請求明細書の発行 弥生販売 サポート情報

ID:ida22798
請求内容を確認し、請求先への請求明細書を個別に発行します。また、請求先への領収証を発行することもできます。
請求方法には、請求締切ごとにまとめて請求書を発行する締め請求と、売上伝票画面から売上入力と同時に直接請求書を発行する都度請求があります。それぞれの場合について、操作手順を説明します。

請求書を一括発行する場合

請求書をまとめて発行する場合は[請求書の発行]を使用します。

請求書発行の概要

画面構成

請求明細書のツールバー

請求明細書のツールバーは以下のとおりです。

[F2] 請求明細書に表示されている内容をクリアし、新規に請求明細書を集計できるようにします。
指定した条件に基づいて請求明細書の対象となる請求先を集計します。
[F8]
[スペース]

[請求先]のコード欄にカーソルがある場合にクリックすると、[請求先参照]ダイアログが表示されます。
また、[締日]にカーソルがある場合にクリックすると、[請求履歴]ダイアログが表示されます。
表示された一覧から選択して表示、入力することができます。

台帳に登録したデータ(得意先や商品など)の参照 請求先への請求を締め切る(請求先への請求額の確定)

[請求書検索]ダイアログが表示されます。
条件を指定して、請求書を検索することができます。

帳票や伝票の検索

カーソルがある行の明細を[売上伝票]ウィンドウまたは[入金伝票]ウィンドウで表示します。

集計結果から明細表や伝票を表示

過去に行った締め請求の請求明細書履歴を表示します。

請求先への請求を締め切る(請求先への請求額の確定)

過去に行った都度請求の請求明細書履歴を表示します。

請求先への請求を締め切る(請求先への請求額の確定)

請求明細書の機能を設定します。

機能設定
[F5]

請求明細書を印刷します。
また、[印刷]ダイアログから、請求明細書をテキストファイルに書き出す(エクスポートする)ことができます。

  • 請求明細書の発行(印刷)(締め請求)
  • 請求明細書の発行(印刷)(都度請求)
エクスポートできるデータの種類
[請求明細書]ウィンドウを閉じます。

請求明細書の発行(印刷)(締め請求)

締め請求とは、請求締日に一定期間の売上伝票や入金伝票を集計し、請求金額を確定させ(請求締切)、請求書を得意先に発行する請求方法です。
締め請求の請求明細書では、[締日]で入力した締日時点の請求内容を集計します。

請求先への請求を締め切る(請求先への請求額の確定)
  • クイックナビゲータの[売上]カテゴリの[請求明細書の確認]をクリックします。 [請求明細書]ウィンドウが表示されます。
  • [集計単位]で請求明細書を確認する単位を選択します。

    [請求先毎]を選択すると、得意先台帳の[請求先]に指定された得意先ごとに請求明細を集計します。[請求書合算毎]を選択すると、得意先台帳の[請求書合算]に指定された得意先ごとに請求明細を集計します。複数の得意先の請求書を1つにまとめて印刷するときに選択します。[請求書合算毎]を指定する場合は、あらかじめ得意先台帳の[請求書合算]を設定しておく必要があります。

    詳細は、 得意先台帳の概要 の「入力項目の一覧」の「請求書合算」を参照してください。
  • 請求明細書を確認する請求先を選択します。 [参照]([F8]・[スペース])ボタンをクリックして表示される[請求先参照]ダイアログから請求先を選択することもできます。請求先を選択すると、[締日]に請求先の前回の請求締切日が表示されます。

    請求先を変更した場合

    得意先台帳の[請求先]を変更しているときでも、既に締め切った伝票の請求先は変更されません。売掛金は変更前の請求先で管理されます。請求明細書の発行では変更後の請求先だけではなく、変更前の請求先の明細も表示することができます。

    請求履歴の表示

    請求先を選択した後、ツールバーの[締切履歴表示]ボタンをクリックすると、請求先ごとの請求の履歴を表示することができます。
    請求履歴は、[締日]にカーソルがある状態で[参照]ボタン([F8])をクリックするかスペースキーを押して表示することもできます。

