経過勘定項目の計上 弥生会計 サポート情報

ID:ida25628
経過勘定項目の計上とは、会計期間内の収益・費用を、決算書に正しく計上するための修正作業の1つです。決算では、当期に発生した費用・収益は、当期に正しく計上するのが原則です。

具体的には、翌期以降に提供されるサービスの対価を前払いしたり、当期において既に利用しているサービスの対価をまだ支払っていないケースのように、会計期間をまたがった役務提供が存在する場合には、当期の役務提供に該当する部分を特定する必要があります。そのため、決算では経過勘定項目を計上して、当期分のみの費用や収益を調整します。

経過勘定項目には、次の4項目があります。

経過勘定項目 内容 勘定科目
費用の繰り延べ 翌期の費用を当期に支払った場合、翌期の費用を当期の費用から取り除く作業です。 前払費用
費用の見越し 当期の費用だが翌期に支払う場合、未払分を当期の費用として計上する作業です。 未払費用
収益の繰り延べ 翌期の収益を当期に受け取った場合、翌期分の収益を当期の収益から取り除く作業です。 前受収益
収益の見越し 当期の収益だが翌期に受け取る場合、受け取る分を当期の収益として計上する作業です。 未収収益

<決算における経過勘定項目の処理>



以下のリンクで「費用の繰り延べ」と「費用の見越し」について説明します。
「収益の繰り延べ」と「収益の見越し」も同様です。
費用の繰り延べ 費用の見越し

<業務情報>
事業用資産の損害保険料(火災保険料など)を一括で支払った仕訳 水道代や電気代などの経費はいつの時点で処理すればよいですか? 決算時に未払金として計上する仕訳は?

<関連リンク(スモビバ!)>
「未収入金」ってなに?間違いやすい未収金と未収収益の違いは?
未払金とは?未払費用とどう違う?

メールでのお問い合わせ

お問い合わせ

操作や製品購入、バージョンアップ、各種サポート・サービス等のご質問について、
メールでお問い合わせください。

弥生会計

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー ネットワーク AE

弥生販売

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー プロフェッショナル5ユーザー ネットワーク

弥生会計

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー ネットワーク AE

弥生販売

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー プロフェッショナル5ユーザー ネットワーク