本年度に退職した従業員の源泉徴収票を作成する方法 弥生給与 サポート情報

ID:ida19769

本年度中に退職した従業員の源泉徴収票を作成する手順を説明します。


従業員の就業状況が「退職」に設定されているかの確認

  • クイックナビゲータの[導入]カテゴリから[従業員]をクリックします。
  • 「表示」から退職した従業員を選択して、[一般]タブをクリックします。
  • 「就業状況」が「退職」の設定になっていることを確認します。
  • 「退職年月日」に本年度の日付が入力されていることを確認します。

本年に支給された給与/賞与の金額を算出する

  • ステータスバーから、年末調整の処理年度を確認します。

    年末調整の処理年度が「本年度分」になっていることを確認します。

    <年末調整の処理年度が「前年度分」の場合>
    クイックナビゲータの[年末調整]カテゴリから[終了して新年度へ]で処理年度を更新します。
    詳細は、 年末調整処理年度の更新手順 を参照してください。
  • クイックナビゲータの[年末調整]カテゴリから[退職者の源泉徴収票]をクリックします。
  • 退職者の源泉徴収票ナビから[1.退職者の源泉徴収票を印刷しよう]の[進捗一覧]をクリックします。
  • [年調対象]の「○」を右クリックして、[年調対象外にする]をクリックします。

    [年調対象]の「○」を「×」に変更することができます。

    <[年調対象]が「○」の場合>

    年調年税額が表示され、年末調整が行われた状態となり、退職者の源泉徴収票として正しいものを作成することができません。

    <[年調対象]が「×」の場合>

    退職日までに支給された給与・賞与等の金額、徴収された社会保険料、源泉徴収税額が集計され、退職者の源泉徴収票を正しく作成することができます。

  • 退職者の源泉徴収票ナビの[年税額を算出する]をクリックします。
  • 「算出対象期間を選択してください」で対象の期間を選択して、[算出実行]をクリックします。

    既に一度年税額の算出を行っている場合は、名前の左横にあるチェックボックスにチェックを付けて、[算出実行]をクリックします。

  • 退職者の源泉徴収票ナビの[年調明細個人別]をクリックします。
  • 該当の従業員を選択します。 [年調明細個人別]の「年間支給額」に退職までの給与・賞与の金額が集計されていることを確認します。

源泉徴収票を印刷する

  • 退職者の源泉徴収票ナビから[1.退職者の源泉徴収票を印刷しよう]の[源泉徴収票/給与支払報告書]をクリックします。
  • [種別]の[▼]をクリックして、源泉徴収票の「種別」に印刷する項目を選択します。
  • 該当する種別がない場合は、全角5文字(半角10文字)以内で手入力することができます。

  • 必要に応じて、[摘要]に印刷したい文字列を入力してください。 [摘要]には、必要な情報が自動で表示されます。
    追記が必要な場合に、1行につき全角64文字(半角128文字)以内で手入力することができます。
  • 5人目以降の扶養親族(16歳未満の扶養親族)の、マイナンバーの表示(印字)について

    [源泉徴収票/給与支払報告書]画面の[摘要]欄に手入力すると、5人目以降の控除対象扶養親族(16歳未満の扶養親族)のマイナンバーが、帳票に表示(印字)されません。

    対象の帳票と項目は次のとおりです。

    源泉徴収票(税務署提出用):「備考」欄
    給与支払報告書(個人別明細書):「5人目以降の控除対象扶養親族の個人番号」「5人目以降の16歳未満の扶養親族の個人番号」欄

    この場合は、以下どちらかの方法で対応していただきますようお願いします。
    • [源泉徴収票/給与支払報告書]画面の[摘要]欄を「自動設定」の状態に戻して、印刷した源泉徴収票(または給与支払報告書)の「摘要」欄に、追加したい情報を手書きする。
    • [源泉徴収票/給与支払報告書]画面の[摘要]欄に追加したい情報を手入力して、印刷した源泉徴収票(または給与支払報告書)に、5人目以降の控除対象扶養親族(16歳未満の扶養親族)のマイナンバーを手書きする。
  • [源泉徴収票/給与支払報告書]画面の[印刷]をクリックします。
  • [印刷の設定]から用紙を選択します。
    • 専用紙(ドットプリンター)を使用する場合
    • ドットプリンターを使用して印刷ができるのは、『弥生給与』のみです。
      『やよいの給与計算』をご使用の場合は、ドットプリンターの印刷項目が表示されません。

    • 専用紙(ページプリンター)または普通紙を使用する場合

      [源泉徴収票]と[給与支払報告書]を同時に印刷することができないため、2回印刷をする必要があります。
      源泉徴収票の受給者交付用のみ印刷する場合は、[用紙を選択しましょう]で[給与所得の源泉徴収票]-[モノクロ(受給者員交付用のみ)]を選択してください。
      ※[モノクロ(受給者員交付用のみ)]が印刷できるのは、『弥生給与』のみです。

      • [源泉徴収票]の印刷(1回目)
        ①使用する用紙の[源泉徴収票]を選択します。
        ②手順6以降を進めて[源泉徴収票]を印刷してください。
        ③[源泉徴収票]の印刷を終えたら、[給与支払報告書]の印刷(2回目)を行います。

      • [給与支払報告書]の印刷(2回目)
        ①使用する用紙の[給与支払報告書]を選択します。
        ②手順6以降を進めて[給与支払報告書]を印刷してください。
    • 「プリンターを設定しましょう」の[▼]をクリックしてプリンターを選択します。 印刷位置を調整したい場合は「印字位置がずれている場合は調整しましょう」で設定します。
    • 印刷する従業員を選択します。 印刷を行う場合は[する]を、印刷を行わない場合は[しない]をクリックします。
    • 画面右側に表示されるプレビューを確認します。
      • 従業員と家族の個人番号を印字する場合は、[個人番号を印字]欄にチェックを付けます。
      • 従業員と家族の個人番号は、「給与所得の源泉徴収票」(税務署提出用)と「給与支払報告書(個人別明細書)」(市区町村提出用)にのみ印字されます。
        「給与所得の源泉徴収票」(受給者交付用)には印字されません。
    • [印刷する]をクリックして、印刷を実行します。

      専用紙(ページプリンター)または普通紙を使用している場合

      源泉徴収票と給与支払報告書を一括で印刷することはできません。
      手順5に記載しているとおり、源泉徴収票と給与支払報告書をそれぞれに印刷する必要があります。

    • 「寡婦」、「ひとり親」欄は印字されません。寡婦、ひとり親に該当する場合は手書きしてください。
    • 死亡退職した従業員の源泉徴収票は、死亡前に支払いが確定している給与の合計額を記載することとされています。必要に応じて、金額を修正して印刷してください。
      記載内容の詳細は、最寄りの税務署などに確認してください。
    • 本年度分の源泉徴収票に印刷される内容については、 年調対象外(退職者など)の源泉徴収票に印刷される内容の詳細 を参照してください。

メールでのお問い合わせ

お問い合わせ

操作や製品購入、バージョンアップ、各種サポート・サービス等のご質問について、
メールでお問い合わせください。

弥生会計

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー ネットワーク AE

弥生販売

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー プロフェッショナル5ユーザー ネットワーク

弥生会計

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー ネットワーク AE

弥生販売

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー プロフェッショナル5ユーザー ネットワーク