仕訳データを取り込む(インポート)方法 弥生会計 サポート情報

ID:ida18043

仕訳データの取り込み(インポート)は、[仕訳日記帳]画面で行います。ここでは、『弥生会計(やよいの青色申告)』から書き出した(エクスポート)仕訳データを取り込む場合を例に説明します。

仕訳データを書き出す(エクスポート)方法
仕訳データ以外の設定情報は、読み込みできません。

仕訳データには[伝票No.]も書き出されています。
ここでは仕訳データを取り込む際に、書き出した仕訳データの[伝票No.]をそのまま取り込む場合を例に説明します。


[伝票No.]の設定を確認

仕訳データをインポートすると、インポートした仕訳の[伝票No.]は[帳簿・伝票設定]の[付番方法]に基づいて付番されます。書き出した仕訳データの[伝票No.]のまま読み込みたい場合は、[付番方法]を一時的に[手入力]に変更します。

  • [設定]メニューの[帳簿・伝票設定]をクリックします。 [帳簿・伝票設定]ダイアログが表示されます。
  • [伝票No.]タブをクリックします。
  • [伝票No.を使用する]にチェックが付いているかどうか確認します。 チェックが付いている場合は、「付番方法」「付番時期」「自動付番の設定」を確認し、後で元の状態に戻せるようメモなどに控えておきます。
  • [付番方法]を[手入力]に変更し、[OK]をクリックします。

仕訳データの取り込み(インポート)

仕訳データの取り込みは[仕訳日記帳]画面から行います。
  • クイックナビゲータから[取引]カテゴリの[仕訳日記帳]をクリックします。
  • [ファイル]メニューの[インポート]をクリックします。
  • インポートファイル名の[参照]をクリックします。
  • 読み込みたいテキストファイルを選択して、[開く]をクリックします。
  • インポート画面の[OK]をクリックします。 仕訳データのインポートが完了します。

    読み込みを行う事業所データに該当の勘定科目・補助科目がない場合

    書き出した仕訳データに使用されている[勘定科目]が、読み込みを行う事業所データにない場合は、インポートの途中で[勘定科目マッチングリスト]が表示されます。
    [作成]を選択して科目を追加するか、[変換]を選択して既存の勘定科目に割り当ててください。

    また、[補助科目]についても読み込みを行う事業所データにない場合は、読み込みの途中で[補助科目マッチングリスト]が表示されます。ここでは[作成]を選択してください。

      仕訳取り込み中に「同一名称の勘定科目が複数存在しています」のメッセージが表示される
  • 「インポートは正常に終了しました。」のメッセージが表示されます。 [OK]をクリックします。

[伝票No.]の設定を元に戻す

仕訳データの取り込み(インポート)後、[伝票No.]の設定を元の状態に戻します。
  • [設定]メニューの[帳簿・伝票設定]をクリックします。 [帳簿・伝票設定]ダイアログが表示されます。
  • [伝票No.]タブをクリックします。
  • 【[伝票No.]の設定を確認】の手順で紙に控えた設定と同じ状態に戻し、[OK]をクリックします。

メールでのお問い合わせ

お問い合わせ

操作や製品購入、バージョンアップ、各種サポート・サービス等のご質問について、
メールでお問い合わせください。

弥生会計

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー ネットワーク AE

弥生販売

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー プロフェッショナル5ユーザー ネットワーク

弥生会計

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー ネットワーク AE

弥生販売

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー プロフェッショナル5ユーザー ネットワーク