伝票で入力する消費税の初期値を軽減税率8%に変更したい 弥生販売 サポート情報

ID:ida25351

『弥生販売』では商品台帳の[課税区分]の設定によって、伝票に入力するときの課税区分(消費税率)が自動で表示されます。
飲食料品など軽減税率の対象商品では、商品台帳の[課税区分]で「課税(軽)」を設定することで、伝票入力時の課税区分(消費税率)の初期値を「 課税(軽)8.0%」に変更できます。

  • 1つの商品で2つの課税区分(消費税率)を使用する場合、商品台帳の課税区分は1つしか選択できないため、商品台帳にはどちらか一方の課税区分を登録します。売上伝票など伝票入力時に、商品台帳に登録した課税区分(消費税率)以外を使用したい場合は、明細ごとに課税区分を変更してください。
  • 商品台帳の[課税区分]を変更しても、登録済みの伝票の課税区分(消費税率)は変更されません。

既に登録されている商品台帳の課税区分は、以下のいずれかの方法で変更します。

商品台帳で変更する
商品リストで変更する
商品台帳の書き出し(エクスポート)、インポートで変更する


商品台帳で変更する

  • クイックナビゲータの[導入]カテゴリの[商品]をクリックします。
  • [参照]をクリックして、課税区分を修正したい商品を選択し[OK]をクリックします。
  • [課税区分]欄をクリックして、「課税(軽)」へ変更します。
  • [登録]をクリックします。

商品リストで変更する

複数の商品の設定をまとめて確認したい場合は、商品リストでの変更を行います。
ここでは「課税」の商品を「課税(軽)」に変更する場合を例に説明します。

  • [台帳]メニューの[商品リスト]をクリックします。
  • [課税区分]欄の「課税」をクリックして「課税(軽)」に変更します。

商品リストで課税区分を変更するための便利機能

キーボードの数字キーを使用すると、複数の商品の[課税区分]を簡単に変更できます。

  • [課税区分]欄の「課税」をクリックします。
  • キーボードの「2」を押下します。
  • エンターキーや矢印キーを押下すると[課税区分]が「課税(軽)」に変更できます。

商品台帳の書き出し(エクスポート)、インポートで変更する

商品台帳をExcelへ書き出し、修正した内容を既存の台帳へインポートすることで台帳の内容を一括で変更できます。
操作は以下の流れで行います。

  • [商品リスト]を開きます。
  • [Excel]をクリックして、[テキスト形式]を選択してExcelファイルへ書き出します。
  • Excelを開き、「課税(軽)」に変更したい商品の「課税区分」欄の値を「3」に変更します。
  • Excelを保存します。
    ※『弥生販売』にインポートするには、「CSV(カンマ)区切」または「タブ区切」で保存してください。
  • 『弥生販売』のバックアップを作成してから、保存したファイルを『弥生販売』にインポートを行います。

以下は得意先台帳の内容を一括で変更する手順のため、読み替えて操作を行ってください。

台帳の内容を一括で変更したい

メールでのお問い合わせ

操作や製品購入、バージョンアップ、各種サポート・サービス等のご質問について、
メールでお問い合わせください。

お問い合わせ

お客さまの疑問は解決しましたか?

<サポートページの改善に利用するため、ご意見・ご要望をお聞かせください>




ご意見・ご要望は、サポートページの改善に利用させていただきます。
個人情報(氏名、住所、電話番号、メールアドレスなど)は入力しないでください。
入力いただいた内容について個別の返信はできかねますのでご了承ください。

弥生会計

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー ネットワーク AE

弥生販売

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー プロフェッショナル5ユーザー ネットワーク

弥生会計

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー ネットワーク AE

弥生販売

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー プロフェッショナル5ユーザー ネットワーク