納品書や請求書で2ページ目以降は明細行だけにしたい やよいの見積・納品・請求書 サポート情報

ID:ida20577
見積書や納品書、請求書などが複数枚になる場合の2ページ目以降に、得意先や自社の情報は印刷せず明細行だけにしたい場合は「レイアウトの編集」を行います。
ここでは例として、請求書の2ページ目以降を明細行だけに変更する方法を説明します。見積書や納品書の場合は、読み替えて作業を行ってください。
記載している手順が有効になる書式は、専用用紙以外の「A4用紙」、または専用用紙を「汎用用紙」として編集する場合のみです。
  • [メニュー]タブの[日常業務]カテゴリから[納品書・請求書の作成]をクリックします。
  • [レイアウトオプション]パネルの[レイアウト]タブから、編集する帳票のレイアウトテンプレートをクリックして、[編集]をクリックします。 レイアウト編集画面が表示されます。

    専用用紙のレイアウトテンプレートを選択した場合

    「弥生 334401 納品書・請求書」のように、レイアウト名に「弥生」とあるものは、専用用紙のレイアウトテンプレートです。
    専用用紙のレイアウトテンプレートを選択して、[編集]をクリックすると、編集するか確認のメッセージが表示されます。
    [はい]をクリックして汎用用紙として編集してください。
  • 帳票の欄外の白い部分を右クリックして[プロパティ]をクリックします。 レイアウトプロパティが開きます。
  • [2ページ目以降に別のレイアウトを適用する]にチェックを付け、[1ページ目のレイアウトをコピー]をクリックします。
  • 「現在2ページ目以降にセットされているレイアウトは破棄されます。コピーしてもよろしいですか?」のメッセージが表示されます。 [はい]をクリックします。
  • [閉じる]をクリックします。
  • 右下の[2ページ目以降]をクリックします。
  • [帳票名]や[ページ番号ラベル]以外の不要な項目を削除します。
  • 明細部分を右クリックして[プロパティ]をクリックします。 レイアウトプロパティが開きます。
  • [明細行数]を変更します。 ここでは例として「23」を入力します。
    明細部分を移動するため、縦座標を変更します。ここでは例として「3」を入力します。
  • [閉じる]をクリックします。
  • [変更を保存する]をクリックします。
  • 保存するレイアウトテンプレートの名前を入力します。 基にしたレイアウト名が後からでもわかるように、レイアウト名の先頭にわかりやすい名前を入力して、[OK]をクリックします。
  • 帳票作成画面に戻ります。新しく作成したレイアウトテンプレートを開きます。
  • [次のページ]をクリックして、2ページ目以降に[帳票名][ページ番号ラベル][明細行]だけが表示されていることを確認します。

    編集したレイアウトを通常使用するレイアウトに指定するには[通常使用するレイアウトの設定]を行ってください。

    通常使用するレイアウトテンプレートの設定

メールでのお問い合わせ

お問い合わせ

操作や製品購入、バージョンアップ、各種サポート・サービス等のご質問について、
メールでお問い合わせください。

弥生会計

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー ネットワーク AE

弥生販売

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー プロフェッショナル5ユーザー ネットワーク

弥生会計

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー ネットワーク AE

弥生販売

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー プロフェッショナル5ユーザー ネットワーク