バックアップファイルの復元 やよいの顧客管理 サポート情報

ID:ida21338

顧客データが破損した場合や、誤った作業を行う前の状態に戻したい場合などは、バックアップファイルを復元します。復元すると、バックアップを実行した時点の顧客データに復元できます。

USBメモリなどメモリカードのバックアップファイルの復元について

USBメモリなどのメモリカードに保存したバックアップファイルを復元する場合は、
これらをコンピューターに接続してから復元を行います。復元するバックアップファイルの選択時に、メモリカードのドライブを指定します。

弥生ドライブに保存したバックアップファイルの復元

弥生ドライブ(データバックアップサービス)を利用して保存したバックアップファイルを復元する場合は、バックアップファイルをダウンロードしてから復元します。

バックアップファイルの検索

バックアップファイルの保存場所がわからない場合は、Windowsの検索機能を使用して検索します。
データファイルの検索方法

旧製品のバックアップファイルの復元について

旧製品で作成したバックアップファイルを、最新バージョンのやよいの顧客管理で復元することはできません。旧製品のバックアップファイルを使用する場合は、バックアップを行った旧製品でバックアップを復元し、復元したデータを最新バージョンのやよいの顧客管理でコンバートしてください。

ハードディスクの空き容量に注意

バックアップを復元する場合は、ハードディスクの空き容量に注意してください。
ハードディスクの空き容量が不足すると、復元できない場合があります。

  • クイックナビゲータの[事業所データ]カテゴリまたは[スタート]カテゴリから[バックアップファイルの復元]をクリックします。 [バックアップファイルの復元]画面が表示されます。
  • [復元するバックアップファイル]の場所とファイル名を設定します。

    復元するバックアップファイルの選択

    [復元するバックアップファイル]の[参照]をクリックすると、[バックアップファイルの指定]画面が表示され、復元するバックアップファイルを選択できます。

  • [復元後のデータ]の保存場所とファイル名を確認します。 復元後のデータの保存場所を変更する場合は、[復元後のデータ]の[参照]をクリックして、ファイルの場所とファイル名を指定します。
  • [復元するバックアップファイル]と[復元後のデータ]の設定内容に問題がなければ、[OK]をクリックします。
    開いているすべての画面が自動的に閉じられてから、バックアップファイルの復元が開始されます。

    <既存のファイルと同じファイル名の場合>


    指定した保存場所に同じファイル名のデータがある場合は、上図のメッセージが表示されます。[はい]をクリックすると、既存のデータが新しく保存するデータに置き換えられます。
    上書きしない場合は、[いいえ]をクリックして復元後のファイル名を変更します。
  • 復元の終了メッセージが表示されたら、[OK]をクリックします。
  • 復元したデータを開くかどうかを確認するメッセージが表示された場合は、[はい]をクリックすると復元した顧客データが開きます。

メールでのお問い合わせ

操作や製品購入、バージョンアップ、各種サポート・サービス等のご質問について、
メールでお問い合わせください。

お問い合わせ

お客さまの疑問は解決しましたか?

<サポートページの改善に利用するため、ご意見・ご要望をお聞かせください>




ご意見・ご要望は、サポートページの改善に利用させていただきます。
個人情報(氏名、住所、電話番号、メールアドレスなど)は入力しないでください。
入力いただいた内容について個別の返信はできかねますのでご了承ください。

弥生会計

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー ネットワーク AE

弥生販売

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー プロフェッショナル5ユーザー ネットワーク

弥生会計

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー ネットワーク AE

弥生販売

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー プロフェッショナル5ユーザー ネットワーク