弥生ドライブからデータを直接開く サポート情報

ID:ida13223

弥生ドライブに保存している事業所データを直接開いて、弥生製品を起動しデータを入力することができます。
入力したデータは、弥生製品の終了後、そのまま弥生ドライブに保存されます。

ただし、データベースにSQL Serverを利用している製品は、弥生ドライブからデータを直接開くことはできません。
詳細は、 弥生ドライブから直接データを開くことができる製品 を参照してください。

初回のデータアップロードのみ、ローカルドライブに保存された弥生製品のデータを手動でアップロードしてください。アップロード後はローカルデータに保存されたデータを開かないようにしてください。

データアップロード方法は、 ファイルを弥生ドライブにアップロード を参照してください。

  • 弥生ドライブを起動します。 弥生ドライブの起動
  • 開きたい事業所データにチェックを付けて[開く]をクリック、または開きたい事業所データ上で右クリックして[開く]をクリックします。

    旧製品の事業所データを開く場合

    弥生ドライブから旧バージョンのデータを開こうとした場合は、新しいバージョンにコンバート(変換)するか元のバージョンのまま開くかを選択することができます。
    コンバート(変換)後のデータは新しいデータとして作成され、旧バージョンで開くことはできません。
  • 弥生製品が起動し、選択した事業所データが開きます。
  • [弥生ドライブ]画面では、開いた事業所データの[状態]に「使用中(○○)」(○○は弥生IDまたはお客様番号)が表示され、ファイルがロックされます。
    ※使用中のファイルは自動でロックされるため、改めて[ロック]をクリックする必要はありません。
  • 弥生製品を終了すると弥生ドライブに事業所データが保存されて、「使用中(○○)」の表示が消えます。(ロックは解除された状態になります)

次回、保存した弥生ドライブのデータを開く場合

  • 弥生会計(やよいの青色申告) 19および18の場合
    弥生会計 19または18を起動すると、[オプション]メニューの[環境設定]-[起動・終了]の設定で「前回終了時の事業所データを開く」を選択している場合は、弥生ドライブのデータを開きます。「起動時に事業所データを選択する」を選択している場合は、弥生ドライブからデータを開く必要があります。
  • 弥生会計(やよいの青色申告) 17およびその他の弥生製品の場合
    次回以降も、弥生ドライブからデータを開きます。弥生ドライブからデータを開かずに弥生製品を起動した場合は下図のメッセージが表示されます。

    「弥生ドライブをご利用の場合は、弥生ドライブからデータを選択してください」とメッセージが表示されデータが開けない

作業ファイルについて

作業ファイルとは、弥生ドライブの画面から弥生製品のデータを開いた場合に、ご利用のコンピューターに一時的に作成、保存する弥生製品のデータファイルのことです。
コンピューター上に作業ファイルが残っている場合、次回同じデータを開いた際に、ダウンロードの時間が短縮されます。
作業ファイルについての設定を変更する場合は、以下を参照してください。

安全管理措置を考慮した弥生ドライブの運用


弥生ドライブの使い方 の目次へ戻る

メールでのお問い合わせ

お問い合わせ

操作や製品購入、バージョンアップ、各種サポート・サービス等のご質問について、
メールでお問い合わせください。

弥生会計

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー ネットワーク AE

弥生販売

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー プロフェッショナル5ユーザー ネットワーク

弥生会計

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー ネットワーク AE

弥生販売

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー プロフェッショナル5ユーザー ネットワーク