弥生ドライブで「弥生ドライブに保存できる容量を超えたため、ファイルをアップロードできませんでした。」または「空き容量が10%以下です。」と表示される場合の対処方法 サポート情報

ID:ida13394

弥生ドライブで「弥生ドライブに保存できる容量を超えたため、ファイルをアップロードできませんでした。」または「空き容量が10%以下です。」と表示される場合は、旧製品のデータやごみ箱の中身、不要な履歴ファイルを削除して空き容量を増やす必要があります。
弥生製品ではバージョンごとにデータの拡張子が異なります。バージョンアップを行い、ファイル名を変更してファイルをアップロードすると、弥生ドライブに別名のファイルが保存されるため、容量不足になることがあります。

バックアップ時に「弥生ドライブに保存できる容量を超えたため、ファイルをアップロードできませんでした。」が表示されても、弥生ドライブにバックアップファイルをアップロードする前に、バックアップファイルは作成されています。
バックアップファイルの保存場所は、 バックアップファイルを自動で弥生ドライブに毎回アップロードしたい でご利用の製品を選択して、確認してください。

弥生ドライブの空き容量を増やすには、以下の操作を行ってください。
※既に弥生ドライブにログインしている場合は、手順3以降を確認してください。

  • 「弥生ドライブに保存できる容量を超えたため、ファイルをアップロードできませんでした。」のメッセージが表示されている場合は、[OK]をクリックします。
  • 弥生ドライブを起動します。 弥生ドライブの起動
    • 弥生ドライブの利用可能容量については、 弥生ドライブの容量 を確認してください。
    • 弥生ドライブに保存しているデータと同名のデータをアップロードすると、データは上書き保存され、古いデータは履歴として保存されます。そのため、弥生製品の終了時に毎回データをアップロードしていると、「空き容量が10%以下です。」と表示されるようになります。
      「空き容量が10%以下です。」と表示されても、同名のデータを保存する場合は、古い履歴が自動で削除されるので、必ずしも空き容量を増やす必要はありません。
  • ごみ箱を空にして容量を増やします。
    • [ごみ箱]をクリックして、[空にする]をクリックします。
    • 削除確認のメッセージが表示されたら、[はい]をクリックします。
  • 不要な履歴ファイルを削除して空き容量を増やします。

    履歴は、同じデータを上書きでアップロードすることで履歴として保存されます。
    ※履歴ファイルを削除しても、該当のデータ自体が削除されることはありません。
    あくまで履歴ファイルのみ削除を行います。

    バックアップファイルの履歴削除を例に説明します。
    必要に応じて、すべてのファイルで以下の操作を行ってください。

    • ファイルが保存されているフォルダーをクリックします。
      ここでは、[バックアップ]フォルダーをクリックします。
    • 履歴を削除するファイルにチェックを付けます。
    • [履歴]をクリックします。
    • 不要な履歴にチェックを付けて、[履歴の削除]をクリックします。
      複数の履歴にチェックを付けることも可能です。
      ※履歴を削除した場合は、[ごみ箱]には保存されずそのまま削除されます。
    • 「選択した履歴を削除してよろしいですか?」のメッセージが表示されたら、[はい]をクリックします。
  • 弥生製品から弥生ドライブへアップロードを行い、データを保存できるようになったことを確認します。
  • 上記の手順を行っても弥生製品から弥生ドライブへデータのアップロードを行えない場合は、以下の手順6以降を参照して、不要なデータを削除してください。
    旧製品のデータを削除する際は、最新バージョンにデータをコンバート(変換)を行っているか、データを削除しても問題ないか確認してから操作を行ってください。念のため削除を行う前に、データをダウンロードすることをお勧めします。

    弥生ドライブからファイルをダウンロード
  • 不要なデータを削除して、空き容量を増やします。 ここでは、旧製品のバックアップファイルのデータ削除を例に説明します。
    バックアップファイルを選択し、[削除]をクリックします。

    ファイル名の後ろに拡張子が表示されます。異なる拡張子のデータは上書きされないため、バージョンごとにデータが保存されます。

    『弥生会計(やよいの青色申告)』:「.KD**」「.KB**」
    『弥生給与(やよいの給与計算)』:「.RD**」「.RB**」
    『弥生販売』:「.HB**」
    『やよいの見積・納品・請求書』:「.SD**」「.SB**」
    『やよいの顧客管理』:「.CD**」「.CB**」

    拡張子と、更新日時を参考に、不要なデータの削除を行います。

  • [ごみ箱]の[空にする]をクリックして、ごみ箱の中身も削除します。
    • [ごみ箱]をクリックして、[空にする]をクリックします。
    • 削除確認のメッセージが表示されたら、[はい]をクリックします。
  • 弥生製品から弥生ドライブへアップロードを行い、データを保存できるようになったことを確認します。

メールでのお問い合わせ

お問い合わせ

操作や製品購入、バージョンアップ、各種サポート・サービス等のご質問について、
メールでお問い合わせください。

弥生会計

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー ネットワーク AE

弥生販売

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー プロフェッショナル5ユーザー ネットワーク

弥生会計

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー ネットワーク AE

弥生販売

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー プロフェッショナル5ユーザー ネットワーク