費用の繰り延べ 弥生会計 サポート情報

ID:ida25630
費用の繰り延べとは、翌期の費用を当期に支払った場合、翌期の費用を当期の費用から取り除く作業です。

決算における処理

翌期の費用を先に支払ったなどのように、当期の費用に翌期の費用が含まれている場合には、勘定科目として「前払費用」を使用し、当期分から前払分(翌期分)の費用を取り除きます。

例えば、1/1から12/31を会計期間とする会社が11/1に1年分の保険料24,000円を現金で支払った場合、当期に該当する部分は11月分と12月分の2か月分です。残りの10か月分は翌期に対応する費用であるため、当期では支払金額の全額を当期分の費用とはせず、当期分と翌期分の保険料を算出して、翌期分の保険料を「前払費用」に振り替える作業をします。

<例>



●『弥生会計(やよいの青色申告)』での決算整理仕訳の入力

決算整理仕訳は、[振替伝票]から入力します。

<仕訳例>
11月1日に支払った保険料の全額を費用計上していたが、決算時に翌期分の保険料(前払分)20,000円を前払費用として計上した。
借方 貸方 摘要
前払費用  20,000 保険料  20,000 保険料の前払分
 <振替伝票での入力例>

帳簿の入力

翌期の期首における処理

翌期になったときには、「前払費用」に振り替えた費用を、決算で行った仕訳とは逆の仕訳を行って、再度、元の費用に振り戻す作業を行う必要があります。

●『弥生会計(やよいの青色申告)』での仕訳の入力

仕訳は、[振替伝票]から入力します。

<仕訳例>
期首において、前払費用(保険料の前払分20,000円)を振り戻した。
借方 貸方 摘要
保険料  20,000 前払費用  20,000 前払分の期首振替
 <振替伝票での入力例>

帳簿の入力

メールでのお問い合わせ

操作や製品購入、バージョンアップ、各種サポート・サービス等のご質問について、
メールでお問い合わせください。

お問い合わせ

お客さまの疑問は解決しましたか?

<サポートページの改善に利用するため、ご意見・ご要望をお聞かせください>




ご意見・ご要望は、サポートページの改善に利用させていただきます。
個人情報(氏名、住所、電話番号、メールアドレスなど)は入力しないでください。
入力いただいた内容について個別の返信はできかねますのでご了承ください。

弥生会計

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー ネットワーク AE

弥生販売

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー プロフェッショナル5ユーザー ネットワーク

弥生会計

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー ネットワーク AE

弥生販売

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー プロフェッショナル5ユーザー ネットワーク