セット商品と完成商品の違いについて 弥生販売 サポート情報

ID:ida20408
弥生販売には複数の商品を組み合わせて取引をする場合に、セット商品と完成商品があります。
セット商品と完成商品では、それぞれ使用方法、在庫管理方法、登録する台帳が異なります。

以下にそれぞれの台帳の目的と使用する伝票を記載しています。詳細についてはそれぞれのFAQを参照してください。

  セット商品 FAQ
複数の商品を組み合わせて、まとめて販売する場合に使用し、個々の商品を入力する手間を軽減することができます。

在庫管理はセットを構成する個々の商品ごとに行い、セット商品としての在庫管理は行いません。

◆セット商品を使用できる伝票
 見積書、受注伝票、売上伝票

◆登録する台帳
 セット商品台帳
セット商品台帳の登録と使用方法
完成商品
FAQ
複数の商品を組み合わせて新たな商品(完成商品)を生産し、生産した商品を販売する場合に使用します。

生産伝票を作成すると、完成商品の在庫が増加し、構成している部品の在庫が減少します。
これにより、完成商品と構成する部品の在庫管理を行うことができます。

◆完成商品を使用できる伝票
 見積書、受注伝票、売上伝票、発注伝票、仕入伝票、出庫伝票

◆登録する台帳
 構成部品台帳

◆完成商品を生産するために必要な伝票
 生産伝票
構成部品台帳の登録と使用方法

メールでのお問い合わせ

お問い合わせ

操作や製品購入、バージョンアップ、各種サポート・サービス等のご質問について、
メールでお問い合わせください。

弥生会計

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー ネットワーク AE

弥生販売

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー プロフェッショナル5ユーザー ネットワーク

弥生会計

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー ネットワーク AE

弥生販売

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー プロフェッショナル5ユーザー ネットワーク