仕入先台帳ウィザード 弥生販売 サポート情報

ID:ida23092
[仕入先台帳ウィザード]を使用すると、項目ごとに順をおって仕入先を登録することができます。

買掛残高の登録

[仕入先台帳ウィザード]で「買掛残高」を登録すると、弥生販売導入時の買掛残高入力を省略することができます。
仕入先の登録後に、[仕入先台帳ウィザード]を使用して「買掛残高」を変更することはできません。変更する場合は、[買掛残高一覧表]を使用してください。

買掛残高の入力の概要
  • クイックナビゲータの[導入]カテゴリの[仕入先]をクリックします。 [仕入先台帳]ウィンドウが表示されます。
  • [ウィザード]ボタンをクリックします。 [仕入先台帳ウィザード]が表示されます。[次へ]ボタンをクリックして、次の画面に進めます。
  • 仕入先の情報を入力して、[次へ]ボタンをクリックします。

    コードの自動付番

    基本情報で[数値のみの自動付番]を設定している場合は、コードが自動で入力されます。[分類文字列付の自動付番]を設定している場合は、[コード付番]ボタンをクリックして入力するコードを選択してください。

    台帳コードの自動付番

    登録済みの仕入先情報の複写

    [仕入先コード]の[…]ボタンをクリックして表示される[仕入先参照]ダイアログから仕入先を選択すると、登録済みの仕入先の情報が[仕入先台帳ウィザード]に表示されます。
    この状態で仕入先コードを変更するか、またはコードの自動付番を設定しているときは[コード付番]ボタンをクリックしてコードを再度割り当てると、複写の確認メッセージが表示されます。
    [はい]ボタンをクリックすると、[仕入先台帳ウィザード]が新規登録の状態になります。必要に応じて、表示された複写元の情報を変更して新規の仕入先として登録することができます。

  • [終了]ボタンをクリックします。 続けて仕入先を登録する場合は、[続ける]ボタンをクリックします。

仕入先台帳ウィザードでの仕入先の修正

[仕入先コード]の[…]ボタンをクリックして表示される[仕入先参照]ダイアログから仕入先を選択すると、登録済みの仕入先の情報が[仕入先台帳ウィザード]に表示されます。
[次へ]ボタンをクリックして登録済みの仕入先の情報を修正し、[登録]ボタンをクリックすると、仕入先の情報が修正されます。

仕入先台帳ウィザードを使用した登録

仕入先の情報は、仕入先台帳ウィザードを使用して登録することもできます。

既定値の登録

仕入先の設定項目に共通するものが多い場合は、共通の設定項目を既定値として登録し、仕入先の新規登録時の初期値として表示されるようにすることができます。

既定値(台帳の初期値)の登録、修正、削除

他の台帳やリストの呼び出し

他の台帳を参照する項目の入力時に、台帳やリストを呼び出して項目の追加・編集を行うことができます。
台帳やリストを呼び出すには、入力項目にマウスカーソルを合わせ、右クリックして表示されるメニューから[~台帳の表示][~リストの表示]をクリックします。

一度しか使用しない仕入先の登録

通常は、仕入先に対して個別に仕入先コードを登録しますが、一度しか取り引きがない仕入先の場合は、汎用の仕入先コードを作成して運用します。
その仕入先が、個別の売上集計表などを作成する必要がなく、伝票や納品書の発行のみを目的としている場合は、汎用の仕入先コードを作成します。伝票入力時には、作成した汎用の仕入先コードを使用し仕入先の情報を書き換えて入力を行います。

コードの変更

仕入先のコードを変更すると、入力したコードで新しい仕入先が追加されます。
このため、古い仕入先はそのまま残り、コードの変更を行うことはできません。
コードの変更を行う場合は、[仕入先台帳コード変更]ダイアログで行います。

台帳コードの変更

メールでのお問い合わせ

お問い合わせ

操作や製品購入、バージョンアップ、各種サポート・サービス等のご質問について、
メールでお問い合わせください。

弥生会計

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー ネットワーク AE

弥生販売

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー プロフェッショナル5ユーザー ネットワーク

弥生会計

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー ネットワーク AE

弥生販売

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー プロフェッショナル5ユーザー ネットワーク