RFMクロス分析の概要 やよいの顧客管理 サポート情報

ID:ida21304

RFMクロス分析とは、顧客への販売履歴を基に顧客をランク付けし、縦軸と横軸に指定した項目のランクについて、そのランクに属する顧客の人数や構成比、購買金額を分析する手法です。
R(直近購買日)、F(購買頻度)、M(購買金額)、それぞれの値を、M×R、R×F、F×Mとクロスさせて分析する方法です。RFMクロス分析の集計結果から [RFM分析表] にズームできます。

RFMクロス分析は、次のような場合に有効です。

  • 食料品の小売りなどで、多くの顧客の前回購買日に差がない場合 R以外のF、Mについて集計し、顧客の購買状況を把握します。
  • 取扱商品が少ない、または商品価格に差がない場合 M以外のR、Fについて集計し、顧客の購買状況を把握します。
RFMクロス分析表の画面構成 RFMクロス分析の実施

メールでのお問い合わせ

操作や製品購入、バージョンアップ、各種サポート・サービス等のご質問について、
メールでお問い合わせください。

お問い合わせ

お客さまの疑問は解決しましたか?

<サポートページの改善に利用するため、ご意見・ご要望をお聞かせください>




ご意見・ご要望は、サポートページの改善に利用させていただきます。
個人情報(氏名、住所、電話番号、メールアドレスなど)は入力しないでください。
入力いただいた内容について個別の返信はできかねますのでご了承ください。

弥生会計

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー ネットワーク AE

弥生販売

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー プロフェッショナル5ユーザー ネットワーク

弥生会計

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー ネットワーク AE

弥生販売

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー プロフェッショナル5ユーザー ネットワーク