YAYOI SMART CONNECT(弥生)へ仕訳を自動送信する Misoca サポート情報

ID:ida23871
MisocaからYAYOI SMART CONNECT(弥生)に、請求済み請求書の仕訳を自動送信できます。
手動送信を行いたい場合は、 YAYOI SMART CONNECT(弥生)へ仕訳を手動送信する を参照してください。
  • YAYOI SMART CONNECTと連携してあることが前提です。
    連携が済んでいない場合は、 Misocaと弥生を連携する を参考に連携してください。
  • 弥生会計(デスクトップ)の法人のお客様と弥生会計(クラウド)には、源泉徴収税額のある請求書は送信できません。

自動送信を有効にすると、以下の条件・タイミングで仕訳が送信されます。

自動送信される請求書の条件

  • 請求ステータスを「未請求」から「請求済」に変更する
  • ごみ箱に入っていない
  • 過去に仕訳送信していない(既に送信済みの請求書は送信されません)

なお、自動送信はYAYOI SMART CONNECTと連携後に可能となりますので、連携前に請求ステータスが「請求済」になっていても自動送信されません。

請求書情報が自動送信されるタイミング

  • 郵送したとき
  • メール送信したとき
  • 共有リンクを発行したとき
  • 請求済みにしたとき
なお、仕訳が送信されるまでに数分のタイムラグが生じる場合があります。

通知について

仕訳送信に失敗した場合は、チームオーナーに対象請求書と理由が明記されたメールが送信されます。なお、仕訳送信が成功した場合はメール通知されません。

仕訳の摘要について

「<取引先> <請求書番号> <件名>」の順に表記されます。

<例>
  • 取引先:「さんぷる株式会社」
  • 請求書番号:「20190401-001」
  • 件名:「請求書」

「さんぷる株式会社 20190402-001 請求書」になります。

  • [設定]の[会計連携]をクリックします。
  • 「自動送信設定」の「請求済になると自動送信する」にチェックを付けて、送信先の事業所の選択と確認を行います。

    事業所の選択ができない場合は、利用したい弥生のサービスで先にスマート取引取込の初期設定を行ってください。

    Misocaと弥生を連携する

  • [保存する]をクリックして、設定を保存します。
  • 自動送信済みの請求書を変更して再度送信したい場合は、手動送信を行ってください。

    YAYOI SMART CONNECT(弥生)へ仕訳を手動送信する
  • 自動送信が有効になっているときは、YAYOI SMART CONNECTとの連携を解除することができません。連携を解除したい場合は、自動送信を無効にしてください。

[補助科目の送信設定]では、補助科目を送信するかどうかを選択できます。

メールでのお問い合わせ

操作や製品購入、バージョンアップ、各種サポート・サービス等のご質問について、
メールでお問い合わせください。

お問い合わせ

お客さまの疑問は解決しましたか?

<サポートページの改善に利用するため、ご意見・ご要望をお聞かせください>




ご意見・ご要望は、サポートページの改善に利用させていただきます。
個人情報(氏名、住所、電話番号、メールアドレスなど)は入力しないでください。
入力いただいた内容について個別の返信はできかねますのでご了承ください。

弥生会計

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー ネットワーク AE

弥生販売

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー プロフェッショナル5ユーザー ネットワーク

弥生会計

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー ネットワーク AE

弥生販売

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー プロフェッショナル5ユーザー ネットワーク