掛けで商品を売ったとき 弥生会計 サポート情報

ID:ida25658
商品を納品したが、まだ代金を回収していない場合は、掛売上に該当します。掛けで商品を販売した場合の未回収代金のことを「売掛金(うりかけきん)」と呼びます。「売掛金」の回収は、一般的に月に1回などの一定の期間ごとに行い、得意先ごとにまとめて回収する取引です。

<掛売上取引の流れと証憑>


売上計上のタイミング

いつ売上を計上するかについては、いくつかの基準が定められています。売上計上基準は、自社の業種や業態に応じて合理的なものを採用しましょう。また、一度選択した基準は、原則として継続しなければいけません。

<代表的な売上計上基準>

出荷基準 会社が商品を出荷したことをもって、売上を計上します。一般的に、卸売業などでよく採用されている基準です。出荷記録となるもの(出荷伝票や納品書控えなど)が、売上の証憑として必要です。
引渡基準 相手方に商品が引き渡されたことをもって、売上を計上します。一般的に、小売業などでよく採用されます。「物品受領書」が売上の証憑として必要です。
検収基準 納品した商品の品質、規格などを相手方が検収したことをもって、売上を計上します。システム開発や精密機器などの製造業でよく採用されます。「検収書」が売上の証憑として必要です。

『弥生会計(やよいの青色申告)』での仕訳入力

得意先の掛売上は、以下の2つの仕訳を登録します。
1.商品を販売したときの「売上の取引」
 (計上するタイミングは、「出荷基準」「引渡基準」「検収基準」など)
2.掛代金の支払いを受けたときの「入金(回収)の取引」

仕訳の入力方法は、以下のリンクを参照してください。
得意先への掛け売り上げを[かんたん取引入力]で入力する方法

<業務情報>
売掛金に関する仕訳 クレジットカードの売上があるときの処理方法 売上は、代金の入金時に売上で処理してはいけませんか? 売掛金から手数料が差し引かれて入金されたときの仕訳は?

メールでのお問い合わせ

お問い合わせ

操作や製品購入、バージョンアップ、各種サポート・サービス等のご質問について、
メールでお問い合わせください。

弥生会計

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー ネットワーク AE

弥生販売

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー プロフェッショナル5ユーザー ネットワーク

弥生会計

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー ネットワーク AE

弥生販売

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー プロフェッショナル5ユーザー ネットワーク