クレジットカードで支払ったとき 弥生会計 サポート情報

ID:ida25642
クレジットカードで商品を購入したり経費を支払ったりした場合には、カード会社が毎月の締め日までの利用分を集計した上で、後日(約1~2か月後)その利用額をカード利用者の預金口座から引き落とします。

例えば、締め日と支払日が15日締め10日払いのカードを使用して11月1日に買い物をした場合には、利用額は12月10日に預金口座から引き落とされます。

このようにカード取引の代金決済は、後日に行われるため「未払金」科目を使用して取引の仕訳を入力します。

<クレジットカードの支払いの流れ>


弥生会計(やよいの青色申告)での仕訳入力

以下の取引例をもとに[仕訳日記帳]画面からの入力方法を説明します。また[振替伝票]画面からの入力も可能で、同様の手順で行います。
日付内容
11月15日消耗品60,000円をクレジットカードで購入した
11月30日雑貨10,000円をクレジットカードで購入した
12月05日プライベート(個人用)の雑貨30,000円をクレジットカードで購入した
12月20日旅費交通費20,000円をクレジットカードで購入した
12月27日口座から11月6日~12月5日使用分の100,000円が引き落とされた
01月27日口座から12月6日~1月5日使用分の20,000円が引き落とされた
取引の詳細は クレジットカードの利用時と引き落とし時の仕訳(処理)方法 を参照してください。
  • [帳簿・伝票]メニューの[仕訳日記帳]をクリック、またはクイックナビゲータの[取引]カテゴリの[仕訳日記帳]をクリックします。[仕訳日記帳]画面が表示されます。
  • 購入時の取引を入力します。00025642_002A
  • 引き落とし時(11月6日~12月5日利用分)の取引を入力します。00025642_003A
  • 引き落とし時(12月6日~1月5日利用分)の取引を入力します。ここでは、次年度に繰越処理を行って、1月の取引を入力しています。
    00025642_004

仕訳の自動取り込み

クレジットカードの利用明細や預金通帳の仕訳は、「スマート取引取込」を使用すると自動で取り込むことができます。
スマート取引取込から取引を登録する

デビットカードでの支払いについて

デビットカードは、銀行口座のキャッシュカードや専用カードを代金の支払い時に提示すると、銀行の口座から即時に代金が引き落とされる決済手段です。会計上の処理は、代金の支払い時に取引の仕訳を入力します。仕訳を入力する際は、銀行口座から直接引き落としなので、預金出納帳と重複しないよう注意が必要です。



<業務情報>
個人事業主ですが、クレジットカードは個人用と事業用を使い分ける必要がありますか?また、どのように管理するのがよいですか? 経費をプライベート(個人用)のクレジットカードで支払ったときの仕訳は?

メールでのお問い合わせ

操作や製品購入、バージョンアップ、各種サポート・サービス等のご質問について、
メールでお問い合わせください。

お問い合わせ

お客さまの疑問は解決しましたか?

<サポートページの改善に利用するため、ご意見・ご要望をお聞かせください>




ご意見・ご要望は、サポートページの改善に利用させていただきます。
個人情報(氏名、住所、電話番号、メールアドレスなど)は入力しないでください。
入力いただいた内容について個別の返信はできかねますのでご了承ください。

弥生会計

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー ネットワーク AE

弥生販売

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー プロフェッショナル5ユーザー ネットワーク

弥生会計

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー ネットワーク AE

弥生販売

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー プロフェッショナル5ユーザー ネットワーク