納品書や請求書(請求明細書)に印刷される銀行名や口座番号を変更したい 弥生販売 サポート情報

ID:ida24120

下記のような理由で、納品書や請求書の鑑欄や明細部に印刷される銀行名(振込先)や口座番号を変更する必要がある場合があります。

  • 取引をしている金融機関の合併や支店統廃合等があった
  • 取引をしている金融機関名が変更になった
  • 取引をしている金融機関を変更した

以下の、変更したい内容に応じた手順を参照してください。
※「支店名」や「口座番号」を変更したい場合は、以下の「銀行名」の箇所を読み替えて作業を行ってください。


※『弥生販売 スタンダード』には、出金伝票や支払明細書、銀行振込依頼書、ファームバンキングの機能はありません。

「20XX年XX月印刷分から変更する」のように変更の適用日を指定して、指定した日以降から変更した内容で印刷するような予約機能はありません。変更した内容で印刷を行いたいタイミングで、以下の変更を行ってください。


1.納品書や請求書(請求明細書)などの帳票に印刷される振込先銀行(銀行名)の変更手順


「販売11形式」と記載のある帳票を使用している場合の変更手順

「販売11形式」と記載のある帳票を使用している場合で、納品書や請求書などの帳票に印刷される銀行名を変更する場合は、[帳票自社名設定]で設定しているか、「販売11形式」の帳票レイアウタで編集しているかによって、変更の手順が異なります。

ここでは[請求明細書](合計請求書を含む)を例に銀行名の変更手順を説明します。
その他の帳票を変更する場合は、読み替えて作業を行ってください。
  • クイックナビゲータの[事業所データ]カテゴリから[帳票自社名の設定]をクリックします。
  • [請求明細書]タブをクリックします。 ※納品書・請求書の場合は、[売上伝票]タブをクリックします。
  • 銀行名等、変更したい内容が表示されている場合は、文字をクリックして直接変更します。 ※変更したい内容が表示されていない場合は、[キャンセル]をクリックして、手順5に進みます。
  • [OK]をクリックします。 ※手順3~手順4で変更が完了した場合は、手順5以下の作業は不要です。
    ※『弥生販売 スタンダード』をご使用の場合も、手順5以下の作業は不要です。
  • クイックナビゲータの[事業所データ]カテゴリから[帳票レイアウタ]をクリックします。 [弥生販売 帳票レイアウタ]画面が起動します。
  • [ユーザー作成]欄に「○」が付いている編集済みのオリジナル帳票([帳票形式]欄が[販売11形式]と表示されている書式)を選択して、[開く]をクリックします。
  • 選択した帳票の編集画面が表示されます。
  • 変更したい項目をダブルクリックします。
  • [テキスト]タブの[文字列]に入力されている内容を変更し、[OK]をクリックします。
  • [ファイル]メニューから[上書き保存]をクリックします。
  • 「販売11形式」の帳票レイアウタで編集した後には、印刷の速度を低下させないようにするため[形式変換]を行います。 印刷結果の出力が遅い

    複数台のコンピューターで『弥生販売』をご使用の場合は、他のコンピューターでも同じ帳票レイアウトデータの状態に更新する必要があります。

    • 各コンピューターで同じ帳票レイアウトデータを使用している
      帳票レイアウトデータを移行する方法
    • コンピューターごとに異なる帳票レイアウトデータを使用している
      手順5~11の手順を、コンピューターごとに行います。

    銀行(銀行名)や口座番号の変更が必要で、『弥生販売』で銀行振込処理を行っている場合は、 支払(振込依頼書やファームバンキングなど)で使用している銀行(銀行名)を変更したい を参照してください。

    銀行(銀行名)や口座番号の変更が必要で、『弥生販売』から『弥生会計』へ仕訳転送を行っている場合は、 銀行名が変更になったときの『弥生会計』への仕訳連動 を参照してください。


「販売11形式」と記載のない帳票を使用している場合の変更手順

『弥生販売 20』で合計請求書のレイアウト編集を行う場合

合計請求書のレイアウト編集を行う前に以下の制限事項と注意点を確認してください。

『弥生販売 20 Ver.23.1.1』で合計請求書のレイアウト編集を行うときの制限事項と注意点

  • クイックナビゲータの[事業所データ]カテゴリから[帳票レイアウタ]をクリックします。 [弥生販売 帳票レイアウタ]画面が起動します。
  • [ユーザー作成]欄に「○」が付いている編集済みのオリジナル帳票([帳票形式]欄が[販売11形式]と表示されていない書式)を選択して、[開く]をクリックします。
  • 新しいタブに選択した帳票の編集画面が表示されます。
  • 変更したい項目をダブルクリックします。
  • [レイアウトプロパティ]画面の[データ]パネルの[データ]に入力されている文言を変更します。
  • [レイアウトプロパティ]画面の[閉じる]をクリックします。
  • [変更を保存する]をクリックして、[上書き保存]をクリックします。

銀行(銀行名)や口座番号の変更が必要で、『弥生販売』で銀行振込処理を行っている場合は、 支払(振込依頼書やファームバンキングなど)で使用している銀行(銀行名)を変更したい を参照してください。

銀行(銀行名)や口座番号の変更が必要で、『弥生販売』から『弥生会計』へ仕訳転送を行っている場合は、 銀行名が変更になったときの『弥生会計』への仕訳連動 を参照してください。


2.請求明細書(支払明細書)の明細部に印刷される銀行名の変更手順

請求明細書(支払明細書)の明細部には、入金伝票(出金伝票)の[入金区分]([支払区分])が印刷されますので、以下の手順で変更してください。
  • クイックナビゲータの[導入]カテゴリの[入金区分]をクリックします。 ※支払明細書の場合は、[支払区分]をクリックします。
  • [入金分類]で[振込]を選択して、「内訳名」の銀行名を変更します。 ※支払明細書の場合は、[支払分類]をクリックします。
  • カーソルを他の項目へ移動させると、入力した情報が登録されます。
  • [閉じる]をクリックします。

[入金区分]や[支払区分]を変更すると、得意先台帳(得意先リスト)や仕入先台帳(仕入先リスト)の[支払方法]の銀行名も変更後の銀行名に変更されます。
ただし、入力済みの入金伝票や出金伝票には、反映されません。

銀行(銀行名)や口座番号の変更が必要で、『弥生販売』で銀行振込処理を行っている場合は、 支払(振込依頼書やファームバンキングなど)で使用している銀行(銀行名)を変更したい を参照してください。

銀行(銀行名)や口座番号の変更が必要で、『弥生販売』から『弥生会計』へ仕訳転送を行っている場合は、 銀行名が変更になったときの『弥生会計』への仕訳連動 を参照してください。

メールでのお問い合わせ

操作や製品購入、バージョンアップ、各種サポート・サービス等のご質問について、
メールでお問い合わせください。

お問い合わせ

お客さまの疑問は解決しましたか?

<サポートページの改善に利用するため、ご意見・ご要望をお聞かせください>




ご意見・ご要望は、サポートページの改善に利用させていただきます。
個人情報(氏名、住所、電話番号、メールアドレスなど)は入力しないでください。
入力いただいた内容について個別の返信はできかねますのでご了承ください。

弥生会計

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー ネットワーク AE

弥生販売

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー プロフェッショナル5ユーザー ネットワーク

弥生会計

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー ネットワーク AE

弥生販売

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー プロフェッショナル5ユーザー ネットワーク