『弥生販売』で作成した相殺伝票を『弥生会計』に取り込む方法 弥生販売 サポート情報

ID:ida20422

『弥生販売』では、売掛金と買掛金を直接相殺することができません。
「入金伝票」と「出金伝票」をそれぞれ作成して、相殺を行います。

また、『弥生会計』へ仕訳の書き出しを行うには、「会計仕訳税区分」の設定も必要です。
以下の手順で設定を行ってください。

弥生販売での作業

  • クイックナビゲータの[導入]カテゴリから[入金区分]をクリックします。
  • [入金分類]で「その他」を選択して、[内訳名]に「相殺」があることを確認できたら、[閉じる]をクリックします。 ※「相殺」がない場合は、「その他」の中で空いている区分のところに作成します。
  • クイックナビゲータの[導入]カテゴリから[支払区分]をクリックします。
  • [支払分類]で「その他」を選択して、[内訳名]に「相殺」があることを確認できたら、[閉じる]をクリックします。 ※「相殺」がない場合は、「その他」の中で空いている区分のところに作成します。
  • 相殺の伝票を入力します。 例)4月1日に「0001:弥生商店」の売掛金¥1,000と買掛金¥1,000を相殺する場合
    <1>クイックナビゲータの[売上]カテゴリから[請求先からの入金]をクリックします。
    <2>伝票日付を「4月1日」と入力して、相殺を行う取引先のコードを[請求先]に入力します。

    <3>[入金区分]欄で「相殺」を選択して、金額の欄に1,000と入力します。
    <4>[登録]をクリックして、入金伝票を登録します。
    <5>クイックナビゲータの[仕入]カテゴリから[仕入先への支払]をクリックします。
    <6>伝票日付を「4月1日」と入力して、相殺を行う取引先のコードを[仕入先]に入力します。

    <7>[支払区分]欄で「相殺」を選択して、金額の欄に1,000と入力します。
    <8>[登録]をクリックして、出金伝票を登録します。
  • クイックナビゲータの[売上]カテゴリから[弥生会計へ仕訳転送]をクリックします。
  • [科目設定]をクリックして、[入金]タブを選択します。
  • [入金区分]の「相殺」の科目を「売上値引高」から「相殺」に書き換え、[会計仕訳税区分]を「売上」から「対象外」に変更します。
  • 「出金」タブを選択して、[出金区分]の「相殺」の科目を「仕入値引高」から「相殺」に書き換え、[会計仕訳税区分]を「仕入」から「対象外」に変更します。
  • [仕訳科目設定]画面を[OK]で閉じます。
  • [期間]で仕訳を書き出したい期間を設定して、[集計]をクリックします。
  • [仕訳転送]をクリックします。「仕訳転送が終了しました」のメッセージが表示されたら、[OK]をクリックします。 これで『弥生販売』での仕訳の書き出し作業は終了です。
  • 『弥生販売』では、『弥生会計』に仕訳を転送する際の保存場所を[転送設定]で変更することができます。

    ※仕訳の保存場所を変更するには、『弥生販売』をお使いのコンピューターに管理者権限が必要です。
    『弥生販売』の起動時にデスクトップのショートカットアイコンを右クリックし、[管理者として実行]を選択して『弥生販売』を起動してください。
  • ネットワーク内の別のコンピューターに『弥生販売』と『弥生会計』がインストールされている場合は、仕訳の転送場所を『弥生会計』がインストールされているコンピューターの下記フォルダーに変更しておくと、仕訳書き出し作業の後に次の【弥生会計での作業】へ進むことができます。
【フォルダーの場所】

C:¥ProgramData¥Yayoi¥Yayoi¥Spool

※フォルダーはあらかじめ共有しておく必要があります。
ProgramDataは隠しフォルダーのため、表示されていない場合は、以下の手順で表示できます。

Windows 10/8.1
  • [スタート]ボタンからすべてのアプリを表示して、[Windows システムツール]-[PC]をクリックして開きます。
  • メニューバーの[表示]をクリックして、[隠しファイル]にチェックを付けます。
Windows 7
  • [スタート]ボタンをクリックして[コンピューター]をクリックして開きます。
  • メニューバーの下にある[整理]-[フォルダーと検索のオプション]をクリックして、[表示]タブをクリックします。
  • [詳細設定]の中の[隠しファイル、隠しフォルダー、および隠しドライブを表示する]を選択します。
  • [適用]をクリックして、[OK]をクリックします。


弥生会計での作業

『弥生会計』で仕訳の取り込みを行います。
  • デスクトップの弥生 マイポータルのアイコンをダブルクリックして[弥生 マイポータル]を起動します。 [ホーム]メニューの[使いはじめる]-[弥生会計]をクリックします。
  • [弥生シリーズからの仕訳取り込み]画面が表示されたら、[次へ]をクリックします。
  • 画面の指示に従って進み、最後に[取込内容の確認]画面で[実行]をクリックします。
  • [勘定科目マッチングリスト]画面で[取り込み勘定科目名]に[相殺]が表示された場合は、[追加先区分]のドロップダウンリストから[他流動資産]を選択して[OK]をクリックします。
  • 「弥生シリーズからの仕訳取り込みは正常に終了しました。」のメッセージが表示されたら、[OK]をクリックします。 『弥生販売』からの取り込みが終了します。
  • クイックナビゲータの[取引]カテゴリから[仕訳日記帳]をクリックして、『弥生販売』から取り込んだ仕訳を確認します。

メールでのお問い合わせ

お問い合わせ

操作や製品購入、バージョンアップ、各種サポート・サービス等のご質問について、
メールでお問い合わせください。

弥生会計

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー ネットワーク AE

弥生販売

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー プロフェッショナル5ユーザー ネットワーク

弥生会計

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー ネットワーク AE

弥生販売

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー プロフェッショナル5ユーザー ネットワーク