基本操作:ドロップダウンリストの選択方法と行の選択 弥生給与 サポート情報

ID:ida24140

行の選択

表から行を選択する場合は、行セレクターを使用します。行セレクターは、各行の左端にあります。

選択する行の行セレクターをクリックします。選択された行は反転表示されます。

ドロップダウンリスト

あらかじめ用意されている選択肢の中から必要な項目を選択する方法です。次の3種類のドロップダウンリストがあります。

項目選択用ドロップダウンリスト

選択肢の中から、1つの項目のみ選択できるドロップダウンリストです。

▼をクリックすると、選択肢の一覧が表示されます。一覧から必要な項目をクリックします。

複数項目選択用ドロップダウンリスト

選択肢の中から、複数の項目を選択できるドロップダウンリストです。

▼をクリックすると、選択肢の一覧が表示されます。選択肢の中から必要な項目をクリックします。選択された項目は反転表示されます。
また、複数の項目を選択する場合は、次の方法で行います。

  • 連続した項目の選択
    • マウスによる選択
      選択する最初の項目から最後の項目までをドラッグします。
    • キーボードによる選択
      • [Alt]キーを押しながら、[↓]キーを押して選択肢の一覧を表示します。
      • [↑]キーまたは[↓]キーを押して、選択する最初の項目に移動します。
      • [Space]キーを押します。
      • [↑]キーまたは[↓]キーを押して、選択する最後の項目に移動します。
      • [Shift]キーを押しながら、[Space]キーを押します。
  • すべての項目を選択する場合は、上記のどちらかの方法で1番上の項目から1番下の項目までを選択してください。

  • 連続していない項目の選択
    • マウスによる選択
      連続していない項目をマウスだけで選択することはできません。キーボード操作を併用する必要があります。
      [Ctrl]キーを押しながら、選択する項目をクリックしていきます。
    • キーボードによる選択
      • [Alt]キーを押しながら、[↓]キーを押して選択肢の一覧を表示します。
      • [↑]キーまたは[↓]キーを押して、選択する項目に移動します。
      • [Space]キーを押します。
      • [↑]キーまたは[↓]キーを押して、選択する項目に移動します。
      • [Ctrl]キーを押しながら、[Space]キーを押します。
        必要な項目を選択するまで、手順4~5を繰り返します。

サーチキー付きドロップダウンリスト

選択肢に割り振られている検索用のキー(サーチキー)を入力して、1つの項目のみ選択できるドロップダウンリストです。サーチキーは、選択肢の右側に表示されます。

▼をクリックすると、選択肢の一覧が表示されます。サーチキーを入力し始めると、項目を自動的に検索、選択します。選択された項目は反転表示されます。

メールでのお問い合わせ

お問い合わせ

操作や製品購入、バージョンアップ、各種サポート・サービス等のご質問について、
メールでお問い合わせください。

弥生会計

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー ネットワーク AE

弥生販売

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー プロフェッショナル5ユーザー ネットワーク

弥生会計

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー ネットワーク AE

弥生販売

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー プロフェッショナル5ユーザー ネットワーク