所定労働日数や時間数の設定(給与カレンダー) 弥生給与 サポート情報

ID:ida24169

次のような場合は、給与カレンダーを設定します。

  • 1か月平均所定労働日数、1か月平均所定労働時間、1日平均所定労働時間を計算して、[給与規定]画面に転記する
  • 毎月の所定就労日数と所定労働時間を、給与明細の明細項目「所定就労日」と「所定労働時間」に表示する
    通常勤務日の1日の所定労働時間を設定します。土曜日半日勤務など、通常勤務日と労働時間が異なる勤務日がある場合は、異なる労働時間の勤務日を2つまで設定できます。
    給与カレンダーを設定しない場合は、毎月の給与明細で「所定就労日」と「所定労働時間」を修正する必要があります。
  • タイムカードを入力する<『弥生給与』のみ>

    本年度の勤務日と休日を設定します。
    タイムカードの入力では、給与カレンダーの設定から勤務日と休日が判断されます。このため、タイムカードの入力を行う場合は、給与カレンダーを設定する必要があります。

    タイムカード機能の概要

給与カレンダーを表示する

  • [設定]メニューから[給与カレンダー]をクリックします。 [タイムカード入力]画面の[カレンダー]をクリックして表示することもできます(『弥生給与』のみ)。

    [年間]をクリックすると、給与カレンダーを年間で表示します。もう一度クリックすると、月間表示に戻ります。
    給与カレンダーでは、給与の締切日や支給日などを確認することもできます。

所定労働時間数を設定する

勤務日の1日あたりの労働時間数を設定します。また、給与カレンダーに表示する勤務日と休日の名称を設定することもできます。

  • [設定]メニューから[給与カレンダー]をクリックします。 [給与カレンダー]画面が表示されます。
  • [勤務日]をクリックします。

    [休日・勤務日 名称等設定]画面が表示されます。

    通常勤務日 労働時間 通常勤務日の所定労働時間を入力します。この労働時間は、給与カレンダーを利用した平均所定労働時間の計算に使用されます。
    法定休日 名称 労働基準法で定められた毎週1回の休日の名称を全角5文字(半角10文字)以内で入力します。名称未設定の場合、[法定休日]という名称が使用されます。
    所定休日 名称 労働基準法に定められた休日以外に、事業所が自由に定める休日の名称を、全角5文字(半角10文字)以内で入力します。名称未設定の場合、[所定休日]という名称が使用されます。
    勤務日1 名称 労働時間が異なる勤務日が定められている場合のために、勤務日を複数設定することができます。その名称は、全角5文字(半角10文字)以内で入力します。名称未設定の場合、「勤務日1」という名称が使用されます。
    労働時間 労働時間を入力すれば、給与カレンダーを利用した平均所定労働時間の計算が可能です。
    勤務日2 名称 労働時間が異なる勤務日が定められている場合のために、勤務日を複数設定することができます。その名称は、全角5文字(半角10文字)以内で入力します。名称未設定の場合、「勤務日2」という名称が使用されます。
    労働時間 労働時間を入力すれば、給与カレンダーを利用した平均所定労働時間の計算が可能です。
  • [通常勤務日]の[労働時間]に1日の所定労働時間数を設定します。 労働時間が異なる勤務日がある場合は、[勤務日1]と[勤務日2]に設定します。また、[勤務日1]、[勤務日2]、および休日には、それぞれ名称を設定することができます。
  • [OK]をクリックします。

勤務日と休日を設定する

給与カレンダーは、初期値ではすべての日が通常勤務日として設定されています。必要に応じて[勤務日1]、[勤務日2]、および休日を設定します。
勤務日と休日の設定方法には、条件を指定して1年分を一括設定する方法と、1日単位で個別に設定する方法があります。

勤務日と休日が異なる従業員がいる場合

弥生給与では、従業員ごとに勤務日と休日を設定することはできません。給与カレンダーで設定した勤務日と休日は、すべての従業員で使用されます。
勤務日と休日が異なる従業員がいる場合は、勤務日と休日が同じ従業員ごとに給与データを作成するなどして運用してください。

勤務日・休日を一括設定する

毎週土曜日と日曜日は休日、第2と第4土曜日は半日出勤など、勤務日と休日に特定の規則性がある場合は、条件を指定して1年分を一括設定できます。
一括設定は、給与カレンダーで表示されている年に対して行われます。

