集計条件の変更(RFM分析表・RFMクロス分析表) やよいの顧客管理 サポート情報

ID:ida21307

RFM分析表やRFMクロス分析表で自動的に設定された集計条件は、必要に応じて変更できます。

  • [集計]ボタンをクリックします。 [集計]ダイアログが表示されます。
    販売履歴を基に集計条件が初期設定されています。
    既に保存してある集計条件を使用するには、▼をクリックして選択します。
  • 各タブをクリックして集計条件を変更するか、または▼をクリックして集計条件を選択します。
    • [履歴/予定情報]タブ
      集計対象とする履歴/予定情報の条件を指定します。条件を変更する場合は、変更する項目の[使用]欄にチェックを付けて[条件]欄を変更します。

      [Recency(購買後経過日)]、[Frequency(購買回数)]、[Monetary(購買金額)]タブの数値の変更は、右枠に表示されている数値を変更します。
    • [Recency(購買後経過日)]タブ
      購買後経過日のRスコア[1]から[5]の順で[経過日数]欄に購買後経過日数を入力し、スコアを設定します。
    • [Frequency(購買回数)]タブ
      購買回数のRスコア[1]から[5]の順で[購買回数]欄に購買回数を入力し、スコアを設定します。
    • [Monetary(購買金額)]タブ
      購買金額の各スコアの[購買金額]欄に購買金額を入力し、スコアを設定します。

Mスコアの集計条件の指定について

Mスコアの集計条件に小数を含む値を指定すると、正しく集計されません。集計条件は、正数で指定してください。

設定した値を修正する場合

数値の低いスコアから修正します。
  • Rスコア:経過日数が少ないスコアから修正
  • Fスコア:購買回数が少ないスコアから修正
  • Mスコア:購買金額が少ないスコアから修正
このようなメッセージが表示される場合は、スコアに矛盾が発生しています。[OK]をクリックして、各スコアを数値の低いスコアから修正してください。

同一日付の明細を1件としてカウントする場合

Frequencyタブでは、[同じ顧客の明細が、同一の日付の場合は1回とカウントする]にチェックを付けると、同一日付の明細を1件としてカウントできます。

集計条件の最大値・最小値について

[Recency(購買後経過日)]、[Frequency(購買回数)]、[Monetary(購買金額)]タブの最大値と最小値は[-]で表示されます。変更することはできません。

保存されている集計条件について

顧客データを作成したときに業種別テンプレートを選択している場合は、[条件選択]の▼をクリックすると、業種別テンプレートにあらかじめ用意されているよく使われる集計条件と、任意で保存した集計条件が表示されます。
あらかじめ用意されている集

計条件は業種別テンプレートによって異なります。

[集計]ダイアログの設定内容の保存

頻繁に使用する集計条件は、保存しておくことができます。

  • よく使う集計条件を設定します。
  • [名前を付けて保存]ボタンをクリックします。
  • [条件名]に全角20文字(半角40文字)以内で集計条件名を入力します。
    既に保存されている集計条件名と同一にすることはできません。
  • [OK]ボタンをクリックします。

次回からの集計では、[条件選択]の▼をクリックして、保存した集計条件名を選択します。

メールでのお問い合わせ

お問い合わせ

操作や製品購入、バージョンアップ、各種サポート・サービス等のご質問について、
メールでお問い合わせください。

弥生会計

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー ネットワーク AE

弥生販売

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー プロフェッショナル5ユーザー ネットワーク

弥生会計

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー ネットワーク AE

弥生販売

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー プロフェッショナル5ユーザー ネットワーク