通帳の入力ルール 弥生会計 サポート情報

ID:ida26843

「通帳」として依頼された証憑を、証憑データ化サービスでデータ化する際の入力ルールについて説明します。

データ化可能な通帳の条件については以下を参照してください。

証憑データ化のルールについて

通帳をデータ化した場合の一例

証憑データ化サービスで通帳をデータ化した場合、以下のように弥生会計に取り込まれます。
00026843_001

データ化しない明細

以下のような明細はデータ化しません。
  • 手書きの斜線や取り消し線が引かれている
  • 証憑アップローダーで除外指定(グレーアウト)されている
  • 証憑アップローダーで指定したデータ化依頼範囲外の日付の明細
  • 「繰越」や「限度額変更」など「支払金額」および「預入金額」に金額が記載されていない
    ※「新規」または「新規発行」、かつ残高が1円以上の場合は残高をデータ化します。

日付の入力ルール

  • 明細の「年月日」または「日付」を入力します。
    00026843_002
  • 明細の「日付」が記載されていない場合、日付の記載がある直前の明細行の日付を入力します。
  • 銀行のWeb明細書で日付に「取引日」と「起算日」がある場合、「起算日」を入力します。
  • 複数ページの通帳を一度にまとめてアップロードした場合、取引日でページ順を並べ替えます。
    複数ページにまたがって同じ取引日が続く場合、アップロード時の画像の並び順で入力します。
    なお、通帳の残高に基づく並べ替えは行いません。

金額の入力ルール

  • 表の列名から支払金額と預入金額を特定して入力します。
    00026843_003
  • 列名が読み取れない場合、アップロード時に選択された自分方科目の銀行名から支払金額と預入金額の列を特定して入力します。
  • ネットバンキングなどで支払金額と預入金額の列が分かれていない場合、正の値を預入金額、負の値を支払金額として入力します。
    00026843_005
  • 支払金額および預入金額の両方が記載されている場合、かつ両方とも0円以外の場合、不読(0円を入力)とします。
    00026843_006

摘要の入力ルール

  • 「摘要」欄に記載の文字列を入力します。
    「摘要」欄がない場合、「記号」欄を入力します。「摘要」欄と「記号」欄の両方がある場合、「摘要」欄の文字列を入力します。
    「摘要」欄も「記号」欄もない場合、摘要とみなせる欄(例:「その他」)があれば、その欄を「摘要」とみなして入力します。
  • 1つの明細が2行で構成されている場合は、1行目と2行目の文字列を半角スペースで連結して入力します。
    摘要の文字列が1行に収まらず複数行にまたがっている場合は、各行の文字列を連結して入力します。
  • 「支払金額」または「預入金額」に文字列がある場合、「摘要」欄の文字列の後に半角スペースで連結して入力します。
  • 銀行のWeb明細書で「摘要」欄しかない場合、「摘要」欄に記載の振込先または振込元の「名義人」のみを入力し、金融機関名や支店名、口座番号は入力しません。
  • 銀行のWeb明細書で「依頼人名」欄がある場合、「摘要」欄の文字列の後に半角スペースで連結して「依頼人名」を入力します。

メールでのお問い合わせ

操作や製品購入、バージョンアップ、各種サポート・サービス等のご質問について、
メールでお問い合わせください。

お問い合わせ

お客さまの疑問は解決しましたか?

<サポートページの改善に利用するため、ご意見・ご要望をお聞かせください>




ご意見・ご要望は、サポートページの改善に利用させていただきます。
個人情報(氏名、住所、電話番号、メールアドレスなど)は入力しないでください。
入力いただいた内容について個別の返信はできかねますのでご了承ください。

弥生会計

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー ネットワーク AE

弥生販売

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー プロフェッショナル5ユーザー ネットワーク

弥生会計

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー ネットワーク AE

弥生販売

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー プロフェッショナル5ユーザー ネットワーク