決算・申告、業務の流れ(法人)
簿記のしくみ

ID:ida1085

会社は「財政状況を確認するため」・「経営成績を確認するため」・「税務申告のため」などの
さまざまな理由で帳簿付けを行います。
この帳簿付けの基礎、ルールとなるのが「簿記」です。
「簿記」には「単式簿記」と「複式簿記」の2つがあります。

1.「単式簿記」と「複式簿記」

「単式簿記」は取引を1つの科目に絞って記載する方法であり、収支計算のみを行う方法です。
例えば、お小遣い帳などもこれにあたります。

■単式簿記の帳面
 日付  摘要  収入   支出 残高 
 4/1  前月より繰越      50,000円
 4/10  携帯代    12,000円  38,000円
 4/20 預金から引き出し  10,000円    48,000円
 4/30 残業食事代       2,700円  45,300円 
  :    :   :    :    : 

※現金だけの動きに絞った帳面

会社では「単式簿記」ではなく、「複式簿記」を使います。
「複式簿記」は取引を複数の科目で記載する方法であり、「損益計算」と「財産計算」を同時に行う
方法です。
記載する際は、「借方」「貸方」を使います。

■複式簿記の帳面
 日付  借方  金額  貸方 金額  摘要 
 4/10 通信費  12,000円   現金  12,000円 携帯代 
 4/20  現金  10,000円  普通預金  10,000円 預金から引き出し
 4/30  福利厚生費    2,700円  現金    2,700円  残業食事代
  :    :   :    :    :    : 

※複数の科目を使った帳面

上記の帳面はどちらも同じ取引を記載したものです。
単式簿記の帳面は現金の動きだけを記載し、複式簿記は、現金以外の複数の科目の動きも
記載しています。

2.「借方」と「貸方」

複式簿記では、すべての取引を2つ(「借方」と「貸方」)の項目に分けて表現します。

【例】
ノートを現金200円で購入した場合は
①ノート代(費用)200円を支払った
②現金(資産)が200円減った
の2つに分けます。

【仕訳】
 借方勘定科目  借方金額  貸方勘定科目  貸方金額  摘要 
事務用品費    200円  現金    200円  ノート購入

借方で「ノート代(費用)200円を支払った」、貸方で「現金(資産)が200円減った」を表現します。

借方と貸方にどのような取引が記載されるかは、資産、負債、純資産、収益、費用の区分で
異なります。
詳しくは以下のページをご参照ください。

資産になるもの
負債になるもの
純資産になるもの
収益になるもの
費用になるもの

メールでのお問い合わせ

お問い合わせ

操作や製品購入、バージョンアップ、各種サポート・サービス等のご質問について、
メールでお問い合わせください。

弥生会計

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー ネットワーク AE

弥生販売

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー プロフェッショナル5ユーザー ネットワーク

弥生会計

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー ネットワーク AE

弥生販売

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー プロフェッショナル5ユーザー ネットワーク