タイムカード設定 弥生給与 サポート情報

ID:ida24216

タイムカードの入力を始める前に、タイムカードの締切日や、規定の労働時間と残業時間、出勤時刻と退勤時刻の端数処理方法など、タイムカードを集計する上で必要な情報を設定します。

  • クイックナビゲータの[給与支払]カテゴリから[タイムカード入力]をクリックします。 [タイムカード入力]ウィンドウが表示されます。
  • [設定]ボタンをクリックします。

    [タイムカード設定]ダイアログが表示されます。

  • タイムカードに関する設定を行います。

    タブはクリックして切り替えます。

    • [締切日と時間帯]タブ

      タイムカードの締切日と、勤務日の労働時間や残業時間の時間帯を設定します。

    • [端数処理]タブ

      出勤時刻と退勤時刻、月間の実働・残業・休出、遅刻・早退時間に端数が発生した場合の処理方法を設定します。

    • [その他]タブ

      外出時間の処理方法、時間給者の昼休み、遅刻・早退に昼休みが含まれた場合の処理方法を設定します。

  • 設定が終わったら[OK]ボタンをクリックします。

    [締切日と時間帯]タブ

    [締切日と時間帯]タブでは、タイムカードの締切日と、勤務日の労働時間や残業時間の時間帯を設定します。ここで設定した時間帯を基に、遅刻や残業時間が計算されます。

    項目 説明
    タイムカード
    の締切日

    タイムカードの締切日を設定します。左の項目で[当月]または[前月]を選択し、右の項目で日を選択します。「当月」は、処理中の給与の月です。
    タイムカードの締切日は複数設定することはできません。

    • 締切日が29、30、31日の場合:「末」を選択します。
    • 一覧に目的の締切日がない場合:半角数字の1~28の範囲で直接入力します。
    時間帯

    給与カレンダーで日ごとに設定した[通常勤務日]、[勤務日1]、および[勤務日2]の労働時間帯を設定します。
    労働時間帯を設定する勤務日の[早出残業][午前労働][午後労働][普通残業][深夜残業]をクリックして「○」を表示し、開始時刻と終了時刻を60進法で入力します。例えば、9時30分の場合は、「9:30」と入力します。
    給与カレンダーで[勤務日1]と[勤務日2]を設定していない場合でも、すべての勤務日の[午前労働]または[午後労働]の設定を行う必要があります。
    ここで設定した労働時間帯は、すべての従業員に適用されます。従業員ごとに[通常勤務日]、[勤務日1]、および[勤務日2]の労働時間帯を設定することはできません。
    また、『弥生給与』では、フレックスタイムなどの特殊な勤務形態には対応していません。

    所定労働日数や時間数の設定(給与カレンダー)

    昼休みの時間帯

    [午前労働]と[午後労働]の間の時間は昼休み時間として扱われます。ただし、[法定休日]または[所定休日]に出勤した場合は、昼休み時間として扱われません。また、昼休み以外の休憩時間の設定は行えません。

    [端数処理]タブ

    [端数処理]タブでは、出勤時刻と退勤時刻、月間の実働・残業・休出、遅刻・早退時間に端数が発生した場合の処理方法を設定します。

    項目 説明
    出勤時刻
    退勤時刻

    出勤時刻、退勤時刻に端数が発生した場合の端数の処理方法を設定します。
    「繰り上げ」または「繰り下げ」を選択した場合は、繰り上げ(繰り下げ)を行う時間単位を「15分」「30分」「60分」から選択します。
    例えば、17時23分に退勤した場合は、[退勤時刻]の設定から次のように端数処理されます。

    • [退勤時刻]を「繰り上げ」と「15分」に設定した場合
      17時15分になります。
    • [退勤時刻]を「繰り下げ」と「15分」に設定した場合
      17時30分になります。
    遅刻早退時の
    端数処理
    [出勤時刻][退勤時刻]で設定した端数処理を、遅刻・早退時にも適用するかを設定します。
    月集計値 月間の実働・残業・休日出勤の集計時間、遅刻・早退の集計時間に端数が発生した場合の処理方法を設定します。
    「切り上げ」または「切り捨て」を選択した場合は、切り上げ(切り捨て)の時間単位を「15分」「30分」「60分」から選択します。

    [その他]タブ

    [その他]タブでは、外出時間の処理方法、時間給者の昼休み、遅刻・早退に昼休みが含まれた場合の処理方法を設定します。

    項目 説明
    勤務時間内に
    外出した場合
    [締切日と時間帯]タブで設定した[午前労働]と[午後労働]の時間内に外出した時間、つまり[タイムカード入力]ウィンドウの[普外]に入力した時間の扱いを設定します。
    勤務時間外に
    外出した場合
    [締切日と時間帯]タブで設定した[午前労働]と[午後労働]の時間外に外出した時間、つまり[タイムカード入力]ウィンドウの[残外]に入力した時間の扱いを設定します。
    時間給者の
    昼休みの集計
    時間給者の昼休み([締切日と時間帯]タブで設定した[午前労働]と[午後労働]の間の時間)を実働時間に加算するか、しないかを選択します。

    「集計しない」を選択した場合に、労働時間から減算される昼休み時間は、勤務日または休日のどちらに出勤したかによって異なります。

    • 給与カレンダーで勤務日に設定されている日
      出勤した日に設定されている[通常勤務日]、[勤務日1]、または[勤務日2]の[午前労働]と[午後労働]の間の時間を昼休み時間として扱います。
    • 給与カレンダーで休日に設定されている日
      [通常勤務日]の[午前労働]と[午後労働]の間の時間を昼休み時間として扱います。
    遅刻・早退に
    昼休みが含まれた場合
    遅刻または早退に昼休みが含まれた場合は、遅刻や早退時間に昼休みを加算するか、しないかを選択します。

メールでのお問い合わせ

お問い合わせ

操作や製品購入、バージョンアップ、各種サポート・サービス等のご質問について、
メールでお問い合わせください。

弥生会計

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー ネットワーク AE

弥生販売

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー プロフェッショナル5ユーザー ネットワーク

弥生会計

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー ネットワーク AE

弥生販売

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー プロフェッショナル5ユーザー ネットワーク