印刷書式の設定(請求明細書) 弥生販売 サポート情報

ID:ida22799

[書式の設定]画面では、以下の項目を設定します。

[ヘッダー・余白]タブ

項目 説明
ヘッダー
タイトル 「A4単票(横)(販売11形式)」「15インチ連続(販売11形式)」を選択した場合、必要に応じて変更することができます。
ページ番号を出力 チェックを付けると、ページ番号が印刷されます。必要に応じて[先頭ページ番号]を変更することができます。
社名を出力

チェックを付けると、設定した自社情報が印刷されます。
販売11形式の書式を選択した場合は[帳票自社名設定]、それ以外の書式を選択した場合は、[基本情報]で設定した自社情報が印刷されます。

帳票自社名の設定
処理日を出力 チェックを付けると、日付が印刷されます。
初期状態ではシステム日付が印刷されます。必要に応じて変更することができます。
余白
余白 印刷時の上と左の余白を指定します。
例えば、印字開始位置を下に1mm下げる場合は、[上の余白]に「1」と入力し、右に5mm寄せる場合は、[左の余白]に「5」と入力します。
[テスト印字]をクリックすると、指定した余白を確認することができます。
罫線を出力 チェックを付けると、縦罫線が印刷されます。

[請求明細書印刷条件]タブ

項目 説明
印刷形式
区分記載請求書等保存方式の形式で印刷する
※税率ごとの合計額は、[今回御買上額を外税抜で印刷する]に合わせて税込額または税抜額が印刷されます。
チェックを付けると、課税区分ごとの合計額と消費税額が明細部に印刷されます。
これにより、区分記載請求書等保存方式に対応した請求書等を印刷できます。
表示順
得意先順

明細を得意先順に表示します。

  • 得意先ごとに改ページする
    [得意先順]を指定している場合にチェックを付けると、得意先ごとに改ページを行い、印刷することができます。
    [集計単位]で[請求書合算毎]を選択している場合は、個々の請求書ごとに改ページして印刷します。
日付順 明細を日付順に表示します。
[集計単位]で[請求書合算毎]を選択している場合は、[日付順]を選択しても[得意先順]で印刷されます。
印刷条件-共通
今回御買上額を外税抜で印刷する チェックを付けると、[今回御買上額]から消費税を引いた金額が印刷されます。
税転嫁が[内税]の場合は、この設定は無効になります。
売上金額を今回請求額にする

[売上金額を今回請求額にする]か[入金明細を印字する]にチェックを付けることで、鑑の金額および明細の印刷条件を設定することができます。
両方にチェックを付けることはできません。

  • 両方ともチェックを付けなかった場合
    入金明細の内容は印刷されません。 
  • [売上金額を今回請求額にする]にチェックを付けた場合
    [今回請求額]に繰越金額が含まれていない値([今回売上額])が印刷されます。
    鑑部分の[前回請求額][入金額][繰越金額]は、空白で印刷されます。
    入金明細の内容や入金の合計額は印刷されません。 
  • [入金明細を印字する]にチェックを付けた場合
    鑑項目(前回請求額、入金額、繰越金額、今回売上額、内消費税額、今回請求額)を画面に表示されたとおりに印刷されます。
    また、入金明細の内容や入金の合計額も印刷されます。 
入金明細を印字する
伝票計を印刷する チェックを付けると、伝票計が印刷されます。
印刷項目-専用用紙のみ有効
請求先コードを印刷する チェックを付けると、請求先のコードが印刷されます。
請求先名に敬称を付ける チェックを付けると、請求先名に敬称を付けて印刷されます。
請求先TEL、FAXを印刷する チェックを付けると、請求先の電話番号とFAX番号が印刷されます。
返品・値引時に内訳を印刷する チェックを付けると、返品や値引する商品の内訳が印刷されます。A4専用用紙に印刷する場合のみ有効です。
明細合計を印刷する チェックを付けると、明細行に帳票の合計額が表示されます。
「区分記載請求書等保存方式の形式で印刷する」にチェックを付けると、明細合計の印刷は行いません。
印刷項目-共通
摘要行を印刷する チェックを付けると、摘要行が印刷されます。
納入先を印刷する チェックを付けると、納入先が印刷されます。
商品コードを印刷する

