大分類と小分類 弥生販売 サポート情報

ID:ida22555

コードの桁数を利用して大分類、小分類を設定することで、分類ごとの集計を行うことができます。
ここでは、商品台帳に次の商品が登録されている場合を例に説明します。

コード 名称
PRT-SOT-000001 ソフトストロベリー20cmプレート
PRT-SOT-000002 ソフトストロベリー27cmプレート
PRT-SUP-000003 スパニッシュフルーツ17cmプレート
PRT-SUP-000004 スパニッシュフルーツ24.5cmプレート

商品コードの分類例

[大分類]に3桁目まで、[小分類]に8桁目までを入力すると、次のように集計することができます。

<大分類計>
コードの先頭から3桁目までの「PRT」が商品の大分類として集計されます。

<小分類計>
コードの先頭から8桁目までの「PRT-SOT-」または「PRT-SUP-」が商品の小分類として集計されます。



分類計を集計できるレポートは次のとおりです。

レポート 集計順序
売上(仕入)日報・月報 得意先(仕入先)順/商品順
入金(出金)日報・月報 請求先(仕入先)順
売上(仕入)推移表 得意先(仕入先)順/商品順
売上(仕入)分析表 得意先(仕入先)順/商品順
売掛(買掛)残高一覧表 請求先(仕入先)順
回収(支払)状況一覧表 請求先(仕入先)順
回収(支払)予定表 請求先(仕入先)順
在庫関連各帳票※
(在庫確認、在庫一覧表、在庫推移表、
滞留商品一覧表、売上仕入比較表、生産日報)
商品順
予算実績推移表・対比表※ 得意先順/商品順
※の項目はスタンダードにはありません。

レポートでの大分類・小分類の集計

大分類、小分類ごとに合計額を集計するには、各レポートの条件設定で[合計行を表示する]にチェックを付ける必要があります。

分類台帳を使用した分類設定

分類台帳を使用すると、コード体系にかかわらず得意先、仕入先、商品にそれぞれ5種類(プロフェッショナル/ネットワークの場合)、3種類(スタンダードの場合)の分類を設定することができます。

分類台帳の概要


◆ 本文中の一部の機能は、スタンダードにはありません。詳細の確認はこちら

メールでのお問い合わせ

お問い合わせ

操作や製品購入、バージョンアップ、各種サポート・サービス等のご質問について、
メールでお問い合わせください。

弥生会計

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー ネットワーク AE

弥生販売

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー プロフェッショナル5ユーザー ネットワーク

弥生会計

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー ネットワーク AE

弥生販売

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー プロフェッショナル5ユーザー ネットワーク