取引の[税区分]を一括で修正したい 弥生会計 サポート情報

ID:ida23573

ここでは、入力済みの税区分「10%」を一括で「8%」に修正する方法を例に説明します。

  • クイックナビゲータの[取引]カテゴリから[仕訳日記帳]を表示します。[期間]を選択します。 ここでは[全期間]を選択します。
  • [検索]をクリックして、修正したい仕訳を絞り込んで表示します。 ここでは[消費税]タブから[税区分]をクリックして、「10%」すべてにチェックを付けて[OK]をクリックします。
    [仕訳日記帳][総勘定元帳]で仕訳を検索する方法
  • 検索された仕訳が表示されます。[置換]をクリックします。
    [仕訳一括置換]画面と[置換設定]ダイアログが表示されます。
  • 一括で置換したい内容を設定し、[OK]をクリックします。 まずは、「課税対応仕入10%」を「課税対応仕入8%」に置換するため、以下の様に設定します。

    • 置換対象を複数選択することはできません。
    • 置換前・置換後の税区分は一種のみ選択できます。
  • 「置換後の仕訳を確認し問題がなければ[登録]をクリックして確定してください。」のメッセージが表示されます。[OK]をクリックします。

    置換に関する警告がある場合は、以下のメッセージが表示されます

    [OK]をクリックして、[警告]に表示されたアイコンをダブルクリックすると、説明が表示されます。

  • 置換後の内容を[置換前][置換後]タブを切り替えて確認します。 ※金額については、置換対象ではないため、[置換前]の総額(金額+消費税額)から変更はありません。
    なお、消費税金額については、[置換前]の総額から再計算されます。
  • [登録対象]にチェックが付いていることを確認し、[登録]をクリックします。 登録しない取引については必要に応じてチェックを外します。
    • 同一伝票が置換対象の場合は、すべての明細行の[登録対象]にチェックが付きます。
    • [警告]アイコンが表示されている取引を登録しない場合は、必要に応じて[登録対象]のチェックを外します。
  • 現在のデータをバックアップします。必要に応じて[参照]をクリックしてバックアップの保存場所を変更し、[OK]をクリックします。
    ※バックアップファイル名は、初期値で「事業所データ名+_置換前+_年月日+_時刻」になっています。
  • 「置換処理は正常に終了しました。」のメッセージが表示されます。[OK]をクリックします。 続けて、「課税売上10%」から「課税売上8%」に置換を行うため、[置換設定]をクリックして手順4以降を繰り返し行います。
    すべての税区分「10%」の置換が完了したら、[仕訳一括置換]画面の[閉じる]をクリックします。


取引の[科目]を一括で修正したい 取引の[日付]を一括で修正したい 取引の[摘要]を一括で修正したい

メールでのお問い合わせ

お問い合わせ

操作や製品購入、バージョンアップ、各種サポート・サービス等のご質問について、
メールでお問い合わせください。

弥生会計

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー ネットワーク AE

弥生販売

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー プロフェッショナル5ユーザー ネットワーク

弥生会計

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー ネットワーク AE

弥生販売

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー プロフェッショナル5ユーザー ネットワーク