チェックを付けると、商品コードが印刷されます。

  • 印刷用コード(単価表)を使用する
    チェックを付けると、商品価格表の「印刷用コード」が商品コードとして印刷されます。
伝票摘要を印刷する チェックを付けると、伝票摘要が印刷されます。
課税区分を印刷する

チェックを付けると、課税区分が印刷されます。

  • 税率を印刷する
    チェックを付けると、課税区分の右に税率が印刷されます。
数量・単価の小数部印刷桁数
指定する チェックを付けると、印刷時に小数点の位置を揃えることができます。
[桁数]に小数点以下の桁数を入力します。数量、単価の小数点以下の桁数に関係なく小数点の位置を揃えて印刷されます。
商品台帳で指定した桁数よりも小さい桁数を指定した場合は、ここでの指定が優先されます。

[合計請求書印刷条件]タブ

項目 説明
印刷形式
区分記載請求書等保存方式の形式で印刷する チェックを付けると、課税区分ごとの合計額と消費税額が明細部に印刷されます。
これにより、区分記載請求書等保存方式に対応した請求書等を印刷できます。
印刷条件
今回御買上額を外税抜で印刷する チェックを付けると、[今回御買上額]から消費税を引いた金額が印刷されます。税転嫁が[内税]の場合は、この設定は無効になります。
売上金額を今回請求額にする

[売上金額を今回請求額にする]か[入金明細を印字する]にチェックを付けることで、鑑の金額および明細の印刷条件を設定することができます。
両方にチェックを付けることはできません。

  • 両方ともチェックを付けなかった場合
    入金明細の内容は印刷されません。 
  • [売上金額を今回請求額にする]にチェックを付けた場合
    [今回請求額]に繰越金額が含まれていない値([今回売上額])が印刷されます。
    鑑部分の[前回請求額][入金額][繰越金額]は、空白で印刷されます。
    入金明細の内容や入金の合計額は印刷されません。 
  • [入金明細を印字する]にチェックを付けた場合
    鑑項目(前回請求額、入金額、繰越金額、今回売上額、内消費税額、今回請求額)を画面に表示されたとおりに印刷されます。
    また、入金明細の内容や入金の合計額も印刷されます。 
入金明細を印字する
印刷項目
請求先コードを印刷する チェックを付けると、請求先のコードが印刷されます。
請求先名に敬称を付ける チェックを付けると、請求先名に敬称を付けて印刷されます。
請求先TEL、FAXを印刷する チェックを付けると、請求先の電話番号とFAX番号が印刷されます。
納入先を印刷する チェックを付けると、納入先が印刷されます。
明細合計を印刷する チェックを付けると、明細行に帳票の合計額が表示されます。
「区分記載請求書等保存方式の形式で印刷する」にチェックを付けると、明細合計の印刷は行いません。

[領収証印刷条件]タブ

項目 説明
印刷条件
売上金額を領収額とする チェックを付けると、[今回売上額]が[領収額]になります。
印刷項目
内消費税額を印刷する

チェックを付けると、消費税額を印刷します。

  • 0の内消費税額を印刷する
    チェックを付けると、消費税額が0のときには「0」を印刷します。チェックを外した状態では、消費税額が0のときには消費税額を印刷しません。
領収証の控えを印刷する チェックを付けると、領収証の控えを印刷します。

メールでのお問い合わせ

操作や製品購入、バージョンアップ、各種サポート・サービス等のご質問について、
メールでお問い合わせください。

お問い合わせ

お客さまの疑問は解決しましたか?

<サポートページの改善に利用するため、ご意見・ご要望をお聞かせください>




ご意見・ご要望は、サポートページの改善に利用させていただきます。
個人情報(氏名、住所、電話番号、メールアドレスなど)は入力しないでください。
入力いただいた内容について個別の返信はできかねますのでご了承ください。

弥生会計

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー ネットワーク AE

弥生販売

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー プロフェッショナル5ユーザー ネットワーク

弥生会計

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー ネットワーク AE

弥生販売

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー プロフェッショナル5ユーザー ネットワーク