仕訳作成時の消費税算出方法について 弥生販売 サポート情報

ID:ida23036

弥生販売で登録した取引から弥生会計(やよいの青色申告)の仕訳データを作成する場合、弥生会計(やよいの青色申告)の消費税設定に合わせて、弥生販売の伝票の消費税を変換して、仕訳データの消費税を算出します。

下記の場合は、弥生会計(やよいの青色申告)の消費税設定に合わせて仕訳データを作成します。

  • 弥生販売と弥生会計(やよいの青色申告)を同じコンピューターにインストールしている
  • 弥生販売と弥生会計を異なるコンピューターにインストールしているが、フォルダーを共有する設定を行い仕訳転送している

上記に当てはまらない場合、弥生販売の税転嫁に沿って仕訳を作成します。

  • 弥生販売の税転嫁が外税の場合:税抜の仕訳を作成します
  • 弥生販売の税転嫁が内税の場合:税込の仕訳を作成します


弥生販売での消費税

弥生販売の伝票の金額は、税転嫁によって、消費税を含まない税抜形式(外税)と消費税を含む税込形式(内税)に大別されます。
税転嫁の種類は次のとおりです。
税転嫁ごとの消費税の扱いについては、以下を参照してください。

税転嫁について

売上の税転嫁

外税 内税 その他
  • 外税/伝票計
  • 外税/請求時
  • 外税/請求時調整
  • 外税/手入力
  • 内税
  • 内税/総額
  • 内税/請求時
  • 輸出

仕入の税転嫁(プロフェッショナル/ネットワークのみ)

外税 内税
  • 外税/伝票計
  • 外税/払締時
  • 外税/払締時調整
  • 外税/手入力
  • 内税
  • 内税/総額
  • 内税/払締時

伝票の税抜/税込変換

仕訳データを作成する場合、弥生会計(やよいの青色申告)の消費税設定(事業者区分、経理方式)に合わせて、弥生販売の売上伝票/仕入伝票の消費税を税込/税抜変換して、仕訳データの消費税を算出します。
弥生会計(やよいの青色申告)の設定に合わせた変換と、仕訳例は以下のとおりです。

売上伝票の変換

弥生会計(やよいの青色申告)の消費税設定 弥生販売の伝票
事業者区分 経理方式 税込/税抜変換
課税
税抜 内税:税抜に変換
税込 外税:税込に変換
混合 内税:税抜に変換
免税 外税:税込に変換

掛売上の仕訳例

弥生会計(やよいの青色申告)
の経理方式
借方勘定科目借方金額貸方勘定科目貸方金額
税抜
混合(税抜)
売掛金11000売上高(別記)10000
仮受消費税等1000
税込売掛金11000売上高(税込)11000

仕入伝票の変換(プロフェッショナル/ネットワークのみ)

弥生会計(やよいの青色申告)の消費税設定 弥生販売の伝票
事業者区分 経理方式 税込/税抜変換
課税


税抜 内税:税抜に変換
税込 外税:税込に変換
混合:棚卸資産が「税抜」の場合 内税:税抜に変換
混合:棚卸資産が「税込」の場合 外税:税込に変換
免税 外税:税込に変換

掛仕入の仕訳例

弥生会計(やよいの青色申告)
の経理方式
借方勘定科目借方金額貸方勘定科目貸方金額
税抜
混合(税抜)
仕入高(別記)10000買掛金11000
仮払消費税等1000

税込
混合(税込)
仕入高(税込)11000買掛金11000

税抜/税込変換による明細の差額の調整

伝票を税抜/税込に変換すると、明細単位の金額が変動する場合があります。その場合、伝票全体の金額や消費税額は、伝票の明細の1番目に加算されるなどして、変動しないように調整されます。

