発注伝票の受け入れ 弥生販売 サポート情報

ID:ida22845

発注伝票から仕入伝票に受け入れして仕入伝票を作成することができます。受け入れをすると、商品の入荷状況や発注残数を管理することができます。

  • クイックナビゲータの[仕入]カテゴリの[商品の発注]をクリックします。 [発注伝票]画面が表示されます。
  • 受け入れする発注伝票を表示させます。

    [参照]([F8]・[スペース])をクリックして表示される[直前発注伝票参照]画面から発注伝票を選択することができます。発注伝票は、検索することもできます。

    伝票の検索
  • [受け入れ]をクリックします。 確認メッセージが表示されます。

  • [はい]をクリックします。 発注伝票が仕入伝票に複写されます。

    受け入れ時に税率を変更するメッセージが表示されることがあります。原因と対処方法は以下を参照してください。

    伝票入力時に「税率の初期値を決める日付に合わせて税率を変更します。」のメッセージが表示され、課税区分が変更される

  • 商品の入荷状況に応じて、仕入伝票の明細部の[入荷]を修正します。
    全数を入荷した場合 「全数入荷」を選択します。
    受け入れ元の発注伝票明細部の[納品]には、「完納」と表示されます。
    未入荷の場合 「未入荷」を選択します。
    受け入れ元の発注伝票明細部の[納品]には、「未納」と表示されます。
    一部を入荷した場合 「一部入荷」を選択し、[数量]に入荷数量を入力します。
    未入荷分の商品が入荷した際は、再び発注伝票を仕入伝票に受け入れます。
    受け入れ元の発注伝票明細部の[納品]には、入力した入荷数量に応じて「未納」または「完納」と表示されます。
    発注を訂正して入荷した場合 「訂正入荷」を選択し、実際の入荷内容に合わせて[商品][数量][単価]を入力します。
    仕入伝票は訂正後の[商品][数量]から[単価][金額]の再計算を行います。
    受け入れ元の発注伝票明細部は、訂正前の商品コードで[数量]のみを変更します。
    未入荷がある場合は発注伝票には未入荷数量は保存しません。受け入れ元の発注伝票明細部には、訂正入荷した数量を登録して[完納]とします。
    発注を取り消した場合 「発注取消」を選択します。
    受け入れ元の発注伝票の明細行も削除されますが、「一部入荷」などで既に入荷している数量がある場合、明細行は削除されません。
    発注伝票のすべての明細行が発注取り消しになった場合、発注伝票も削除されます。
    承認機能を使用している場合は発注取消を行えないので、払い出し元の発注伝票で対象となる明細を削除してください。
  • [登録]([F12])をクリックします。 仕入伝票が登録されます。登録した仕入伝票に合わせて、発注伝票の[納品]に納品状況が登録されます。

メールでのお問い合わせ

操作や製品購入、バージョンアップ、各種サポート・サービス等のご質問について、
メールでお問い合わせください。

お問い合わせ

お客さまの疑問は解決しましたか?

<サポートページの改善に利用するため、ご意見・ご要望をお聞かせください>




ご意見・ご要望は、サポートページの改善に利用させていただきます。
個人情報(氏名、住所、電話番号、メールアドレスなど)は入力しないでください。
入力いただいた内容について個別の返信はできかねますのでご了承ください。

弥生会計

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー ネットワーク AE

弥生販売

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー プロフェッショナル5ユーザー ネットワーク

弥生会計

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー ネットワーク AE

弥生販売

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー プロフェッショナル5ユーザー ネットワーク