手形の編集・削除 弥生会計 サポート情報

ID:ida18481

登録した手形の編集、削除、並べ替えについて説明します。
手形の顛末の変更は、 手形の顛末の更新・削除 を参照してください。

手形の仕訳を書き出している場合

手形を修正や削除しても、既に書き出されている仕訳には反映されません。仕訳日記帳で手形の仕訳([生成元]が「[受取]/[支払]」の仕訳)を検索し、修正や削除した手形の仕訳を削除して、再度仕訳の書き出しを行います。

仕訳の検索
仕訳の修正・削除

受取手形の編集

[受取手形一覧]ウィンドウに表示されている受取手形は、編集することができます。

  • [拡張機能]メニューの[手形管理]を選択し、[受取手形一覧]をクリックします。 [受取手形一覧]ウィンドウが表示されます。
  • 編集する手形を選択して、ツールバーの[編集]ボタン([F7])をクリックします。 [受取手形の編集]ダイアログが表示されます。
  • 受取手形の登録内容を編集します。
    項目 説明
    回収日 手形を受け取った年月日を入力します。当期以前の年月日も入力できます。
    手形期日 手形の期日を入力します。[回収日]以降の日付を入力します。
    受取先科目 受取先(得意先)の勘定科目を選択します。
    受取先補助 受取先(得意先)の補助科目を選択します。
    銀行科目/
    銀行補助
    [顛末]を、「取立」や「割引」「決済」に変更した際に、取引先の銀行を選択します。

    手形の顛末の更新・削除
    金額 手形金額を入力します。
    種類 手形の種類を、「約束手形」「為替手形」「先日付小切手」から選択します。
    手形番号 手形番号を半角10文字以内で入力します。
    支払場所 手形を発行した銀行支店名を全角20文字(半角40文字)以内で入力します。
    振出人 必要に応じて、全角20文字(半角40文字)以内で変更できます。
    備考 必要に応じて、振出人の個人名などを全角20文字(半角40文字)以内で入力します。
    部門 部門を登録している場合は、手形を割り当てる部門を選択できます。
    顛末の履歴 顛末の履歴が表示されます。履歴は更新/削除することができます。

    手形の顛末の更新・削除  
    ※グレードにより項目が異なることがあります。
  • 修正が終わったら、[OK]ボタンをクリックします。 登録内容が保存され、[受取手形の編集]ダイアログが閉じます。


支払手形の編集

[支払手形一覧]ウィンドウに表示されている支払手形は、編集することができます。

  • [拡張機能]メニューの[手形管理]を選択し、[支払手形一覧]をクリックします。 [支払手形一覧]ウィンドウが表示されます。
  • 編集する手形を選択して、ツールバーの[編集]ボタン([F7])をクリックします。 [支払手形の編集]ダイアログが表示されます。
  • 支払手形の登録内容を編集します。
    項目 説明
    振出日 手形を振り出した年月日を入力します。当期以前の年月日も入力できます。
    手形期日 手形の期日を入力します。[振出日]以降の日付を入力します。
    支払先科目 支払先(仕入先)の勘定科目を選択します。
    支払先補助 支払先(仕入先)の補助科目を選択します。
    銀行科目 手形を決済する銀行の勘定科目を入力します。
    銀行補助 手形を決済する銀行の補助科目を入力します。
    金額 手形金額を入力します。
    種類 手形の種類を、「約束手形」「為替手形」「先日付小切手」から選択します。
    手形番号 手形番号を半角10文字以内で入力します。
    備考 必要に応じて、振出人の個人名などを全角20文字(半角40文字)以内で入力します。
    部門 部門を登録している場合は、手形を割り当てる部門を選択できます。
    顛末の履歴  顛末の履歴が表示されます。履歴は更新/削除することができます。

    手形の顛末の更新・削除
    ※グレードにより項目が異なることがあります。
  • 編集が終わったら、[OK]ボタンをクリックします。 登録内容が保存され、[支払手形の編集]ダイアログが閉じます。


受取手形の削除

[受取手形一覧]ウィンドウに表示されている受取手形は、削除することができます。

  • 削除する受取手形を選択します。
  • ツールバーの[削除]ボタン([F9])をクリックします。 確認メッセージが表示されます。
  • [はい]ボタンをクリックします。 選択した行の手形が削除されます。


支払手形の削除

[支払手形一覧]ウィンドウに表示されている支払手形は、削除することができます。

  • 削除する支払手形を選択します。
  • ツールバーの[削除]ボタン([F9])をクリックします。 確認メッセージが表示されます。
  • [はい]ボタンをクリックします。 選択した行の手形が削除されます。


◆ 弥生会計はグレードにより機能が異なります。本文中の一部の機能は、グレードによっては搭載されていないことがあります。
詳細の確認は弥生会計はこちら 、やよいの青色申告はこちら

メールでのお問い合わせ

お問い合わせ

操作や製品購入、バージョンアップ、各種サポート・サービス等のご質問について、
メールでお問い合わせください。

弥生会計

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー ネットワーク AE

弥生販売

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー プロフェッショナル5ユーザー ネットワーク

弥生会計

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー ネットワーク AE

弥生販売

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー プロフェッショナル5ユーザー ネットワーク