    請求先への請求を締め切る(請求先への請求額の確定)

    表示する請求明細書の種類の切り替え

    請求明細書の種類は、売上時の取引区分によって「請求締切」と「都度請求」の2種類に分かれます。

    請求締切と都度請求
  • [集計]ボタンをクリックします。 請求先の請求明細が集計されます。
    承認機能を使用している場合は、未承認伝票は赤字で表示されます。

    伝票へのズーム

    明細を選択して、[ズーム]ボタンをクリックすると、取引を入力した伝票が表示されます。

    請求書番号について

    請求書番号は、[基本情報]ダイアログの[運用方法]タブでの設定に従い、請求締切時に自動で付番されます。請求書番号を変更することはできません。自動付番された請求書番号を変更する場合は、請求締切一覧表で行います。

    [基本情報]ダイアログ
  • [印刷]ボタンをクリックします。 [印刷]ダイアログが表示されます。
  • [出力帳票]で印刷する帳票を選択します。

    得意先台帳で印刷用紙を設定している場合

    得意先台帳の[印刷設定]で[指定請求書]を設定している場合は、設定した印刷用紙が自動的に選択されます。
    自動的に選択された用紙を変更して他の用紙で印刷することもできますが、[印刷]ダイアログを開いたときに、必ず得意先台帳で設定した用紙が選択されます。

    印刷用紙の個別設定 得意先台帳の概要

    ユーザー定義サイズ用紙の登録

    一部の用紙に印刷するためには、事前にWindowsへの用紙の登録が必要です。

    ユーザー定義サイズの用紙の登録と印刷
  • プリンターや部数、出力条件を設定します。
    項目 説明
    プリンター 印刷に使用するプリンターを選択します。「PDFファイルの作成」を選択すると、PDFファイルを作成できます。
    プロパティ 選択したプリンターの用紙サイズや給紙方法を設定します。
    設定内容はプリンターによって異なります。詳細は、プリンターのマニュアルを参照してください。
    印刷範囲 印刷するページを設定します。特定のページを印刷する場合は、[ページ指定]を選択して、開始ページと終了ページを設定します。
    印刷部数 印刷部数を設定します。プリンターによっては設定できない場合があります。
    拡大/縮小 印刷する際の拡大、縮小を設定します。
  • 必要に応じて書式の設定をします。

    [書式の設定]ボタンをクリックして表示される[書式の設定]ダイアログで設定します。設定内容は、[出力帳票]で選択した帳票により異なります。

    印刷書式の設定(請求明細書)
    設定が完了したら、[OK]ボタンをクリックして[印刷]ダイアログに戻ります。
  • [印刷プレビュー]ボタンをクリックすると、印刷イメージを確認できます。
  • [印刷実行]ボタンをクリックします。 請求明細書が印刷されます。

    テキストファイルへの書き出し(エクスポート)

    [印刷]ダイアログで[エクスポート]ボタンをクリックすると、請求明細書をテキストファイルに書き出すことができます。

    エクスポートできるデータの種類

    印刷時の桁数や文字数の制限

    桁数や文字列が項目幅を超える場合、超えた文字列は印刷されません。
    一部の用紙では最大で30%まで文字幅を縮小して印刷されますが、縮小しても収まらない文字列は印刷されません。

    印刷時の桁数の制限

請求明細書の発行(印刷)(都度請求)

都度請求とは、売上伝票を登録すると同時に請求金額が確定される請求方法です。
締め請求のように請求締日まで待って請求金額を確定(請求締切)させる必要がなく、売上伝票ごとに請求明細書を発行(印刷)することができます。

請求締切と都度請求 売上伝票の作成
  • クイックナビゲータの[売上]カテゴリから[請求明細書の確認]をクリックします。 [請求明細書]ウィンドウが表示されます。
  • 請求明細書を確認する請求先を選択します。 [参照]([F8]・[スペース])ボタンをクリックして表示される[請求先参照]ダイアログから請求先を選択することもできます。請求先を選択すると、[締日]に請求先の前回の請求締切日が表示されます。

