バックアップファイルの復元 弥生販売 サポート情報

ID:ida22549

事業所データが破損した場合や、誤った作業を行い前の状態に戻す場合などは、バックアップファイルを復元します。復元すると、バックアップを実行した時点の事業所データに復元できます。

バックアップファイルの復元は、次の2つの方法があります。

  • 新規保存
    復元した事業所データを新しい事業所データとして保存します。
  • 上書き保存
    既存の事業所データに復元した事業所データを上書き保存します。上書きすると、既存の事業所データは復元した事業所データに置き換えられて、バックアップファイルを作成した時点の状態になります。

USBメモリなどメモリカードのバックアップファイルの復元

USBメモリなどのメモリカードに保存したバックアップファイルを復元する場合は、これらをコンピューターに接続してから復元を行います。復元するバックアップファイルの選択時に、USBメモリなどのメモリカードのドライブを指定します。

弥生ドライブに保存したバックアップファイルの復元

弥生ドライブに保存したバックアップファイルを復元するには、バックアップファイルをダウンロードしてから、バックアップファイルの復元を行います。

弥生ドライブからファイルをダウンロード

復元先のSQL Serverのバージョン

バックアップファイルを作成したSQL Serverより古いバージョンのSQL Serverには復元できないため、異なるコンピューターで作成したバックアップファイルを復元する場合は注意してください。

<例>
・SQL Server 2014で作成したバックアップはSQL Server 2017で復元できる
・SQL Server 2017で作成したバックアップはSQL Server 2014で復元できない

バックアップファイルを作成したSQL Serverのバージョンは、バックアップファイルの復元時に[復元先の指定]画面で確認できます。

コンピューターの空き容量に注意してください

バックアップを復元するコンピューターの、ハードディスクの空き容量が不足していると、バックアップファイルを復元できない場合があります。

  • [ファイル]メニューの[バックアップファイルの復元]をクリックします。[バックアップファイルの復元]画面が表示されます。

    復元したいバックアップファイルを直接ダブルクリックしても行えます。その場合は、『弥生販売』を一度終了します。

  • [参照]をクリックして、復元するバックアップファイルを選択します。
    メモリカードなどに保存したバックアップファイルを復元する場合は、これらをコンピューターに接続してから[参照]をクリックします。
    バックアップファイルの保存場所がわからない場合は検索できます。検索方法は、 バックアップファイルの検索方法 を参照してください。
  • [バックアップファイルの復元]画面で[OK]をクリックします。 [復元先の指定]画面が表示されます。
  • 復元方法と復元場所を選択します。
    復元方法 説明
    新規保存 復元したデータを新しい事業所データとして保存します。
    新しい事業所データのデータ名と復元場所を指定します。
    上書き保存 既存の事業所データに復元したデータを上書き保存します。上書きすると、既存の事業所データは復元した事業所データに置き換えられます。

    <新規保存の場合>

    • [復元場所]の[参照]をクリックします。
    • [参照先の設定]画面で[保存場所]を設定します。
      • SQL Serverがインストールされているコンピューターで操作を行う場合:
        [保存場所]に「localhost¥YAYOI」と表示されていることを確認します。
      • 別のコンピューターにインストールしているSQL Serverに接続する場合:
        「サーバー名¥YAYOI」を手入力、または[参照]から選択します。
    • [サーバーの詳細設定]をクリックします。
    • [サーバーにログインするユーザーを指定する]にチェックを付け、[ユーザー名]に「sa」と入力します。
    • [パスワード]にデータベースのインストール時に指定したsaパスワードを入力して[OK]をクリックします。

      SQL Serverをインストールし直した場合には、以前のパスワードが既に入力されていることがあります。この場合、新しいデータベースパスワードを入力し直してください。

    • [事業所データ名]に、復元後の事業所データ名を入力して[OK]をクリックします。

      メッセージが表示される場合があります

    <上書き保存の場合>

    • [復元方法]で[上書き保存]を選択して[参照]をクリックします。
    • [事業所データの選択]画面から上書きする事業所データを選択して[開く]をクリックします。
       
      [復元先の指定]画面が表示されます。 
    • [復元先の指定]の[事業所データ名]に上書きする事業所データの名称が表示されていることを確認して、[OK]をクリックします。
      上書きする事業所データを変更する場合は、[参照]をクリックして選択します。 
    • 表示されるメッセージを確認して[OK]をクリックします。
      表示メッセージ:上書きすると、データを元に戻すことはできません。上書きしてもよろしいですか?
  • 復元の終了メッセージが表示されたら、[OK]をクリックします。表示メッセージ:バックアップファイルの復元は正常に終了しました。
  • 復元したデータを開くかを確認するメッセージが表示されます。[はい]をクリックすると復元した事業所データが開きます。

    「データバージョンが最新でないため、処理を実行できません。」と表示される場合は、以下を確認してください。

    データを開くときに「データバージョンが最新でないため、処理を実行できません。」と表示される

メールでのお問い合わせ

操作や製品購入、バージョンアップ、各種サポート・サービス等のご質問について、
メールでお問い合わせください。

お問い合わせ

お客さまの疑問は解決しましたか?

<サポートページの改善に利用するため、ご意見・ご要望をお聞かせください>




ご意見・ご要望は、サポートページの改善に利用させていただきます。
個人情報(氏名、住所、電話番号、メールアドレスなど)は入力しないでください。
入力いただいた内容について個別の返信はできかねますのでご了承ください。

弥生会計

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー ネットワーク AE

弥生販売

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー プロフェッショナル5ユーザー ネットワーク

弥生会計

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー ネットワーク AE

弥生販売

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー プロフェッショナル5ユーザー ネットワーク