップ、各種サポート・サービス等のご質問について、
メールでお問い合わせください。

弥生会計

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー ネットワーク AE

弥生販売

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー プロフェッショナル5ユーザー ネットワーク

弥生会計

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー ネットワーク AE

弥生販売

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー プロフェッショナル5ユーザー ネットワーク