科目の税率を設定(変更)する方法 弥生会計 サポート情報

ID:ida25475

取引を入力する際、勘定科目または補助科目ごとによく使用する税率を設定することで、次回の入力から初期値が変更されます。
科目の税率の変更は[科目設定]で行います。

  • クイックナビゲータの[導入]カテゴリから[科目設定]をクリックします。[科目設定]画面が表示されます。
  • 勘定科目の[税率]をクリックし、変更したい税率を選択します。補助科目ごとに、「税区分」や「税率」を設定することも可能です。
     

[税率]の初期値は「標準自動」です。
「標準自動」で設定された勘定科目を取引で使用した場合、取引日付に準じた標準税率が自動で選択されます。

例:税率を標準自動に設定した「売上高」を使用した場合
2019年9月30日以前の日付で入力:課税売上8%
2019年10月1日以降の日付で入力:課税売上10%

勘定科目や補助科目ごとに税率の設定を行った場合の注意点

  • 同じ勘定科目を税率別に複数作成した場合、勘定科目を合計した合計値を集計させることはできません。
  • 補助科目を税率別に複数作成した場合、作成する前の期間の取引は、補助科目が「指定なし」になります。必要に応じて補助科目または税率の修正を行ってください。
取引の[科目]を一括で修正したい 取引の[税区分]を一括で修正したい

メールでのお問い合わせ

お問い合わせ

操作や製品購入、バージョンアップ、各種サポート・サービス等のご質問について、
メールでお問い合わせください。

弥生会計

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー ネットワーク AE

弥生販売

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー プロフェッショナル5ユーザー ネットワーク

弥生会計

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー ネットワーク AE

弥生販売

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー プロフェッショナル5ユーザー ネットワーク