既定値(台帳の初期値)の登録、修正、削除 弥生販売 サポート情報

ID:ida22661

商品台帳、得意先台帳、仕入先台帳では、既定値を登録して台帳の登録作業を省力化することができます。商品の数量の小数桁や在庫評価方法、主たる倉庫など、また得意先、仕入先との取引条件など共通の設定項目が多い場合に既定値として登録すると、台帳、台帳ウィザードでの新規作成時に初期値として表示されます。

ここでは、得意先台帳を例に操作手順を説明します。他の台帳も同様の手順で既定値を登録することができます。

既定値の登録

  • クイックナビゲータの[導入]カテゴリの[得意先]をクリックします。 [得意先台帳]ウィンドウが表示されます。
  • 既定値とする情報を入力します。 [コード]以外の項目を既定値として設定することができます。登録済みの得意先に入力されている情報を既定値として設定することもできます。その場合、入力されている項目のうち、コード以外のすべてが既定値として設定されます。
  • [編集]メニューの[既定値の登録]をクリックします。 [既定値]ダイアログが表示されます。
  • [現在のデータを既定値として登録]ボタンをクリックします。 入力した情報が既定値として登録されます。

既定値の修正

登録した既定値の修正ができます。

  • 新たに既定値とする情報を入力します。
  • [編集]メニューの[既定値の登録]をクリックします。 [既定値]ダイアログが表示されます。
  • [現在のデータを既定値として登録]ボタンをクリックします。 入力した情報が既定値として新たに登録されます。

既定値の削除

不要になった既定値は削除することができます。

  • [編集]メニューの[既定値の登録]をクリックします。 [既定値]ダイアログが表示されます。
  • [現在の既定値データを削除]ボタンをクリックします。 登録済みの既定値が削除されます。


◆ 本文中の一部の機能は、スタンダードにはありません。詳細の確認はこちら

メールでのお問い合わせ

お問い合わせ

操作や製品購入、バージョンアップ、各種サポート・サービス等のご質問について、
メールでお問い合わせください。

弥生会計

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー ネットワーク AE

弥生販売

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー プロフェッショナル5ユーザー ネットワーク

弥生会計

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー ネットワーク AE

弥生販売

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー プロフェッショナル5ユーザー ネットワーク