給与を支払ったとき 弥生会計 サポート情報

ID:ida25660
従業員に支払う給与は、給与賃金の合計額から「預り金」として税金や社会保険料などを差し引いた金額を支給します。「預り金」は、事業主が従業員に代わって税務署や年金事務所に支払う必要があります。

<給与の支払いの流れ>
給与の支払いにおいて事業主側では、「①給与計算」「②給与支給」「③納税・納付」の3つの業務が発生します。



『弥生会計(やよいの青色申告)』での仕訳入力

<給与の支払いの流れ>の「②給与支給」「③納税・納付」を行ったときに取引の仕訳を入力します。

給与支給時の仕訳は、複合仕訳(借方または貸方が複数の勘定科目から構成される仕訳)となるため「振替伝票」を使用します。
※[かんたん取引入力]は複合仕訳に対応していません。


●「②給与支給」の仕訳例
5月31日従業員の給与1,520,000円を、源泉所得税250,000円、住民税100,000円、健康保険料80,000円、厚生年金保険料140,000円、雇用保険料8,000円を控除し、通勤定期代10,000円とともに普通預金から振り込んだ。なお、振込手数料は1,650円だった。
借方 貸方 摘要
給与手当 1,520,000 普通預金 942,000 5月分 給与 5名分
預り金 250,000 5月分 源泉所得税 5名分
預り金 100,000 5月分 住民税 5名分
預り金 80,000 4月分 健康保険料 5名分
預り金 140,000 4月分 厚生年金保険料 5名分
立替金 8,000 5月分 雇用保険料 5名分
旅費交通費 10,000 普通預金 10,000 5月分 通勤定期代
支払手数料 1,650 普通預金 1,650 振込手数料
<振替伝票での入力例>

帳簿の入力

●「③納税・納付」の仕訳例(社会保険料の納付)
5月31日に会社負担分の社会保険料220,000円と従業員から預かった健康保険料80,000円、厚生年金保険料140,000円が普通預金から口座振替で引き落とされた。
借方 貸方 摘要
法定福利費 220,000 普通預金 440,000 4月分 社会保険料 5名分
預り金 80,000 4月分 健康保険料 5名分
預り金 140,000 4月分 厚生年金保険料 5名分
<預金出納帳での入力例>

帳簿の入力

●「③納税・納付」の仕訳例(所得税・住民税の納付)
6月10日に従業員から預かった、源泉所得税250,000円、住民税100,000円を現金で納付した。
借方 貸方 摘要
預り金 250,000 現金 350,000 5月分 源泉所得税 5名分
預り金 100,000 5月分 住民税 5名分
 <現金出納帳での入力例>

帳簿の入力

<業務情報>
従業員へ給与を支給したときの仕訳

メールでのお問い合わせ

お問い合わせ

操作や製品購入、バージョンアップ、各種サポート・サービス等のご質問について、
メールでお問い合わせください。

弥生会計

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー ネットワーク AE

弥生販売

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー プロフェッショナル5ユーザー ネットワーク

弥生会計

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー ネットワーク AE

弥生販売

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー プロフェッショナル5ユーザー ネットワーク