請求書の発行(印刷) 弥生販売 サポート情報

ID:ida22796

請求締切を実行した請求先への請求書を一括して発行します。

弥生販売の導入後初回に発行する請求明細書の[前回請求額]に正しい金額が表示されない場合があります。その場合は、[請求締切一覧表]画面で金額を調整します。
請求締切一覧表の確認

請求書を発行する請求先を集計し、請求明細書を印刷します。合計請求書、宛名ラベル、領収証を発行することもできます。
得意先台帳で[請求書合算]を指定している場合は、複数の得意先の請求書を1つにまとめて印刷することができます。
得意先台帳の概要

請求明細書を個別に発行する場合

個別に請求明細書を発行する場合は、請求明細書を使用します。
請求明細書は、クイックナビゲータの[売上]カテゴリの[請求明細書の確認]をクリックして作成します。

請求明細書の発行

  • クイックナビゲータの[売上]カテゴリの[請求書の発行]をクリックします。 [請求書発行]画面が表示されます。
  • [集計単位]で請求書を集計する単位を選択します。

    [請求先毎]を選択すると、得意先台帳の[請求先]に指定された得意先ごとに請求書を発行します。
    [請求書合算毎]を選択すると、得意先台帳の[請求書合算]に指定された得意先ごとに請求書を発行します。複数の得意先の請求書を1つにまとめて印刷するときに選択します。
    [請求書合算毎]を指定する場合は、あらかじめ得意先台帳の[請求書合算]を設定しておく必要があります。

    詳細は、 得意先台帳の概要 の「入力項目の一覧」の「請求先」を参照してください。

  • 請求書を発行する請求先の請求締グループを入力します。

    [参照]([F8]・[スペース])をクリックして表示される[請求締グループ参照]画面から請求締グループを選択することもできます。すべての請求先への請求書を発行する場合は、入力する必要はありません。

    請求締グループの概要
  • 締日を入力します。

    [締グループ]を指定した場合は、前回の請求締切日が表示されます。[締グループ]を入力しなかった場合は、すべての締グループの中から最後に請求締切を実行した日付が表示されます。
    [参照]([F8]・[スペース])をクリックして表示される[締切履歴]画面で、過去の請求締切の履歴を確認することができます。

  • 請求書を発行する請求先の範囲を指定します。 [参照]([F8]・[スペース])をクリックして表示される[請求先参照]画面から請求先を選択することもできます。
  • 必要に応じて印刷に使用する用紙を設定します。 [請求書指定]で用紙を選択すると、得意先台帳の[印刷設定]画面で指定した請求書別に集計されます。
  • [集計]をクリックします。 請求書の発行対象となる請求先が集計されます。

    印刷設定で[指定請求書]に「発行なし」を指定している請求先

    得意先台帳の[印刷設定]をクリックすると表示される[印刷設定]画面で、[指定請求書]に「発行なし」を指定している請求先は、請求書発行の対象外となり、検索結果に表示されません。

    印刷用紙の個別設定

  • 請求書発行の対象とする請求先を選択します。 すべての請求先を対象とする場合は、選択する必要はありません。

    <一部の請求先を請求書発行の対象とする場合>

    行セレクターを使用して請求書発行の対象とする請求先を選択します。

    <一部の請求先を請求書発行の対象外とする場合>

    行セレクターを使用して請求書発行の対象外とする請求先を選択します。
    [行削除]をクリックして、表示される確認メッセージの[はい]をクリックすると、選択した請求先が一覧から削除されます。行削除を実行しても請求先の請求情報は削除されません。
    請求先を誤って削除した場合は、[集計]をクリックすると、再度集計されます。
  • [印刷]をクリックします。 [印刷]画面が表示されます。
  • [出力帳票]で印刷する帳票を選択します。 合計請求書、宛名ラベル、領収証を印刷するときは[出力帳票]で選択します。
  • [書式]を選択します。
  • プリンターや部数、出力条件を設定します。
  • 必要に応じて書式の設定をします。

    [書式の設定]をクリックして表示される[書式の設定]画面で設定します。設定内容は、[出力帳票]と[書式]で選択した帳票により異なります。

    印刷書式の設定(請求明細書) 区分記載請求書等保存方式で売上伝票(納品書)、請求書(請求明細書)を発行する方法
    設定が完了したら、[OK]をクリックして[印刷]画面に戻ります。
  • [印刷プレビュー]をクリックすると、印刷イメージを確認できます。
  • [印刷実行]をクリックします。 請求明細書が印刷されます。

[請求書合算毎]で集計した場合

[集計単位]で[請求書合算毎]を選択して集計した場合、画面の[請求書番号]の項目は常に空白で表示されます。
また、印刷を行っても合算した請求書の請求書番号は印字されません。
合算した個々の請求書の伝票番号を確認するには、請求先を選択して[ズーム]をクリックします。[請求明細書]画面が表示され、合算された請求書の明細を確認できます。

[請求書合算毎]で発行した請求金額を確認する場合

[請求書合算毎]で請求書を発行した場合、請求額を請求締切一覧表で確認することはできません。請求締切一覧表では[請求先毎]の金額のみ確認できます。
[請求書合算毎]で請求書を発行した場合は、請求書発行画面から請求書の合算金額を印刷してください。

  • クイックナビゲータの[売上]カテゴリの[請求書の発行]をクリックします。
  • [集計単位]で[請求書合算毎]を選択します。
  • 請求書を発行した[請求書合算毎]の請求締グループと締日を入力し、[集計]をクリックします。
    請求書を発行した請求先が表示されます。
  • [印刷]をクリックし、[出力帳票]で[合計請求書]を選択します。
  • [書式]で[A4(横)請求一覧]選択し、[印刷実行]をクリックします。

売掛金を一括管理する場合

例えば各営業所で売上伝票を発行し、請求書は本社に送付して、売掛金管理をその本社で一括管理する場合は、得意先台帳の[請求先]に一括管理する本社の得意先コードを指定します。このとき本社をあらかじめ得意先台帳に登録しておく必要があります。
請求書を発行するときは、[集計単位]を[請求先毎]を選択します。
得意先台帳の[請求先]を指定した場合は、売掛金管理は請求先である本社で一括管理されます。

得意先台帳の概要

請求明細書へのズーム

請求先を選択して、[ズーム]をクリックすると、選択した請求先の請求明細書が表示されます。

請求先を変更した場合

得意先台帳の[請求先]を変更しているときでも、既に締め切った伝票の請求先は変更されません。締め切った伝票の売掛金は、変更前の請求先で管理されます。
請求明細書の発行では、変更前の請求先の明細が表示されます。

メールでのお問い合わせ

操作や製品購入、バージョンアップ、各種サポート・サービス等のご質問について、
メールでお問い合わせください。

お問い合わせ

お客さまの疑問は解決しましたか?

<サポートページの改善に利用するため、ご意見・ご要望をお聞かせください>




ご意見・ご要望は、サポートページの改善に利用させていただきます。
個人情報(氏名、住所、電話番号、メールアドレスなど)は入力しないでください。
入力いただいた内容について個別の返信はできかねますのでご了承ください。

弥生会計

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー ネットワーク AE

弥生販売

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー プロフェッショナル5ユーザー ネットワーク

弥生会計

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー ネットワーク AE

弥生販売

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー プロフェッショナル5ユーザー ネットワーク