  • [設定]メニューから[給与カレンダー]をクリックします。 [給与カレンダー]画面が表示されます。
  • [一括]をクリックします。

    [休日・勤務日一括設定]画面が表示されます。

    一括設定する休日・勤務日種別 ▼をクリックして、一括設定する勤務日または休日の種別を選択します。[OK]をクリックすると、[条件]に該当する日付が選択した種別に設定されます。
    条件
    ▼をクリックして、種別を設定する月を選択します。
    すべての日 指定した月のすべての日に対して、一括設定する場合に選択します。
    日指定 指定した月の特定の日に対して、一括設定する場合に選択します。
    ▼をクリックして、種別を設定する日を選択します。
    曜日指定 指定した月の特定の曜日に対して、一括設定する場合に選択します。
    ▼をクリックして、種別を設定する週を選択します。
    ▼をクリックして、種別を設定する曜日を選択します。
    祝日(振替休日も含む) 指定した月の祝日に対して、一括設定する場合に選択します。祝日には振替休日も含まれます。
  • [一括設定する休日・勤務日種別]の▼をクリックして、設定する勤務日または休日を選択します。
  • [一括設定する休日・勤務日種別]で選択した勤務日または休日を設定する月と日を設定します。 複数の日付や曜日を条件として選択したい場合は、キーボードの[Ctrl]キーを押しながら項目をクリックします。

    「春分の日」と「秋分の日」について

    「春分の日」と「秋分の日」は、年により日付が異なるため、給与カレンダーには設定されていません。
    そのため、[休日・勤務日一括設定]画面の[祝日(振替休日も含む)]には、「春分の日」と「秋分の日」は含まれていません。

    設定手順は 給与カレンダーに「春分の日」と「秋分の日」が設定されていない を参照してください。

  • [OK]をクリックします。 他の条件で勤務日と休日を設定する場合は、同様の操作で設定します。

    前年度、次年度の給与カレンダーの設定

    前年度または次年度の給与カレンダーを設定するには、給与カレンダーの表示年度を変更します。
    前年度、次年度に変更するには、[給与カレンダー]画面を表示させた状態で、[編集]メニューから[前年へ]または[次年へ]をクリックします。

勤務日・休日を個別に設定する

  • [設定]メニューから[給与カレンダー]をクリックします。 [給与カレンダー]画面が表示されます。
  • 勤務日または休日に設定する日をダブルクリックします。
  • 設定する勤務日または休日を選択します。 必要に応じて[メモ]を入力することもできます。
    設定する日が給与締切日や、給与支給日、賞与支給日の場合は、スケジュールとして表示されます。直接修正することはできません。
  • [OK]をクリックします。

所定労働日数と時間数を給与規定へ転記する

給与カレンダーで設定した勤務日と休日を基に自動計算された1か月平均所定労働日数と時間数、1日平均所定労働時間数を給与規定に転記します。
1か月平均所定労働日数と時間数、1日平均所定労働時間数は、割増支給単価、支給減額単価などの計算に使用されます。

  • クイックナビゲータの[導入]カテゴリから[給与規定]をクリックします。 [給与規定]画面が表示されます。
  • [一般]タブをクリックします。
  • [計算]をクリックします。

    [勤務日数・労働時間 計算]画面が表示されます。

    計算値を転記 給与カレンダーの設定内容から計算された、「1か月平均所定労働日数」と「1か月平均所定労働時間」、「1日平均所定労働時間」の値を、給与規定の該当箇所に転記します。

    給与規定で既に値が設定されている場合、上書きして変更します。

  • 給与カレンダーの設定に従って計算された所定労働日数と所定労働時間を確認します。
  • [計算値を転記]をクリックします。

    [一般]タブの[1か月平均所定労働日数][1か月平均所定労働時間][1日平均所定労働時間]に計算された値が転記されます。

    基本情報の設定(給与規定:[一般]タブ)

    給与カレンダーの設定

    給与カレンダーで設定、修正した内容は過去の給与明細には反映されません。

メールでのお問い合わせ

操作や製品購入、バージョンアップ、各種サポート・サービス等のご質問について、
メールでお問い合わせください。

お問い合わせ

お客さまの疑問は解決しましたか?

<サポートページの改善に利用するため、ご意見・ご要望をお聞かせください>




ご意見・ご要望は、サポートページの改善に利用させていただきます。
個人情報(氏名、住所、電話番号、メールアドレスなど)は入力しないでください。
入力いただいた内容について個別の返信はできかねますのでご了承ください。

弥生会計

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー ネットワーク AE

弥生販売

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー プロフェッショナル5ユーザー ネットワーク

弥生会計

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー ネットワーク AE

弥生販売

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー プロフェッショナル5ユーザー ネットワーク