    請求先を変更した場合

    得意先台帳の[請求先]を変更しているときでも、既に締め切った伝票の請求先は変更されません。売掛金は変更前の請求先で管理されます。請求明細書の発行では変更後の請求先だけではなく、変更前の請求先の明細も表示することができます。

  • [都度履歴表示]ボタンをクリックします。 [請求履歴]ダイアログが表示されます。
  • 表示された履歴の中から、印刷する履歴を選択して[ズーム]ボタンをクリックします。 選択した履歴の内容が[請求明細書]ウィンドウに表示されます。

    請求書番号について

    請求書番号は、[基本情報]ダイアログの[運用方法]タブでの設定に従い、[取引区分]で「都度請求」を選択して伝票を登録した際に、自動で付番されます。請求書番号を変更することはできません。

    [基本情報]ダイアログ

    印刷できる項目について

    都度請求として登録した伝票では、請求明細書で[前回請求額][入金額][繰越金額]を印刷することはできません。[今回売上額][内消費税額][今回請求額]のみ印刷できます。

  • [印刷]ボタンをクリックします。 [印刷]ダイアログが表示されます。
  • [出力帳票]で印刷する帳票を選択します。

    得意先台帳で印刷用紙を設定している場合

    得意先台帳の[印刷設定]で[指定請求書]を設定している場合は、設定した印刷用紙が自動的に選択されます。
    自動的に選択された用紙を変更して他の用紙で印刷することもできますが、[印刷]ダイアログを開いたときに、必ず得意先台帳で設定した用紙が選択されます。

    印刷用紙の個別設定 得意先台帳の概要

    ユーザー定義サイズ用紙の登録

    一部の用紙に印刷するためには、事前にWindowsへの用紙の登録が必要です。

    ユーザー定義サイズの用紙の登録と印刷
  • プリンターや部数、出力条件を設定します。
    項目 説明
    プリンター 印刷に使用するプリンターを選択します。「PDFファイルの作成」を選択すると、PDFファイルを作成できます。
    プロパティ 選択したプリンターの用紙サイズや給紙方法を設定します。
    設定内容はプリンターによって異なります。詳細は、プリンターのマニュアルを参照してください。
    印刷範囲 印刷するページを設定します。特定のページを印刷する場合は、[ページ指定]を選択して、開始ページと終了ページを設定します。
    印刷部数 印刷部数を設定します。プリンターによっては設定できない場合があります。
    拡大/縮小 印刷する際の拡大、縮小を設定します。
  • 必要に応じて書式の設定をします。

    [書式の設定]ボタンをクリックして表示される[書式の設定]ダイアログで設定します。設定内容は、[出力帳票]で選択した帳票により異なります。

    印刷書式の設定(請求明細書)
  • [印刷プレビュー]ボタンをクリックすると、印刷イメージを確認できます。
  • [印刷実行]ボタンをクリックします。 請求明細書が印刷されます。

    テキストファイルへの書き出し(エクスポート)

    [印刷]ダイアログで[エクスポート]ボタンをクリックすると、請求明細書をテキストファイルに書き出すことができます。

    エクスポートできるデータの種類

    印刷時の桁数や文字数の制限

    桁数や文字列が項目幅を超える場合、超えた文字列は印刷されません。
    一部の用紙では最大で30%まで文字幅を縮小して印刷されますが、縮小しても収まらない文字列は印刷されません。

    印刷時の桁数の制限


◆ 本文中の一部の機能は、スタンダードにはありません。詳細の確認はこちら

メールでのお問い合わせ

お問い合わせ

操作や製品購入、バージョンアップ、各種サポート・サービス等のご質問について、
メールでお問い合わせください。

弥生会計

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー ネットワーク AE

弥生販売

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー プロフェッショナル5ユーザー ネットワーク

弥生会計

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー ネットワーク AE

弥生販売

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー プロフェッショナル5ユーザー ネットワーク