入金伝票の作成 弥生販売 サポート情報

ID:ida22808

入金区分の登録

入金伝票を作成する前に、入金の区分を入金区分に登録しておく必要があります。

入金区分の概要
  • クイックナビゲータの[売上]カテゴリの[請求先からの入金]をクリックします。 [入金伝票]ウィンドウが表示されます。
  • 表題部に伝票番号や請求先などを入力します。 [請求先]を入力すると、得意先台帳に登録した情報が表示されます。表示された情報は、必要に応じて変更することができます。[請求先]で[参照]([F8]・[スペース])ボタンをクリックして表示される[請求先参照]ダイアログから、請求先を選択することもできます。[請求先参照]ダイアログの[すべての得意先を表示する]にチェックを付けると、得意先台帳に登録されているすべての得意先を参照でき、入金先として得意先を指定することもできます。
  • 明細部に入金区分や金額などを入力します。 明細は、100行まで入力することができます。
  • [登録]([F12])ボタンをクリックします。 入力した情報が登録されます。[機能設定]ダイアログの[登録と同時に印刷する]にチェックが付いている場合は、領収証が自動で印刷されます。

入金の消し込み

入金伝票の登録時に、どの売上や請求に対して入金が行われたか、チェックを行うことができます。

入金の消し込み

登録と同時での入金伝票の印刷

入金伝票の機能設定で[登録と同時に印刷する]にチェックを付けている場合は、入金伝票の登録を行うと自動的に領収証の印刷が行われます。

機能設定

売掛金を買掛金で相殺する場合

得意先が仕入先でもあり、売掛金を買掛金で相殺する場合は、入金区分の入金分類「その他」に「相殺」という区分を登録します。
同様に支払区分の支払分類「その他」にも「相殺」という区分を登録します。
入金伝票の作成時には、[入金区分]に「相殺」を指定して、相殺金額を入力します。
出金伝票にも同様に「相殺」を指定して、相殺金額を入力します。

出金伝票の作成

請求先を変更した場合

得意先台帳の[請求先]を変更しているときでも、既に作成した伝票の請求先は変更されません。作成済みの伝票の売掛金は、変更前の請求先で管理されます。

メールでのお問い合わせ

お問い合わせ

操作や製品購入、バージョンアップ、各種サポート・サービス等のご質問について、
メールでお問い合わせください。

弥生会計

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー ネットワーク AE

弥生販売

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー プロフェッショナル5ユーザー ネットワーク

弥生会計

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー ネットワーク AE

弥生販売

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー プロフェッショナル5ユーザー ネットワーク