弥生販売から請求書を電子送信したい 弥生販売 サポート情報

ID:ida27356

弥生販売では、請求明細書、合計請求書の電子送信を行う場合に証憑管理サービスを使用します。
証憑管理サービスは、証憑をクラウド上で保管するサービスです。
証憑管理サービスの紹介ページ
※証憑管理サービスを利用するには「あんしん保守サポート(無料導入サポートを含む)」への加入が必要です。

請求明細書、合計請求書の電子送信によって送信された内容(PDF、請求データ)は証憑管理サービスに自動連携され、電子帳簿保存法(電子取引)の保存要件に基づいて保存されます。インボイス制度(適格請求書等保存方式)で定められる、インボイスの控えの保存義務にも対応できます。
電子帳簿保存法あんしんガイド
インボイス制度あんしんガイド

請求明細書、合計請求書以外の帳票の電子化については、以下を確認してください。
弥生販売は電子帳簿保存法に対応していますか?

電子送信で送信されるメールのサンプルは、以下で確認できます。
[送信]ボタンで何ができますか?

事前準備

請求書の電子送信を行うには、証憑管理サービスと弥生販売の事前の設定が必要です。

  • マイポータルで、弥生IDの登録、事業グループの作成、お客様番号の登録を行います。 証憑管理サービスを使えるようにする

    弥生IDでログインしたときに証憑管理サービスを利用できる状態になっている場合は、事業グループに弥生販売のお客様番号が登録されていることを確認してください。
    お客様番号を登録する

  • 得意先台帳または得意先リストで以下を設定します。
    • [電子送信]に「対象」を設定する
    • [メールアドレス]に宛先のメールアドレスを設定する
    • [メール1]~[メール4]に必要に応じてCC用メールアドレスを設定する
      得意先台帳の概要
  • 自社の担当者を電子送信するメールのCCに入れる場合は、担当者台帳にメールアドレスを設定します。 担当者台帳の概要
  • 電子送信したメールが得意先に届かなかった場合にメールで通知するようにするには、証憑管理サービスで設定します。
    • クイックナビゲータの[売上]カテゴリの[証憑管理サービスを開く]をクリックします。
    • 証憑管理サービスのメニューから[設定]をクリックします。
    • [メール送信設定]をクリックします。
    • 「請求書メールが相手先に届かなかった場合の失敗通知メール設定」の「受け取る」を有効にします。
      00027356_001

    事業所データが複数ある場合

    証憑管理サービスでは事業所データ単位で帳票を区分する機能がないため、弥生販売で事業所データを複数作成して運用している場合でも、事業所データごとに帳票を保管することはできません。すべて同列の帳票として保管されます。

  • 印刷で使用していた書式を電子送信で使用できるか確認する。

    今まで罫線付きの専用用紙へ印刷していた場合は、罫線を出力できる書式に切り替えます。
    白紙の汎用用紙へ罫線付きで印刷していた場合や、PDFファイルに出力していた場合、この確認は不要です。

    以下の書式では罫線付きで出力することができます。

    帳票種別書式
    請求明細書弥生 334402 請求明細書(罫線あり)
    A4単票 334402 タイプ(販売11形式)
    合計請求書弥生 332005 合計請求書(罫線あり)

    上記の書式以外を使用したい場合や、上記の書式のレイアウト編集を行いたい場合は、 売上伝票(納品書)や請求書を罫線付きで出力したい の[帳票レイアウタ]で罫線付きの書式を作成するを確認して、レイアウト編集を行った書式を使用してください。


請求書の電子送信

電子送信できる帳票は、請求明細書、合計請求書です。
電子送信の手順は以下で確認してください。

[請求書発行]画面または[請求明細書]画面で[送信]ボタンをクリックすると送信画面が表示されます。
選択した書式でPDFファイルが生成されて、証憑管理サービスに保管されます。
得意先には、証憑管理サービスに保管した帳票(PDF)のリンク先がメールで通知されます。
00027356_002

得意先での帳票のダウンロード

得意先は、メールにあるリンク先をクリックすると、証憑管理サービスが開いて電子送信された帳票をダウンロードすることができます。
※得意先が証憑管理サービスを利用していなくてもダウンロードは可能です。
※ダウンロード可能な期間は60日間です。
00027356_003

送信した結果は、[送信結果]に表示されます。
[請求書発行]画面
00027356_004

[請求明細書]画面
00027356_005

「送信済」の帳票を再送する場合

<帳票をそのまま再送する場合>
例)ダウンロード可能期限を過ぎてしまったなど
証憑管理サービスで証憑のリンクを再発行して、メールに貼り付けて得意先に送ります。
弥生販売から電子送信した取引先へのメールを再送信する

<帳票の内容を変更して再送する場合>
例)金額が間違っていたなど
売上伝票を修正するなどして、再度、弥生販売から電子送信を行います。
修正前の帳票は証憑管理サービスから自動で削除されません。
証憑管理サービスの[発行証憑一覧]画面から該当の帳票を手動で削除します。
アップロードした証憑を削除する

証憑管理サービスに保管した帳票の確認

保管した帳票は、証憑管理サービスの[発行証憑一覧]画面で確認することができます。 クイックナビゲータの[売上]カテゴリの[証憑管理サービスを開く]をクリックして、証憑管理サービスを起動します。
弥生製品から保存した証憑の確認

メールでのお問い合わせ

操作や製品購入、バージョンアップ、各種サポート・サービス等のご質問について、
メールでお問い合わせください。

お問い合わせ

お客さまの疑問は解決しましたか?

<サポートページの改善に利用するため、ご意見・ご要望をお聞かせください>




ご意見・ご要望は、サポートページの改善に利用させていただきます。
個人情報(氏名、住所、電話番号、メールアドレスなど)は入力しないでください。
入力いただいた内容について個別の返信はできかねますのでご了承ください。

弥生会計

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー ネットワーク AE

弥生販売

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー プロフェッショナル5ユーザー ネットワーク

弥生会計

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー ネットワーク AE

弥生販売

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー プロフェッショナル5ユーザー ネットワーク