日常の取引を入力する 弥生会計 サポート情報

ID:ida25646
決算書を作成して税務申告を行うにあたっては、発生したすべての取引を記録する必要があります。この取引を記録するための方法を「仕訳(しわけ)」と呼びます。仕訳は、簿記の規則に従って勘定科目に分けて帳簿や伝票に記録されます。『弥生会計(やよいの青色申告)』では帳簿や伝票に取引を入力するだけで、その後の転記や集計作業をすることなく決算書を作成できます。

<日常取引の流れ>


期末までの日常の取引を『弥生会計(やよいの青色申告)』に入力

会計期間が1月1日~12月31日の場合は、12月31日までの取引を『弥生会計(やよいの青色申告)』に入力します。
取引ごとに必要な仕訳や入力方法、取引事例などについては、以下のリンクを参照してください。

起業のための費用(開業費)を計上するとき 現金の出し入れがあったとき 預金の出し入れがあったとき 商品を現金で売ったとき 掛けで商品を売ったとき 掛けで商品を買ったとき 給与を支払ったとき 経費を立て替えて支払ったとき 個人の生活費を支払ったとき(個人事業者のみ) クレジットカードで支払ったとき 固定資産を取得したとき 報酬から源泉徴収された所得税の処理方法

記帳漏れや入力ミスのチェック

例えば、
●現金出納帳の残高と手元の現金有高を照合する
●銀行に残高証明書を発行してもらい、預金出納帳の残高と照合する
●得意先・仕入先からの請求額、入金額を総勘定元帳や売掛帳、買掛帳などと照合して残高を確認する
●決算期近くに発生した取引で、当期および支払額に計上すべきものがないか、納品書・請求書などを見て確認する
など、記帳漏れがないか、入力した仕訳に誤りがないかを確認します。

残高については、残高試算表からも確認することができます。
残高試算表の作成

<業務情報>
仕訳相談でよくある質問 仕入と経費の違いが分かりません

<関連リンク(スモビバ!)>
個人事業主・フリーランス必見!経費にできるものをまとめました

メールでのお問い合わせ

お問い合わせ

操作や製品購入、バージョンアップ、各種サポート・サービス等のご質問について、
メールでお問い合わせください。

弥生会計

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー ネットワーク AE

弥生販売

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー プロフェッショナル5ユーザー ネットワーク

弥生会計

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー ネットワーク AE

弥生販売

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー プロフェッショナル5ユーザー ネットワーク