データベースパスワード(saパスワード)と保存先サーバーの設定方法 弥生販売 サポート情報

ID:ida24529

事業所データを新しくデータベース(SQL Server)に保存したり、データベース(SQL Server)のデータを開くときには、保存先サーバーとデータベースパスワード(saパスワード)の設定が必要です。

事業所データの新規作成を行っている場合 バックアップファイルの復元を行っている場合 クライアントコンピューター(子機)で操作を行っている場合

事業所データの新規作成を行っている場合

『弥生販売』では事業所データをデータベース(SQL Server)に保存しています。『弥生販売』から事業所データへアクセスするために、データベース(SQL Server)のインストール時に設定した8文字以上のデータベースパスワード(saパスワード)を入力します。

  • メッセージは[OK]をクリックして閉じます。
  • [参照先]をクリックします。
  • [参照先の設定]画面の[保存場所]を確認し、[サーバーの詳細設定]をクリックします。

    • 『弥生販売』とデータベース(SQL Server)をインストールしているコンピューターが同一の場合
      [保存場所]に「localhost¥YAYOI」と表示されていることを確認します。
    • 『弥生販売』とデータベース(SQL Server)をインストールしているコンピューターが別の場合

      [参照]をクリックして[サーバーの選択]画面から「サーバーのコンピューター名¥YAYOI」を選択して[OK]をクリックします。
      選択できない場合は、直接「サーバーのコンピューター名¥YAYOI」を入力します。

    サーバーのコンピューター名がわからない場合は、 サーバーのコンピューター名がわからない を参照してください。

  • [サーバーの詳細設定]画面で、データベースパスワード(saパスワード)を設定して、[OK]をクリックします。

    • 「サーバーにログインするユーザーを指定する」にチェックを付けます。
    • [ユーザー名]に「sa」と入力します。
    • [パスワード]にデータベースのインストール時に指定した8文字以上のデータベースパスワード(saパスワード)を入力します。

    「データベース(SQL Server)にアクセスできませんでした。」が表示される場合

    表示されるメッセージによって、対処方法が異なります。

  • [参照先の設定]画面の[OK]をクリックして、新規作成を進めます。

バックアップファイルの復元を行っている場合

『弥生販売』では事業所データをデータベース(SQL Server)に保存しているため、初めてバックアップファイルを復元するときに、インストール時に設定した8文字以上のデータベースパスワード(saパスワード)を入力します。

  • メッセージは[OK]をクリックして閉じます。
  • [復元先の指定]画面の、[参照]をクリックします。
  • [参照先の設定]画面の[保存場所]を確認し、[サーバーの詳細設定]をクリックします。

    • 『弥生販売』とデータベース(SQL Server)をインストールしているコンピューターが同一の場合
      [保存場所]に「localhost¥YAYOI」と表示されていることを確認します。
    • 『弥生販売』とデータベース(SQL Server)をインストールしているコンピューターが別の場合
      [参照]をクリックして[サーバーの選択]画面から「サーバーのコンピューター名¥YAYOI」を選択して[OK]をクリックします。
      選択できない場合は、直接「サーバーのコンピューター名¥YAYOI」を入力します。
    サーバーのコンピューター名がわからない場合は、 サーバーのコンピューター名がわからない を参照してください。
  • [サーバーの詳細設定]画面で、データベースパスワード(saパスワード)を設定して、[OK]をクリックします。

    • 「サーバーにログインするユーザーを指定する」にチェックを付けます。
    • [ユーザー名]に「sa」と入力します。
    • [パスワード]にデータベースのインストール時に指定した8文字以上のデータベースパスワード(saパスワード)を入力します。

    「データベース(SQL Server)にアクセスできませんでした。」が表示される場合

    表示されるメッセージによって、対処方法が異なります。

  • [参照先の設定]画面の[OK]をクリックして、バックアップファイルの復元を行います。

クライアントコンピューター(子機)で操作を行っている場合

クライアントコンピューター(子機)でサーバーのコンピューター(親機)のデータを開くときには、保存先サーバーの指定とデータベースパスワード(saパスワード)の設定を行います。

クライアントコンピューター(子機)で『弥生販売』を起動したときに「データベース(SQL Server)にアクセスできませんでした。」が表示された場合を例に説明します。

  • メッセージは[OK]をクリックして閉じます。
  • クイックナビゲータの[スタート]カテゴリ、または[事業所データ]カテゴリから[データの選択]をクリックします。 「データベース(SQL Server)にアクセスできませんでした。」のメッセージは[OK]をクリックして閉じます。
  • [事業所データの選択]画面で[参照先]をクリックします。
  • [参照先の設定]画面で保存先サーバーを指定して、[サーバーの詳細設定]をクリックします。

    [参照]をクリックして[サーバーの選択]画面から「サーバーのコンピューター名¥YAYOI」を選択して[サーバーの詳細設定]をクリックします。

    [サーバーの選択]画面にサーバー名が表示されない場合は、[保存場所]に「サーバーのコンピューター名¥YAYOI」と直接入力して[サーバーの詳細設定]をクリックします。


    サーバーのコンピューター名がわからない場合は、 サーバーのコンピューター名がわからない を参照してください。

  • [サーバーの詳細設定]画面で、データベースパスワード(saパスワード)を設定して、[OK]をクリックします。

    • 「サーバーにログインするユーザーを指定する」にチェックを付けます。
    • [ユーザー名]に「sa」と入力します。
    • [パスワード]にデータベースのインストール時に指定した8文字以上のデータベースパスワード(saパスワード)を入力します。

    「データベース(SQL Server)にアクセスできませんでした。」が表示される場合

    表示されるメッセージによって、対処方法が異なります。

メールでのお問い合わせ

操作や製品購入、バージョンアップ、各種サポート・サービス等のご質問について、
メールでお問い合わせください。

お問い合わせ

お客さまの疑問は解決しましたか?

<サポートページの改善に利用するため、ご意見・ご要望をお聞かせください>




ご意見・ご要望は、サポートページの改善に利用させていただきます。
個人情報(氏名、住所、電話番号、メールアドレスなど)は入力しないでください。
入力いただいた内容について個別の返信はできかねますのでご了承ください。

弥生会計

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー ネットワーク AE

弥生販売

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー プロフェッショナル5ユーザー ネットワーク

弥生会計

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー ネットワーク AE

弥生販売

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー プロフェッショナル5ユーザー ネットワーク