商品の登録 弥生販売 サポート情報

ID:ida22566
  • クイックナビゲータの[導入]カテゴリの[商品]をクリックします。 [商品台帳]ウィンドウが表示されます。
  • 商品の情報を入力します。

    基本情報で[数値のみの自動付番]を設定している場合は、コードが自動で入力されます。[分類文字列付の自動付番]を設定している場合は、[コード付番]ボタンをクリックして入力するコードを選択してください。

    台帳コードの自動付番

    既定値を登録すると、商品の情報の初期値とすることができます。

    既定値(台帳の初期値)の登録、修正、削除

    入力しない項目を表示したくない場合は、[商品台帳項目設定]ダイアログで画面への表示/非表示を設定することができます。

    項目設定

    ※上図はプロフェッショナルの画像です。
  • [登録]([F12])ボタンをクリックします。

    入力した商品の情報が登録されます。
    [印刷]ボタンをクリックすると、商品台帳を印刷することができます。

    台帳の印刷

値引、諸経費の登録

値引や諸経費なども商品台帳に登録します。伝票作成時には、[内訳]に「値引」または「諸経費」を選択して、明細を入力します。
単価情報を入力しても、伝票の[内訳]で「値引」「諸経費」を選択すると、伝票には自動表示されません。「在庫管理を行わない」に設定しておきます。

※上図はプロフェッショナルの画像です。

値引や諸経費を登録する際は、参照ダイアログで下位に表示されるような商品コードを付与することをお勧めします。レポートで集計範囲を指定する際に、簡単に集計対象から除外することができます。

一度しか使用しない商品の登録

通常は、商品に対して個別に商品コードを登録しますが、一度しか取り扱わない商品の場合は、汎用の商品コードを作成して運用します。
その商品が、個別の売上集計表などを作成する必要がなく、伝票や納品書の発行のみを目的としている場合は、汎用の商品コードを作成します。伝票入力時には、作成した汎用の商品コードを使用し商品の情報を書き換えて入力を行います。
在庫管理やレポートなどで商品を管理する場合は、商品コードで集計されるので、個別に商品コードを登録する必要があります。

商品台帳ウィザードを使用した登録

商品の情報は、商品台帳ウィザードを使用して登録することもできます。

商品台帳ウィザード

他の台帳やリストの呼び出し

他の台帳を参照する項目の入力時に、台帳やリストを呼び出して項目の追加・編集を行うことができます。
台帳やリストを呼び出すには、入力項目にマウスカーソルを合わせ、右クリックして表示されるメニューから[~台帳の表示][~リストの表示]をクリックします。



◆ 本文中の一部の機能は、スタンダードにはありません。詳細の確認はこちら

メールでのお問い合わせ

お問い合わせ

操作や製品購入、バージョンアップ、各種サポート・サービス等のご質問について、
メールでお問い合わせください。

弥生会計

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー ネットワーク AE

弥生販売

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー プロフェッショナル5ユーザー ネットワーク

弥生会計

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー ネットワーク AE

弥生販売

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー プロフェッショナル5ユーザー ネットワーク