『弥生販売』での消費税の計算方法 弥生販売 サポート情報

ID:ida20288

『弥生販売』では伝票の[税転嫁]欄に表示された方法で消費税が計算されます。伝票の[税転嫁]は、得意先台帳や仕入先台帳で取引先ごとに設定した内容が初期値で表示されますが、その都度変更することもできます。伝票で選択した[税転嫁]によって消費税が計算されるタイミングや、伝票や元帳、請求書、支払書、集計表での表示が異なります。詳細は以下を参照してください。
※『弥生販売 スタンダード』には、仕入先台帳や支払書などの仕入機能はありません。

税転嫁 消費税の計算方法 消費税表示
伝票
[消費税額]欄
請求書
(支払書)
[明細部][鑑]欄
外税/伝票計 伝票単位で消費税が計算されます。 表示される 表示される
外税/請求時
(払締時)
[請求締切(支払締切)]処理を行うと消費税が計算されます。 表示されない 表示される
外税/請求時
(払締時)調整
伝票作成時と締切時の2段階で消費税が計算されます。
請求書には請求時に計算された消費税の金額が表示されます。伝票作成時に計算した消費税の合計額との差額は、締切以降レポートに反映されます。
表示されない 表示される
内税 商品単価が税込金額で表示され、売上金額なども税込金額で計算されます。

※この税転稼は区分記載請求書等保存方式に対応していません。
内税/総額を使用してください。
表示されない 表示されない
内税/総額 商品単価が税込金額で表示され、売上金額なども税込金額で計算されます。 表示される 表示される
内税/請求時
(払締時)
[請求締切(支払締切)]処理を行うと消費税が計算されます。 表示されない 表示される
輸出(免税)※ 消費税は計算されません。
外税/手入力 伝票入力時に消費税を手入力します。 表示される 表示される

※[輸出(免税)]は仕入では使用できません。
以下は請求書や集計表に反映される消費税についての注意点です。伝票の入力内容や集計条件などによる相違を説明しています。


請求明細書/支払明細書について

ここでは請求明細書で説明していますが、支払明細書でも同様です。
※『弥生販売 スタンダード』には支払明細書はありません。

■1回の締切の中に異なる税転嫁の伝票が混在している場合の注意点

  • 消費税は税転嫁ごとに計算されます。
  • 請求明細書の[明細部]には税転嫁ごとに消費税が計上されます。
  • 鑑欄には税転嫁ごとの消費税金額が合算されて表示されます。

例)C商事
  • 1回の締切の中に[外税/伝票計]と[外税/請求時]の税転嫁が混在
  • 以下のように売上伝票を入力して請求締切を行い、請求明細書を作成したとします。
    2/21 あ商品 売上額 10,000円 消費税 1,000円 [税転嫁]外税/伝票計
    2/28 い商品 売上額 20,000円 消費税 2,000円 [税転嫁]外税/請求時
    3/ 7  う商品 売上額 30,000円 消費税 3,000円 [税転嫁]外税/請求時

    請求明細書の明細部には[外税/伝票計]の場合は伝票ごとの消費税額が、[外税/請求時]の場合は請求締切を行うことにより計上された消費税がそれぞれ表示されます。また、鑑欄の[内消費税額]には明細部の消費税を合算した金額が表示されます。

元帳/レポートについて

ここでは売掛残高一覧表で説明していますが、買掛残高一覧表でも同様です。
※『弥生販売 スタンダード』には買掛残高一覧表はありません。

■税転嫁で[外税/請求時]を選択している場合の注意点

※取引先の締日と自社の会計期間が異なる場合
請求締切を行ったのにもかかわらず、消費税が手計算した金額と異なる場合があります。
これは売掛残高一覧表で表示される[消費税]が取引先の締日で計算された消費税額のためです。
指定している月度の売掛に対する消費税額ではありません。
以下の例で説明します。

例)自社会計期間1日~末日
A商事 [税転嫁]外税/請求時 締日毎月20日
3月度売上額(3/1~3/31)・・・売上額100,000円、消費税額10,000円
3月20日請求書(2/21~3/20)・・・売上額80,000円、消費税額8,000円

請求締切を行った3月20日までの売上額に対して消費税は計算されるので「8,000円」と表示されていますが、3月21日~3月31日の消費税は計上されていません。

■税転嫁で[内税/請求時]を選択している場合の注意点

※取引先の締日と自社の会計期間が異なる場合
内部的に消費税が仮計上されているため、取引先の締日と自社の会計期間が異なる場合でも、売掛残高一覧表で表示される[消費税]は、指定している月度の売掛に対する消費税額と一致します。
以下の例で説明します。

例)自社会計期間1日~末日
D商事 [税転嫁]内税/請求時 締日毎月20日
3月度売上額(3/1~3/31)・・・売上額110,000円、消費税額10,000円
3月20日請求書(2/21~3/20)・・・売上額80,000円、消費税額8,000円

3月20日が請求締切なので、3月21日~3月31日分の売上はまだ締め切りされていませんが、
3月1日~3月31日までの売上額「100,000円」×10%で「10,000円」が消費税として表示されます。

■税転嫁で[内税/総額][内税/請求時]を選択している場合の注意点

消費税額は明細単位で計算されるため、レポートを商品別で集計した場合は、伝票単位の消費税と誤差が発生する可能性があります。

■税転嫁で[外税/請求時調整]を選択している場合の注意点

  • 伝票ごとの消費税が計上されますが、伝票登録時の消費税額と請求締切時の消費税額で差額が発生した場合は、請求締切時に「調整額」として差額を計上します。
  • 請求締切前でも、現時点での売掛金にかかる消費税額を把握することができます。

メールでのお問い合わせ

操作や製品購入、バージョンアップ、各種サポート・サービス等のご質問について、
メールでお問い合わせください。

お問い合わせ

お客さまの疑問は解決しましたか?

<サポートページの改善に利用するため、ご意見・ご要望をお聞かせください>




ご意見・ご要望は、サポートページの改善に利用させていただきます。
個人情報(氏名、住所、電話番号、メールアドレスなど)は入力しないでください。
入力いただいた内容について個別の返信はできかねますのでご了承ください。

弥生会計

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー ネットワーク AE

弥生販売

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー プロフェッショナル5ユーザー ネットワーク

弥生会計

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー ネットワーク AE

弥生販売

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー プロフェッショナル5ユーザー ネットワーク