弥生販売の導入 弥生販売 サポート情報

ID:ida22508
弥生販売では、事業所データごとに取引の入力から集計をすることができます。ここでは、弥生販売で販売管理業務を始めるまでの導入作業と、導入後の作業の流れを確認します。

事業所データのコンバート

旧製品の弥生販売をお使いの場合は、事業所データをコンバートすることで、導入の作業を省略できます。

『弥生販売 20』へデータをコンバート(変換)する方法
また、やよいの見積・納品・請求書をお使いの場合は、やよいの見積・納品・請求書の事業所データを弥生販売に移行することで、以下のデータを引き継いで使用することができます。
  • 自社情報
  • 得意先台帳
  • 商品台帳
『やよいの見積・納品・請求書』から『弥生販売』にデータ移行する方法

導入時に準備する資料

弥生販売の導入時には、次のような書類や情報を用意してください。

  • 得意先、仕入先の住所や電話番号、決済用の銀行などの情報がわかる住所録などの資料
  • 売掛金、買掛金の残高がわかる資料
  • 商品の種類や在庫、価格などがわかる資料
  • 担当者など自社の管理情報がわかる資料
  • その他、現在使用している帳簿や伝票など

事業所データを作成して、取引の入力を開始するまでの導入作業の流れは次のとおりです。

事業所データを作成する

事業所データを作成します。事業所データには、得意先や仕入先、商品の情報、取引など弥生販売の情報がすべて保存されます。

事業所データの概要

基本情報を設定する

住所や電話番号などの自社情報、伝票の付番方法や端数処理方法などの弥生販売の運用方法を設定します。

基本情報の登録

台帳を登録する

得意先や仕入先、商品の情報、自社の担当者などをそれぞれの台帳に登録します。

台帳の種類

残高を入力する

弥生販売導入時点の売掛金、買掛金、商品の在庫を入力します。

導入時在庫の入力の概要 売掛残高の入力の概要 買掛残高の入力の概要

◆ 本文中の一部の機能は、スタンダードにはありません。詳細の確認はこちら

メールでのお問い合わせ

お問い合わせ

操作や製品購入、バージョンアップ、各種サポート・サービス等のご質問について、
メールでお問い合わせください。

弥生会計

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー ネットワーク AE

弥生販売

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー プロフェッショナル5ユーザー ネットワーク

弥生会計

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー ネットワーク AE

弥生販売

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー プロフェッショナル5ユーザー ネットワーク