帳票レイアウタの編集の流れ 弥生販売 サポート情報

ID:ida23407

帳票レイアウタの編集の流れについて説明します。

ここでは、見積書のレイアウトの編集を例に操作手順を説明します。他の帳票も同様の手順で編集することができます。

『弥生販売』の帳票レイアウタは、書式名の後ろに【(販売11形式)】と記載されている書式と、書式名の後ろに【(販売11形式)】の記載がない書式があり、それぞれ操作方法が異なります。
このページでは、[弥生販売 帳票レイアウタ]の[レイアウト名(書式)]に【(販売11形式)】と記載がない書式について説明しています。

【(販売11形式)】と記載されている書式をレイアウト編集する場合は、 帳票レイアウタの操作手順 を確認するか、帳票レイアウタ(弥生販売 11 形式)の[ヘルプ]で操作方法を確認してください。

  • 弥生販売のクイックナビゲータの[事業所データ]カテゴリを選択します。 帳票レイアウタの起動と終了
  • [帳票レイアウタ]をクリックします。 帳票レイアウタが起動して、帳票一覧画面が開きます。編集の基となる帳票(書式)が一覧で表示されます。
  • 編集の基にする帳票を選択して、[開く]ボタンをクリックします。ここでは、見積書の「A4単票(縦)カラー青」を選択します。

    レイアウト編集画面が開いて、選択した帳票が表示されます。

    レイアウト編集画面の画面構成(帳票レイアウタ)

    ※弥生販売スタンダードでは、弥生販売11形式の帳票は表示されません。

    自社の専用用紙や汎用用紙などのレイアウトを作成する場合

    弥生で用意しているテンプレート以外のレイアウトを作成する場合は、作成したい帳票のイメージに似ているテンプレートを選択して、そのレイアウトを編集すると、スムーズにレイアウトを作成できます。
    テンプレートとして用意している弥生の専用用紙は、サプライ用品ご注文ページ のサプライ用品ガイド(PDF)で確認できます。

    <弥生の専用用紙の帳票を選択した場合>

    弥生の専用用紙の帳票を選択して、[開く]をクリックすると、次のメッセージが表示されます。

    • 「はい」を選択した場合
      すべての項目を編集できるレイアウトを作成します。
      罫線付きの帳票を作成する場合には、「はい」を選択します。
    • 「いいえ」を選択した場合
      既定の印刷項目(あらかじめ弥生の専用用紙に印刷されている項目や罫線)以外を編集できるレイアウトを作成します。作成されたレイアウトでは、既定の印刷項目の編集や用紙サイズの変更は行えません。また、既定の印刷項目は、印刷されません。

    専用用紙の明細部などを編集したい場合

    表(テーブル)の列見出しや明細行の罫線など、既定の印刷項目(あらかじめ弥生の専用用紙に印刷されている項目や罫線)を編集したい場合は、上記メッセージで「はい」を選択してください。
    「はい」を選択した場合には、既定の印刷項目を編集することができ、既定の印刷項目も印刷されます。
    あらかじめ項目などが印刷されている用紙に、編集したレイアウトを使用して帳票を作成する場合には、既定の印刷項目に該当する部分が二重で印刷されないようご注意ください。
    例えば、罫線が二重で印刷されないよう、編集時に表のレイアウトプロパティでテーブル罫線を削除するなどしてください。

    レイアウトプロパティの編集(帳票レイアウタ)
  • 項目や明細部の表(テーブル)を操作して、レイアウトを編集します。

    [レイアウト]タブの[コントロール]から項目を追加したり、項目のプロパティを変更したりして、レイアウトを編集します。

    帳票レイアウトの編集操作(帳票レイアウタ)
    レイアウトプロパティの編集(帳票レイアウタ)
  • [変更を保存する]ボタンをクリックします。 編集したレイアウトをオリジナルの帳票として保存します。
  • 保存する[レイアウト名]と[コメント]を入力して、帳票を保存します。 編集した帳票は弥生販売の事業所データに保存されます。

    <編集した帳票を新しい帳票として保存する場合>

    [名前を付けて保存]ボタンをクリックします。

    <既存のユーザー作成帳票を上書き保存する場合>

    作成済みの帳票を開いて編集した場合、元の帳票に上書き保存することができます。
    [上書き保存]ボタンをクリックします。
  • レイアウト編集画面が閉じて、帳票一覧画面が表示されます。 保存した帳票を表示する場合は、[再読込]をクリックします。

得意先や請求先ごとに編集した帳票を設定する場合

売上伝票や請求明細書を得意先、請求先ごとに設定することができます。弥生販売のメニューから[台帳]の[得意先リスト]をクリックして開きます。[指定売上伝票][指定請求書]に編集した「レイアウト名(書式)」を選択します。

複数のコンピューターで同じ帳票を同時に編集した場合
<ネットワーク/プロフェッショナルのみ>

複数のコンピューターで弥生販売を利用している場合、同じ帳票を同時に編集する可能性があります。その場合、後から保存した帳票のデータが有効になり、先に保存した帳票のデータは上書きされます。

保存した帳票の利用

[変更を保存する]で保存した帳票は、印刷書式として利用することができます。
印刷の方法は、 編集した帳票での印刷指定(帳票レイアウタ) を参照してください。

タイル形式の帳票

タイル形式の帳票とは、合計請求書のように1枚の用紙に同じレイアウトの帳票を複数印刷する帳票のことです。タイル形式の帳票は、印刷用紙全体の編集ではなく、用紙イメージの最上段でレイアウトを編集します。
編集したレイアウトが他の段へも反映されます。


帳票レイアウタの使い方 の目次へ戻る

メールでのお問い合わせ

お問い合わせ

操作や製品購入、バージョンアップ、各種サポート・サービス等のご質問について、
メールでお問い合わせください。

弥生会計

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー ネットワーク AE

弥生販売

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー プロフェッショナル5ユーザー ネットワーク

弥生会計

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー ネットワーク AE

弥生販売

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー プロフェッショナル5ユーザー ネットワーク