勘定科目体系(業種区分)を間違えてデータを作成してしまった 弥生会計 サポート情報

ID:ida18028

事業所データの作成時に設定した勘定科目体系([法人/一般]、[個人/一般]など)は、後から変更することはできません。データ作成時に勘定科目体系を間違えて設定してしまった場合は、事業所データを新規に作り直す必要があります。
既に取引の入力を開始している場合は、以下の手順で仕訳データをエクスポート(テキスト書き出し)し、新たに作成した事業所データへインポート(読み込み)します。

仕訳データと前期繰越残高(期首残高)のデータ以外の設定情報は、新しいデータに引き継がれません。新しいデータで再度登録する必要があります。


1.現在使用中のデータで行う作業

  • 【仕訳データのエクスポート(書き出し)】 仕訳データを書き出す(エクスポート)方法
    【伝票番号の設定を確認する】
    伝票番号が変わるのを防ぐため、[伝票No.]の設定を確認します。
  • [設定]メニューの[帳簿・伝票設定]をクリックします。
  • [伝票No.]タブをクリックします。
  • [伝票No.を使用する]にチェックが付いているかどうか確認します。チェックが付いている場合は、[付番方法][付番時期][自動付番の設定](次回No.)を確認し、メモなどに控えておきます。
  • [OK]をクリックします。
  • 【前期繰越残高(期首残高)のエクスポート(書き出し)】データを作り直した後に、前期繰越残高(期首残高)のデータのインポートを行うため、前期繰越残高(期首残高)をエクスポートします。
    前期繰越残高(期首残高)のエクスポート(書き出し)/インポート(取り込み)方法

    部門管理を行っている場合は、各部門で前期繰越残高(期首残高)をエクスポートする必要があります。
    ◆ 部門管理機能は弥生会計 スタンダード、やよいの青色申告では対応していません。


2.新しい事業所データを新規作成する作業

  • クイックナビゲータの[導入]カテゴリから[データの新規作成]をクリックします。
  • [データ作成方法の選択]画面で「新規にデータを作成する」を選択し、[次へ]をクリックします。
  • [事業所名(屋号)]を入力し、[次へ]をクリックします。
  • [勘定科目体系の選択]画面が表示されます。ここで、本来の正しい勘定科目体系を選択し、[次へ]をクリックします。
  • 画面の指示に従い、必要な項目を設定します。[保存先の設定]画面では、既存のデータと区別するため、事業所データ名を一部変更してください。
    下図の例では事業所データ名の後に「-1」と付けています。

    [次へ]をクリックします。
  • [設定内容の確認]画面が表示されます。内容を確認してから、[作成開始]をクリックします。
[業種]や[会計期間]は、[作成開始]をクリックすると後から変更することはできません。間違いがないか必ず確認してください。

3.新しい事業所データで行う作業

メールでのお問い合わせ

操作や製品購入、バージョンアップ、各種サポート・サービス等のご質問について、
メールでお問い合わせください。

お問い合わせ

お客さまの疑問は解決しましたか?

<サポートページの改善に利用するため、ご意見・ご要望をお聞かせください>




ご意見・ご要望は、サポートページの改善に利用させていただきます。
個人情報(氏名、住所、電話番号、メールアドレスなど)は入力しないでください。
入力いただいた内容について個別の返信はできかねますのでご了承ください。

弥生会計

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー ネットワーク AE

弥生販売

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー プロフェッショナル5ユーザー ネットワーク

弥生会計

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー ネットワーク AE

弥生販売

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー プロフェッショナル5ユーザー ネットワーク