CSVファイル取込 弥生会計 オンライン サポート情報

ID:idb85538

[CSVファイル取込]画面では、金融機関からダウンロードした取引明細や帳簿などのCSV形式のファイルを使って、取引を取り込むことができます。

  • スマート取引取込を起動して[CSVファイル取込]をクリックします。[CSVファイル取込]画面が表示されます。
    「スマート取引取込」の起動
  • ファイル指定エリアに、取り込むファイルを指定します。
    以下のいずれかの方法で、取り込むファイルを指定できます。
    • ファイル指定エリアの中をクリックし、ダイアログで取り込むファイルを開きます。
    • ファイル指定エリアに取り込むファイルをドラッグします。
  • 取り込むファイルを指定すると、[取り込む内容を設定してください]が表示されます。

    登録済みのフォーマットのCSVファイルを指定した場合は、[1.取引手段を設定してください]の画面が表示されます。次の手順に進みます。

    <未設定のフォーマットのCSVファイルを指定した場合>
    [1.日付・金額・摘要・軽減税率の位置を選択してください]の画面が表示されます。

    未設定のフォーマットで取り込めるCSVファイルの形式 一度設定したフォーマットは、次回以降は自動で取り込み可能です。
    • ▼をクリックし、表示されるプルダウンメニューから、該当するものを選択します。
      項目 説明
      日付※ 日付(年月日) 取引日の年月日が同じ列に表示されている場合に選択します。
      この項目を選択した場合、他の日付の項目は選択しません。
      日付(年) 取引日の年のみが表示されている列で選択します。
      日付(月) 取引日の月のみが表示されている列で選択します。
      日付(日) 取引日の日付のみが表示されている列で選択します。
      金額※ 金額(入出金) 取引の入出金額が同じ列に表示されている場合に選択します。
      この項目を選択した場合、他の金額の項目は選択しません。
      金額(入金) 取引の入金額のみが表示されている列で選択します。
      金額(出金) 取引の出金額のみが表示されている列で選択します。
      摘要 取引の摘要が表示されている列で選択します。
      軽減税率 軽減税率の対象である旨が表示されている列で選択します。
      (選択を解除する) 一度選択した項目を解除します。
      ※日付・金額は、いずれかの項目を選択する必要があります。
      画面上の[日付(年月日)][金額(入金/出金)]に赤字のメッセージが表示されている場合は、状況に応じて、選択した項目やCSVファイル内の取引データを確認してください。
      項目を選択すると「済み」と表示されます。
    • CSVファイルの取り込みを開始する取引の行数を入力します。
  • 取引手段として設定する[勘定科目]と[補助科目]を選択します。
  • プレビューを確認し、[取り込みを実行する]をクリックします。 取引の取り込みが開始され、[未確定の取引]画面が表示されます。
    未確定の取引

    意図した内容でプレビューが表示されていない場合

    画面下の「新規のフォーマットで取り込む場合はこちら」をクリックし、画面上で各項目の列を指定して取引を取り込みます。

「CSVファイル取込」の関連業務情報

「CSVファイル取込」のよくある質問(FAQ)

メールでのお問い合わせ

お問い合わせ

操作や製品購入、バージョンアップ、各種サポート・サービス等のご質問について、
メールでお問い合わせください。

弥生会計

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー ネットワーク AE

弥生販売

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー プロフェッショナル5ユーザー ネットワーク

弥生会計

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー ネットワーク AE

弥生販売

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー プロフェッショナル5ユーザー ネットワーク