仮受消費税等、仮払消費税等の勘定科目の使用

弥生会計(やよいの青色申告)の経理方式が税抜の場合には「別記」で仕訳を作成し、仮受消費税等、仮払消費税等の勘定科目を使用します。
弥生会計(やよいの青色申告)では税抜経理の場合、消費税を仮受消費税等、仮払消費税等として集計しています。「別記」で仕訳作成することで、弥生販売で計算した消費税額を弥生会計(やよいの青色申告)に正しく転送することができます。

弥生会計(やよいの青色申告)の消費税設定の対象年度

弥生会計(やよいの青色申告)の消費税設定の対象とする年度は、仕訳データの基になる弥生販売の伝票の売上日/仕入日によって変動します。
伝票日付が含まれる会計年度の消費税設定を使用します。該当する会計年度が弥生会計(やよいの青色申告)に存在しない場合、最も近い会計年度の消費税設定を使用します。


仕訳データでの消費税の取り扱い

弥生会計(やよいの青色申告)に転送する仕訳データを作成する場合の消費税の取り扱いは、次のとおりです。

外税取引における消費税の取り扱い

  • 伝票外税額
    「仮受消費税等」、「仮払消費税等」として集計します。伝票や税区分ごとに集計され、端数を処理した額の合計額になります。(端数処理区分は伝票発行時の得意先/仕入先台帳の設定値になります)
    同一伝票内に複数税率が混在する場合は、消費税は税率ごとに集計されます。
  • 請求時/払締時消費税
    請求/支払締切時に「仮受消費税等」、「仮払消費税等」として集計します。請求先/仕入先への請求単位や税区分ごとに集計され、端数を処理した額の合計額になります。(端数処理区分は請求/支払締切時の得意先/仕入先台帳の設定値になります)
    弥生会計(やよいの青色申告)で決算書を作成する際に、自社の締日と請求先/仕入先の締日が異なる場合は、弥生会計(やよいの青色申告)で決算月の消費税額を手入力する必要があります。
  • 請求時/払締時調整
    売上/仕入伝票登録時に「仮受消費税等」、「仮払消費税等」として集計します。伝票ごとに集計し、端数を処理した額の合計(端数処理区分は伝票登録時の[基本情報]の[運用方法]タブでの設定値になります)と、請求/支払締切時に再計算した消費税額に差異がある場合は、差額を「仮受消費税等」、「仮払消費税等」として集計します。

内税取引における消費税の取り扱い

内税として集計します。税抜額は弥生販売の各種帳票との整合性を保つため、合計転記、日別転記をする場合は、明細ごとに計算した税抜額の合計額になります。(端数処理区分は伝票登録時の[基本情報]の[運用方法]タブでの設定値になります)
内税の伝票に非課税や課税対象外の商品の明細がある場合は、入力区分を別記で出力します。

税転嫁が「外税/請求時」、「外税/払締時」の伝票

税転嫁が「外税/請求時」、「外税/払締時」の伝票は、請求/支払締切を実行するまで消費税額が確定しないため、仕訳データに消費税が計上されない場合があります。また締切範囲に「外税/手入力」の伝票を含んで請求/支払締切を実行した場合、「外税/請求時」、「外税/払締時」の伝票の消費税額は算出されないため、仕訳データにも計上されません。



◆ 本文中の一部の機能は、スタンダードにはありません。詳細の確認はこちら

メールでのお問い合わせ

操作や製品購入、バージョンアップ、各種サポート・サービス等のご質問について、
メールでお問い合わせください。

お問い合わせ

お客さまの疑問は解決しましたか?

<サポートページの改善に利用するため、ご意見・ご要望をお聞かせください>




ご意見・ご要望は、サポートページの改善に利用させていただきます。
個人情報(氏名、住所、電話番号、メールアドレスなど)は入力しないでください。
入力いただいた内容について個別の返信はできかねますのでご了承ください。

弥生会計

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー ネットワーク AE

弥生販売

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー プロフェッショナル5ユーザー ネットワーク

弥生会計

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー ネットワーク AE

弥生販売

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー プロフェッショナル5ユーザー ネットワーク